結婚は、一番好きな人とはしない方が良いとよく言われます。理想の男性との交際中は、相手の良い面ばかりが見えてしまいがちです。しかし、結婚をして実際に生活を共にしていくのは、理想の男性とでは窮屈になる時もあるのです。理想的な男性よりも、一緒にいて楽に居られる男性を結婚相手として選ぶのが良い理由について説明していきます。

好きな人と結婚をしたら

結婚は、好きな人とはできないという女性の意見について詳しく説明していきます。

好きな人と楽な人、結婚するならどっち?

恋愛中は「彼氏にすっぴんの顔を見られたくない」という女性は少なくありません。恋愛をしている間は、彼氏のことが好きで、いつでも一番綺麗な自分を見せたいものです。しかし、いざ結婚となると1日中同じ家で暮らすことになります。

すっぴんの顔を見せないようにしようとなると、朝は彼氏が起きる前に起きてメイクをして、夜も彼氏が寝てしまってからメイクを落とさなければなりません。何も気兼ねなく一緒にいられる相手なら、このような気遣いもしなくて済みます。

結婚する相手と好きな人は別

ある程度の恋愛感情は必要ではありますが、結婚する相手を選ぶ時には、恋愛相手と結婚相手とは別だと考える人が多くいます。婚活をするには、どんな男性が好みかというよりも、どのような男性と結婚すれば、自分の理想とする人生に近づいていけるかを考えるのです。たとえ今、彼氏がいても婚活パーティーなどに行って、結婚相手を探す人もいます。

本当に好きな人とは結婚できない理由

本当に好きになった人と結婚できる人の割合は、意外に少ないものです。もちろん、好きな人と結婚できるのが幸せですが、一番好きな人となると、あらゆる問題が生じてきます。

憧れていた人と結婚するとなると、理想的な生活をイメージしますが、思い描いていた理想と現実が違っていると、それがストレスになり、喧嘩の原因になるのです。このような理由から、結婚相手は理想を追い求めるのではなく、価値観の合う男性を選んだ方がうまくいきます。

結婚した相手は好きな人じゃない

あまり好きではない人なら冷める心配もない

経済的な理由や年齢的な焦りから、好きではない相手と結婚したという女性もいます。他にも、好きではない人と結婚した理由として、自分自身が熱しやすく冷めやすい性格ということから、あまり好きではない人なら冷める心配もないという意見もあります。

嫉妬や束縛で喧嘩になる恐れ

また、愛情が強すぎるとお互いの浮気が許せないなど嫉妬や束縛で喧嘩になる恐れもあるので、ずっと穏やかな家庭で過ごしたいと考えると、夫婦でもある程度の距離が必要なのです。好きではない相手によくあるのが、お見合いの相手だから恋愛をする間もなく、早めに結婚を決めたというパターンです。

最初から、条件の合う相手として出会い、気が合えばそのまま結婚へと話が進んでいくのが自然な流れのため、あまり好きではないというのは結婚後もほとんど気になりません。

婚活中に好きな人ができた

結婚は好きな人とはできないとはいえ、好きな人ができたとしたら恋が成就するために行動した方が良いです。何も行動を取らずに諦めたのでは、後悔してしまいます。積極的に行動した上で、好きになった人は本当に自分にふさわしい相手なのかを確かめてみるのがおすすめです。この時、相手にアプローチする前に、まず自分を見つめ直すことから始めていきます。焦って猛烈なアプローチをしてしまうと、自分にとって不利な出会いになりかねません。

愛されるよりも自分に「惚れた弱み」

相手は、あなたに怖いイメージを持ってしまい離れていってしまうか、もし付き合えたとしても愛されるよりも自分に「惚れた弱み」ができます。どちらにしても傷つく可能性は高くなるので、お互いに付き合いたいという気持ちが持てるまで、ゆっくりとアプローチしていくのが無難です。

