「結婚しよう」とプロポーズをする男性にとって、結婚は大きな決断ですよね。しかしそれは女性にとっても同じことです。仕事のことや家族のことなどを考えた上でなければ、嫁ぐ決心はなかなかできないものなのです。ではそんな女性に対し、どうすれば結婚を決意させられるのでしょうか?また結婚に踏み切れない男性はどうすれば良いのかもあわせて紹介していきます。

結婚を決意できない理由にはどんなものがある?

結婚をして幸せな家庭を築いていきたいと思っている人もたくさんいますが、実際に結婚というのは楽しいことばかりではありません。大好きなパートナーだけではなく、その家族とも円満な関係を築いていく努力をしなければなりませんし、子どもが生まれたとなると育児もしていかなければなりません。

つまり結婚をしたら終わりではなく、その後も関係を維持していくために様々なことを乗り越えていかなければならないのです。

これから訪れるであろう困難に一緒に立ち向かっていける相手かどうかをしっかり見極めなければ、例え愛し合って結婚をした仲でも、長続きをさせられない可能性があります。こういった現実問題を考えると「本当に結婚を決めても大丈夫なのだろうか?」という不安も出てくるようになり、なかなか決意ができなくなってしまうのです。

どうすれば決意させられるの?

片方が結婚の覚悟をかためても、もう片方が決意してくれなければ、先へは進めませんよね?だからこそ説得をし、結婚に踏み切ってもらうしかありません。男女で結婚をためらう理由は違うので、まずはそれぞれの違いについて理解していきましょう。そして理由を明確にし、解決させていくことができれば、結婚への決意がかためられるようになります。

女性に結婚を決意させるためには

男性は結婚をする気になっているけれど、女性がまだ決意できていないというパターンです。特に心配性で優柔不断だという女性の場合、慎重になりすぎてなかなか先に進めないという人もいます。そんな彼女に結婚を決意させるというのはそう簡単なことではありません。話を進めるためにはどうしたら良いのか、彼女の気持ちを理解しながら考えてあげることが大切です。

彼女に「結婚したい」と思わせよう

まずはなぜ結婚をためらっているのか、その不安要素を聞き出してあげましょう。愛し合っている仲で、結婚に対して何の心配もないのであれば、プロポーズに対して手放しで喜んでくれるはずです。しかしそれをためらってしまうということは、何か不安に感じていることがある証拠です。

それを取り除いて安心させてあげなければ、女性は先へは進めません。どんなことを心配しているのかを聞き、それらを解決させてからであれば、彼女も結婚を決意できるようになります。

結婚のメリットを感じさせる

次に結婚のメリットを感じさせるということです。もし不安なことがあったとしても、それにも勝るメリットがあれば「なんとかなるだろう」と結婚に踏み切ってくれる可能性があります。男性は結婚をしたい気持ちを一方的に伝えるのではなく、結婚をしたらどんな良いことが待っているのかを具体的に教えてあげるのです。

例えば1人暮らしよりも2人暮らしの方が家賃の負担が減るという経済的なメリットや、毎日一緒にいられるという喜び、そしていつかは子どもを授かって、いろんなところに遊びに行きたいという夢など、とにかく前向きになれるような内容を考えましょう。そうすれば彼女も結婚をしたいという欲求が強まり、心配なことが解消していなくても決意できる可能性があります。

男性が男らしさをアピールする

最後に男性が男らしさをアピールするということです。結婚をして嫁ぐとなると、彼の家族と仲良くやっていけるかどうか、仕事を続けられるかどうかなど、いろんな不安が彼女を襲う場合もあります。そんな中で一歩も動けなくなってしまっている彼女をリードしてあげるのも男性の役目です。男らしく彼女を引っ張ってあげることで「この人となら乗り越えられる」と前向きにとらえてくれるようになります。

結婚のきっかけを与えてあげよう

結婚をしたい気持ちはあるけれど、きっかけがなくて前に進めないと思っている女性もいます。そんな人のために、男性が結婚のきっかけを与えてあげましょう。

家族や友人に協力をしてもらうということ

例えば家族や友人に協力をしてもらうということです。彼からのプロポーズをすんなり受けてしまっても良いのか悩んでいる女性の中には、周りからの後押しを待っている場合があります。家族が「素敵な人だと思うよ」と言ってくれれば、安心して結婚に踏み切れることも珍しくはありません。

その他にも新婚限定で安く入居できる賃貸があるという話をしてみたり、その時期限定で結婚式の割引が受けられるなどの「今がチャンス」と思えるきっかけを与えてあげれば、それに乗じて話が進められる可能性があります。

なかなか覚悟が決められない男性も多い

男らしくプロポーズをして、彼女を安心させてあげたいと思う男性もたくさんいます。しかし結婚となると責任が伴うので、簡単に決断できることではありませんよね。そのため待ちきれなくなった女性の方からプロポーズをする「逆プロポーズ」も多く、彼女にプロポーズをさせてしまったと後悔している男性も少なくありません。

家族を守っていけるのかということに不安

結婚をためらっている男性は、決して彼女のことが嫌いなわけではありません。ただ何かあったときに自分が責任をとれるのか、家族を守っていけるのかということに不安を感じているのです。この問題はどんなに考えても解決はしません。

なぜなら実際に何か問題が起こったわけではありませんし、家族を守らなければならないという窮地に立っていないからです。だからこそ男性は先の不安ばかりが残り、答えの出ない問題をずっと考えて先に進めなくなってしまうのです。

男性が結婚を決意するのはどんなとき?

真剣に付き合っている彼女がいるからこそ、結婚などの将来に対しても真剣に考えている男性はたくさんいます。そのため簡単には決断できず、時間がかかってしまうのですが、そんな男性たちでも意を決してプロポーズをしています。では結婚を決意できた男性たちは、どんなことがきっかけとなったのでしょうか?

身近な人が結婚をしたということ

まずは身近な人が結婚をしたということです。結婚をした人の幸せな表情や雰囲気から「自分もあんな風に幸せになりたい」という気持ちが強くなり、それがきっかけとなってプロポーズを決意するということも多いのです。

家族に背中を押されたということ

次に家族に背中を押されたということです。「早く孫の顔が見たい」という親の願望や「優しそうな彼女さんだね」という良い評価を聞くと、安心して結婚への気持ちがかたまるという人もいます。
最後に彼女が突然いなくなる可能性を考えたときです。

当たり前のように隣にいる彼女でも、突然事故にあって亡くなってしまったり、天災によって行方が分からなくなったりするということもあり得ない話ではありません。もう会えない存在になってから「結婚をしておけば良かった」と後悔しても遅いのです。そんな事実に気づいたとき、結婚への決意がかたまるという人もいます。

いつになったら決意できるのかを考えよう

結婚を決意できない男性の中には、もっと自由な時間が欲しい、家族を養えるだけの経済力が欲しいなど、様々な理由があります。しかしこれらを理由にして結婚を遠ざけていると「いつになれば結婚ができるの?」という疑問が出てきてしまいますよね?だからこそ明確な目標やタイムリミットを設けることが必要なのです。

例えば自由な時間が欲しいというのであれば、30歳になるまでは独身で自分の時間を大切にすると決めておきます。経済力が欲しいのであれば、年収400万円をこえられるようになったら結婚をすると決めます。このように具体的に決めておくことで、結婚に向けての準備ができますし、いつになったら決意してくれるのだろうと不安に思っている彼女も安心できるようになります。