2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『with(ウィズ) 【メンタリストのDaigoがCMを務める人気の恋活アプリ】

2007年頃から耳にするようになった「婚活」ですが、定着していくに連れて街コンやマッチングアプリなど様々なサービスが展開されるようになりました。結婚相談所もそのサービスのうちのひとつですが、一口に結婚相談所といっても実はいくつかの種類に分類出来ます。それぞれに特徴が異なるので、自分に合ったタイプを利用する事が重要です。今回は結婚相談所について、種類やそれぞれの特徴やメリット・デメリットをご紹介します。

結婚相手を探している人に出会える

結婚相談所には将来的な結婚を前提とした交際を望む人が集まっています。自分と相手の交際に対する考え方が同じなので、効率的に結婚相手を探す事が出来るのです。

自然恋愛の場合は交際相手も結婚を視野に入れているとは限らないため、どんなに自分がその相手と結婚したいと願っても思い通りにいかない事もあります。結婚相談所で知り合った相手であれば付き合い始めの頃から結婚に対する真剣な話合いが出来るというのもポイントです。

真剣交際後は結婚までスムーズ

自然恋愛での交際は相手も結婚を望んでいるとは限らないので、時間をかけてお互いの意思を確認する必要があります。その点結婚相談所で知り合った仲であれば結婚という目的が最初から共有されているので、結婚までのスピードが早いカップルも珍しくありません。

子どもが欲しい場合はなるべく早めに結婚したいという人も少なくないでしょう。短期決戦で結婚まで話を進めたい人にとって、結婚相談所を利用する事は大きなメリットなのです。

結婚相談所で真剣交際に進むタイミングや結婚までの交際期間はどれくらい?

条件から相手を探せる

結婚相談所には利用している人のプロフィールや基本情報が登録されており、そのデータを参照しながら相手を探す事が可能です。「自分好みのルックスの人が良い」「趣味が合う人を探したい」「ある程度年収がある人を紹介して欲しい」など、様々な条件で検索出来るので幅広いニーズに対応可能と言えるでしょう。

また、プロフィールや基本情報が登録されているという事は、相手の身元や素性がハッキリしているという事でもあります。実際に面会する前からある程度相手の情報が分かっていると安心感があるでしょう。

担当カウンセラーからアドバイスがもらえる

結婚相談所では専門のカウンセラーが利用者からの悩み相談を受け付けているのが一般的です。婚活をしていると中々自分を客観視する機会がないので、こうした第三者からの意見は貴重なものと言えるでしょう。

結婚相手探しから交際中の悩み相談まで、カウンセラーは幅広く利用者をフォローしてくれるので安心して婚活に臨む事が出来ます。

結婚相談所の種類とメリット・デメリット

結婚相談所には大きく分けて「仲人型」「データマッチング型」「インターネット型」の3種類が存在します。タイプによるメリット・デメリットの違いをしっかり把握して有効活用出来るようにしましょう。

仲人型の結婚相談所

一般的に「結婚相談所」という言葉を見聞きして、まず連想されるのは恐らく仲人型でしょう。仲人型とは結婚アドバイザーが常駐している店舗タイプの結婚相談所の事です。

アドバイザーと会話をしながら分からないところや不安点をすぐに質問出来るので、初めて結婚相談所を利用する人でも安心と言えるでしょう。

サポートがしっかりしている

仲人型の結婚相談所のメリットは、アドバイザーによるサポート体制がしっかりしているという点が挙げられるでしょう。申し込みから成婚までのプロセスを一貫して担当アドバイザーがサポートしてくれます。
また、アドバイザーのサポートが受けられる仲人型の結婚相談所はスムーズな婚活がセールスポイントであり、交際開始から1年以内の成婚率は他のタイプの結婚相談所よりも比較的高めです。

費用が高い

仲人型の結婚相談所は店舗の維持費や人件費など運営に関する費用が多くかかるので、利用料金も高めに設定されている点がデメリットになります。しかし、高い利用料金を払ってでも登録している人は結婚に対する意識も高いので、成婚率が高い要因のひとつとも言えるでしょう。

