2020年4月最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『with(ウィズ) 【メンタリストのDaigoがCMを務める人気の恋活アプリ】

Dine(ダイン)は「デートにコミットする」というコンセプトのもと誕生したマッチングアプリです。数多くのマッチングアプリがリリースされていますが、Dineはどちらかといえば婚活用ではなくデートのできる相手を探すために最適なアプリになります。婚活アプリよりも気軽に出会いたい人におすすめです。Dineの評判や特徴、料金、使い方などを詳しく解説します。

Dineの基本的な使い方

Dineの基本的な使い方をしっかりとマスターしましょう。マッチングアプリなので、誰でもスマホで簡単に操作ができます。
またDineを利用しているユーザーの男女比率は、男女のどちらが多いのでしょうか。気になる情報をまとめました。

アプリで利用する

Dineの使い方はシンプルです。まずスマホにDineアプリをダウンロードして登録します。

自己紹介やプロフィール写真の設定をしてプロフィールを作ります。プロフィールは相手にチェックされる部分なので、手を抜かずにしっかりと書き込みましょう。
プロフィール写真は一枚だけではなく、様々な角度から撮影した写真を複数使うのがおすすめです。自分の趣味が伝わるような写真もポイントが高いので、キャンプをしているときの写真などを使用してみましょう。

次に「行きたいお店」を選んでリストに追加します。この「行きたいお店」へデートに誘うシステムなので、お店選びも重要なポイントです。
あとはデートに誘いたい相手にアプローチをして、OKを待つだけになります。

アプリなのでログインも簡単

アプリを活用するメリットはログインが簡単だという点です。スマホのアプリを開くだけでログインが可能なので、隙間時間など短い時間でもアプリをチェックすることができます。

例えば急に仕事が早く終わりそうな日でも、さっとログインしてデート相手を探し、タイミングが合えばマッチングすることができるので便利です。毎日決まった時間に、おすすめの相手をアプリがピックアップしてくれるので時間を有効に使えます。

Dineは女性が多い

Dineのメリットの一つが、利用している女性が多いという点です。女性ユーザーは20代が多く、中でも20代後半以上の女性ユーザーが積極的にアプリを使用しています。

アクティブな女性ユーザーが多いことで男性ユーザーも増えるので、活発に機能しているマッチングアプリといえますね。どんなに登録者数が多いマッチングアプリでも、実際に活用しているアクティブユーザーが少なければ出会いの確率を上げることが難しくなってしまいます。

その点、Dineは口コミでも好評で、男女ともに頻繁にアプリにログインしているユーザーが多く期待値も高いです。

Dineの料金は?

マッチングアプリを利用する際に気になるのが、料金システムですね。デート相手を探すのために、あまり高額な料金ではデート資金を確保できません。
Dineの料金システムを詳しく説明します。

女性の課金はある

女性が無料のマッチングアプリが多い中で、Dineは女性も有料になります。

無料会員でもある程度の利用はできますが、アプリをフル活用したい場合には有料会員がおすすめです。
女性も有料にすることで本気で相手を探しているユーザーが集まることになり、Dineの会員の質が上がることが期待できます。

実際、無料で利用できるアプリの場合には、登録だけして活用しない人が多くなる傾向が多いです。

招待コードだとお得に利用できる

Dineはアプリメニューの「友達招待」から、招待コードを入手することができます。招待コードを利用すると、自分と招待コードを送った相手と2人ともが1週間無料で有料会員(GineGoldメンバー)になることが可能です。

招待コードには使用上限がないので、1週間ごとに誰かと招待コードを使うことができれば、ずっと無料で有料プランを使用できます。まずは招待コードを有効活用して、無料でGineGoldメンバーになってアプリを試してみるのもおすすめです。

ゴールドマークが課金した人で安心

Dineで有料会員になると、ゴールドマークがつきます。ゴールドマークは、有料会員かどうかを確認できるという点がメリットです。
有料会員であれば、ちょっと試してみた人や冷やかしの人ではないので信頼性が高まります。

有料会員

1ヶ月で月額6,500円・3ヶ月で月額4,800円・6ヶ月で月額3,800円・12ヶ月で月額2,900円の4つのパターンです。
期間が長いプランであればあるほど毎月の月額料金が安くなるシステムになっています。

Dineってサクラはいる?

マッチングアプリでは、たびたびサクラの存在が噂になります。アプリを運営している会社の中には、登録者数を伸ばすためや、ユーザーに課金をさせるためにサクラを雇うケースがあり注意が必要です。
Dineにサクラがいるのか、詳しく検証します。

サクラの男性はいるのか?

マッチングアプリのサクラは基本的に男性会員を狙います。しかしDineは女性も有料会員になれるため、サクラの男性はいるのかということも気になりますよね。
結論から言うと、Dineにサクラがいる可能性は低いと考えられます。なぜならDineはシステム上、一般的なマッチングアプリとは違いメッセージのやり取りに課金の必要ないからです。
通常であれば、サクラは男性会員にメッセージを送り課金へと誘導します。しかし、Dineはメッセージのやり取りの必要がほとんどないため、サクラの意味がないからです。

Dineはどういう人にお勧め?

マッチングアプリはコンセプトやユーザーの年齢などによって、特徴が異なります。自分の希望する出会いを提供してくれるマッチングアプリを選ばないと、期待する結果は得られません。
自分に合うマッチングアプリを選ぶことが重要です。Dineはどういう人に向いているのかを紹介します。

年収が高い人

Dineに向いている人は、年収が高い人です。特に男性は女性から年収をチェックされます。

さらにDineは「行きたいお店」にピックアップしているお店の値段がランク付けされるのが特色です。
ランクは1〜4まであり、価格帯が1,000円台・3,000円~5,000円・5,000円〜10,000円・10,000円以上となっています。

これによって年収が低いのにランク高いお店ばかりをピックアップしていると、
相手に不信感を抱かれてしまいます。またランクの低いお店ばかりだと、それも印象が良くないです。
年収に見合ったお店をピックアップするのがポイントになります。

容姿に自信があるひと

Dineはプロフィール写真に使用できるのは、顔写真のみになっています。そのため容姿に自信があるひとに向いているマッチングアプリです。

マッチングアプリによっては、顔写真以外の写真を載せられるので、自分の車や旅行先の写真などでアピールするケースが多く見られます。つまり、容姿をなんとなくごまかすことができるわけです。

Dineはごまかしがきかないので、実際に会った時にがっかりしたということが少ないのがメリットになります。Dineの顔写真だけが使用できるというルールは、サクラ防止にも役立っています。

出会いが欲しい人

Dineは出会いが欲しい人におすすめのマッチングアプリです。一般的なマッチングアプリでは、実際に会うまでにマッチングをして、メッセージのやり取りを何度も行う必要があります。
メッセージ交換の途中でミスマッチになることもありますし、なかなか初デートまでたどりつけないことも多くあります。

忙しくてこまめにメッセージのやり取りをするのが難しかったり、初デートの日時のスケジュールを合わせるための話し合いの時間がもったいないと感じていたりする人にはDineがぴったりです。

Dineがマッチングするのは結婚相手ではなく、あくまでもデートの相手になります。「一緒に、このお店に行きませんか」「ご飯を一緒に食べませんか」というアプローチなのでハードルが低く、デートへの確率が高いです。

Dineのデート確率は約40%と、非常に高い数値になっています。
出会いのためのステップが簡単で、会員の質も高いため、出会いを増やしたい人やたくさんの人に出会ってみたい人に向いているマッチングアプリです。

2020年4月最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『with(ウィズ) 【メンタリストのDaigoがCMを務める人気の恋活アプリ】