結婚のタイミングはいつが良いか、悩んでいる方は多くいます。男女で結婚を意識する瞬間や切り出すタイミングは異なり、タイミングがずれてしまうと別れの原因になる可能性もあります。このようなことを防ぐために、ここでは結婚のタイミングについて、男女別の考えやおすすめのタイミング、成功させるためのポイントを詳しくご紹介します。

結婚を切り出すタイミングはいつが良いか

結婚したい相手がいる場合、いつ切り出すがのタイミングが重要です。タイミングは人それぞれですが、他のカップルがどんなタイミングで切り出したのかを知り参考にしたいと考えている方も居ます。
結婚を切り出すのは男性側からするというのが一般的なイメージです。

タイミングとしては、結婚したとして二人で生活を営む程度に経済的な安定が見込めた時、結婚するなら彼女しか考えられないとなった時、周りに感化されてなど、ベストなタイミングはカップルごとに異なります。中には子供ができたから結婚を切り出す、というカップルも珍しくありません。

女性が結婚を意識するタイミング

男性側ばかりが先走って結婚を切り出してはいけません。女性側の気持ちもしっかり汲み取り、彼女の様子をうかがって結婚するタイミングを窺いましょう。

女性が結婚を意識するタイミングとしては、彼氏との付き合いが長くなった時、同棲を始めた時、友人が結婚した時が多いです。周りの環境に気持ちが左右されるケースが多く、一度結婚を意識すると男性より強く結婚願望を抱きます。

また、年齢も結婚を意識するタイミングに深く関わっています。女性は年齢を重ねるごとに結婚を強く意識する傾向にあります。個人差はありますが、30代を目前にすると結婚を強く意識する女性は増えてきます。

結婚のタイミングが彼女と合わないこともある

男性側が「結婚したい」と思っていても、彼女が同じ気持ちになっているとは限りません。例えば、女性の仕事が忙しい時や、昇進や部署移動など環境が大きく変わっている時は、未婚の女性でなくても仕事に集中したいものです。

また、彼女の家族が健康を害して入院や通院が決まった、親類で誰かが亡くなったばかり、その他家族や親しい人の私生活に大きな変化が出た場合、女性でなくてもそちらに意識が向きます。このようなタイミングで「結婚しよう」と切り出した場合、失敗する可能性は高くなってしまいます。また、将来的には結婚したいけれど今はまだ独身でいたいという気持ちでいる彼女の場合、結婚を断わられてしまう可能性もあります。

彼女が全く結婚を考えていない、というわけではありません。しかし、彼女の私生活と気持ちの面でタイミングが合わない時に結婚を切り出すのは避けましょう。

結婚のタイミングを逃すと別れの危機に繋がる恐れも

結婚のタイミングは重要です。結婚を考えている方で、パートナーの私生活や気持ちを顧みず、自分の都合だけで結婚を切り出すのは失敗する可能性が高いです。「考えさせてほしい」という返答であればまだ望みはありますが、これが別れに繋がる場合もあります。

長年付き合っているカップルは注意

また、結婚せずにずるずると長年付き合っているカップルも気を付ける必要があります。特に女性は結婚する上で、男性より年齢を気にします。妊娠や出産などで年齢の影響があるためです。

結婚のタイミングを逃してしまった場合、彼女から別れを切り出される可能性があります。付き合う年数が長くなればなるほどその可能性は高くなってしまいます。

結婚を切り出すタイミングはカップルの今後に深くかかわることです。切り出すタイミングはしっかりと見計らい、失敗しないように気を付けましょう。

結婚のタイミングがわからない場合

結婚のタイミングは人それぞれですが、いつ切り出せばいいのか分からない、と悩んでいる方も少なくありません。タイミングが分からない方は、まずパートナーの私生活を注意深く観察しましょう。