また、在籍している結婚アドバイザーの実力次第で婚活がうまくいくかどうかが左右される事も仲人型のデメリットです。無料相談や見学が出来る相談所であれば、本登録前に下見しておくと良いでしょう。

データマッチング型の結婚相談所

オンライン上に自分のプロフィール情報や結婚相手の希望条件を登録しておき、その条件に見合った会員を紹介してくれるのがデータマッチング型と呼ばれるタイプの結婚相談所です。一般的には独身を証明出来る書類の提出や細かいプロフィールの登録が必要なサイトやアプリが多いと言えます。

登録している会員の基本的なプロフィール情報は閲覧出来ますが、詳しいプロフィールや顔写真などはオンライン上では公開していないところも多いので注意しましょう。運営元の結婚相談所へ足を運ぶと詳しい情報を開示してくれるというケースもあります。

会員数が多い

データマッチング型の結婚相談所はその手軽さから「とりあえず登録している」という人も多く、会員数が多いので自分の希望条件に見合う相手を見つけやすいという点がメリットです。仲人型ほど運営費用もかからないので、基本的には利用料金も安めに設定されています。

全国的に展開している大企業が運営している場合が多いので、そういった安心感からも会員数が多くなっていると言えるでしょう。

担当カウンセラーがつかないことも

データマッチング型の結婚相談所は運営方針が企業によってまちまちで、担当カウンセラーがつかないというケースも少なくありません。一般的にデータマッチング型では気に入った相手とのやり取りは当人同士のメールや電話で行われるので、運営するにあたって間を取り持つ人間が必要ないというのも事実です。

初めての婚活で不安が多いようであれば、事前にカウンセラーが配置されているかどうか確認しておくと良いでしょう。

インターネット型の結婚相談所

サイトに登録されている会員情報から自分が気になった相手にアプローチをかけるというのがインターネット型の結婚相談所です。

データマッチング型と似ているところもありますが、データマッチング型が「入力した希望条件に沿った会員情報を提供してくれる」のに対し、インターネット型は相手探しから連絡まで全て自分で行います。

会員数が多く費用が安い

インターネット型は結婚相談所の中で最も簡易的なタイプであり、無料で会員登録出来るというサイトも存在します。データマッチング型に負けず劣らず会員数も多いので、自分で根気良く相手を探す時間があるならコストパフォーマンスは良いで言えるでしょう。

基本的には24時間利用可能なシステムなので時間や場所を問わず相手とやり取り出来るという点もメリットです。仕事が忙しいという人でも時間を有効活用して婚活を進める事が出来ます。

婚活の真剣度は会員による

インターネット型の結婚相談所は費用の安さから登録している人は多いものの、結婚に対する真剣度は利用者によってバラバラです。

特に無料で登録出来るサイトではとりあえず出会い目的で利用している人も少なくないので、気になった相手でも慎重にやり取りして実際に会うかどうかを見極めましょう。

サイトによっては独身証明書類や身分証明書の提出を義務付けている場合があるので、不安であればこうしたサイトを選んで利用するのがおすすめです。

メリットと特徴を知って自分に合った結婚相談所を選ぼう!

「結婚」というゴールは同じでも、そこへ至るまでのプロセスは十人十色です。誰かが結婚まで漕ぎつけたやり方で自分も結婚出来るとは限りません。

結婚相談所は正しく利用すれば、結婚願望を持つ人にとって強い味方になってくれます。そのためにはそれぞれのタイプのメリットと自分の婚活スタイルをマッチさせる事が重要です。

「仕事の忙しさ」や「自分に対する自身の無さ」で結婚を諦めてしまう前に、まずは自分に合った結婚相談所を見つけるところから婚活を始めてみてはいかがでしょうか。

2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『with(ウィズ) 【メンタリストのDaigoがCMを務める人気の恋活アプリ】