好きな人と恋愛をしたくても、恋愛感情からスタートするのではなく、お互いのことをよく知っていくことから始めます。好きな人でも、ただ憧れの理想的な人として見ているだけでは、何も進展はしません。人として普通に接することができるようになれば、憧れの人とでも、いずれはごく自然に一緒に居られるようになるのです。

好きな人がいない人にはマッチングアプリがおすすめ

結婚したい時に、今好きな人がいないと悩んでいる女性にはマッチングアプリがおすすめです。マッチングアプリには、何万人という男性が結婚相手を探しています。マッチングアプリで結婚相手を見つける方法を3つ紹介します。

ゲーム感覚でマッチングアプリを始めてみる

まず、1つ目はゲーム感覚でマッチングアプリを始めてみるという方法です。特に何も考えずに軽い気持ちで始めてみたら、片意地張ることがなく楽しんで利用できます。その結果、いろんな人とやりとりしているうちに、自然に気の合う人に出会えることもあります。

趣味を通じたマッチングアプリを探すこと

2つ目は、趣味を通じたマッチングアプリを探すことです。結婚する相手を探すなら、趣味が合う人がいいですね。

カメラが趣味という人なら「タップル誕生」

たとえば、カメラが趣味という人なら「タップル誕生」がおすすめです。インスタグラムがブームになってきて写真を撮るのが好きな人が増えています。しかし、カメラが趣味の人は日頃は1人で行動することが多いので、仲間ができる機会はあまりありません。

タップル誕生で、カメラ好きな人を探すと、共通の話題ができる人と出会えるキッカケになります。他にも、音楽鑑賞が好きなら「ペアーズ」、また映画鑑賞が好きなら「Yahoo!パートナー」がおすすめです。自分が興味あることに合わせた「趣味を通じて出会いやすいアプリ」は、出会いが欲しい人の強い味方になります。

結婚に特化したマッチングアプリに登録すること

3つ目は、結婚に特化したマッチングアプリに登録することです。特に、利用者の数が多く、サクラや業者がいないか厳しく取り締まっているようなアプリは安心です。

「マッチングドットコム」は世界最大級のマッチングアプリ

なかでも「マッチングドットコム」は世界最大級のマッチングアプリで、日本でも知名度が上がっていて会員数が187万人を超えています。

「ゼクシィ縁結び」

また「ゼクシィ縁結び」は、大手企業のリクルートグループが運営しています。セキュリティが万全で、会員になってから約6ヶ月以内に出会える人が80パーセントを超える高確率です。いずれのアプリも、誰にもバレずに、婚活がしやすいというのが魅力です。

好きな人がいると気持ちにも潤いができる

マッチングアプリを利用して、付き合うまでの期間は個人差がありますが、平均的には約3ヶ月以内にカップルが成立しています。好きな人に出会えたとしたら、毎日が楽しくなってきますし、お互いに大事な人と付き合うことができたら最高ですね。

好きな人がいるというだけでも気持ちに潤いが出てきますが、このような出会いは理想や憧れとして好きだった男性に対してとは、違う気持ちの芽生えなのです。お互いに結婚を意識して出会った関係なので、将来のことや家庭のことなどを話し合っているうちに、気兼ねなく付き合っていけるようになります。

過去の好きな人が忘れられない時には

良い縁があって結婚までたどり着いた人でも、結婚後ふと、昔好きだった人のことが忘れられないということもあります。寝ている間に夢に出てくることもあるのです。統計上、およそ5人のうち2人くらいの女性には、結婚後も忘れられない人がいます。主に、元カレや片思いの男性が多いですが、結婚した今が幸せであれば特に問題はありません。

過去の思い出は美化される

むしろ、結婚して幸せな毎日を過ごしているからこそ、過去の思い出が綺麗なものに感じられるのです。忘れられない人のことは、そのまま綺麗な思い出として取っておくのが良いのです。もし、会いたいという気持ちになったとしても、過去は過去だと割り切って、今を楽しく過ごすことをおすすめします。相手も、幸せに暮らしているとしたら、会いたくなるのは迷惑になるかもしれないと考えるのが無難です。