仕事で大きな変化がない、家族の生活が安定している、この2つを見極めます。もしパートナーの私生活に大きな変化が生じている場合、相手の気持ちや考えは結婚に割く余裕がありません。相手の生活に余裕があるかどうかをしっかり観察しましょう。

結婚を切り出すのはデートの最後がおすすめ

次に、切り出すタイミングですが、結婚を切り出すのはデートの最後がおすすめです。デートの最後は別れがたいものです。このタイミングで切り出すことで、相手の気持ちを「結婚したい」という方向に向けることができます。

付き合い始めてから1年の節目など

付き合い始めてから1年など、節目に結婚を切り出すのもおすすめの手段の一つです。節目は二人の記念日で、お互いの関係を改めて見直す機会でもあります。この時、結婚するならこの人しかいないと思えたら、結婚のタイミングには最適です。また、婚約記念日が節目になるとお互い覚えやすいです。

他の人の意見を参考にするのもおすすめです。周りで結婚している友人や知人がいる場合、どんな状況で結婚を切り出したか、相談しながら参考に取り入れてみると良いでしょう。

結婚のタイミングには貯金額も重要

結婚するには多額のお金が必要になります。結婚式の形態にもよりますが、挙式に150万円、新生活の準備に50万円、生活の予備費に50万円と、計250万円ほど貯金が必要となります。ただし、この金額以下になることもありますし、予想外の出費で高くつく可能性もあります。

20ー25歳での平均貯金額は100万円程度

20ー25歳で結婚を考えている場合、仕事をし始めたばかりでまだ貯金額が少ないため、平均貯金額は100万円程度とされています。この金額では挙式を挙げるのにも足りないので、両家から援助をしてもらうといった対策が必要です。

最低でも300万円の貯金は必要!

25−30歳になると、給与は上がり300万円ほど貯金しておくことができます。300万円の貯金があれば結婚後も安心して生活を送ることができます。30−35歳になると、結婚後にマイホームの購入を考える方も増えていきます。貯金額は500万円ほどを目安にしておくと安心です。

しかし、単身者で貯金がないという方は珍しくありません。もし相手のとの結婚を視野に入れている方は、まずお金がなければ結婚もできないので、結婚資金をしっかり貯めておきましょう。

資金が足りず結婚のタイミングを逃してしまうというパターンもあり得ます。学校を卒業して仕事を始めたら、毎月しっかり貯金をしておくと後々安心です。

結婚のタイミングは無料の占いで判断してみる

結婚のタイミングがどうしても掴めないという方は、占いで判断するのも一つの手段です。最近では無料で占いを受けることができるサービスも多くあります。

数秘術を使った本格的な占い「占いしようよ」

数秘術を使った本格的な占いができるのが「占いしようよ」です。相手の生年月日や姓名などを数秘術にして、結婚の運気を占います。運営会社は株式会社あおい総研、占い師は十数名に及びます。サイトで顔写真付きのプロフィールを確認できます。

「ゴイスネット」

「ゴイスネット」は結婚占いに関して、何歳でどんな相手とどんな風に、といった具体的で切り込んだ占いがでいます。運営会社は株式会社ジェダイ、占い師はコンテンツごとにプロの占い師に依頼しています。

「-cocoloni-本格占い館」

「-cocoloni-本格占い館」では、種類豊富な占いコンテンツを用意。結婚占いでは、いつ結婚できるかなど結婚前の占いだけでなく、結婚後の生活に付いても占うことができます。運営会社は株式会社ザッパラス、占い師は複数人に及び、中には行列のできる人気占い師も居ます。一部占いには料金がかかる場合があるので、占う前にしっかりチェックしておきましょう。

以上の3つのサービスは、インターネットのサイト上から占いをすることができます。結婚のタイミングがどうしても掴めないという方は一人で悩まず、相談する気持ちで気軽に無料の占いを利用してみてはいかがでしょうか。

そのほかの無料で占いをしたい人向けの記事はこちら

当たる相性占いを一挙にご紹介!無料で出来る相性占いも多数