2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『with(ウィズ) 【メンタリストのDaigoがCMを務める人気の恋活アプリ】

結婚相談所を利用する人の中にはなかなか婚活が上手くいかないという人が居ますが、もしかしたらそれは結婚相談所を利用するのに向いていない人なのかもしれません。入会後に自分が結婚相談所を使うのに向いていない状態であることに気づくと、時間だけでなく入会金などで停滞出費になってしまいます。入会する前にいくつかのポイントをチェックして、自分が結婚相談所の利用に向いているかどうかを調べておきましょう。

結婚相談所には向き・不向きがある

結婚相談所は一見どんな人でも結婚に導いてくれる物だと思われがちですが、実は利用に向いている人と向いていない人がいます。

結婚相談所はあくまで希望者同士の条件を照らし合わせて、もっともお互いが希望に沿う組み合わせを見つけてくれるだけだからです。

そのため結婚する気がない人をくっつけるような力はないので、利用者によっては結婚相談所よりも他のサービスを利用したほうが良いケースもあります。

結婚相談所に向いていない人の特徴4選

あくまで良し悪しではなく、向き不向きとして結婚相談所が得意としている分野と苦手としている分野がそれぞれあります。そしてその結婚相談所が苦手としている分野を望んでいる人は結婚相談所に向いていない人と言えます。

これら向いていない人には共通する特徴を見ることができます。大きく4つに分類して紹介しますが、これらに該当する場合は他の婚活サービスを利用したほうが良いかもしれません。

恋愛結婚がしたい

条件や年収よりも胸がときめいて運命の人だと思えるような人と結婚したい、という恋愛結婚を希望しているなら結婚相談所は向いていません。結婚相談所ではたった一人とお見合いするにも、条件マッチングや日程調整などで実際のお見合いまで非常に時間がかかるからです。

時間を掛けて一対一のお見合いにこぎつけて、もし恋心を刺激されない場合に次の人を同じ手順で探していくとなると膨大な時間がかかってしまいます。

胸がときめくような相手を探したいのならとにかく多くの男性と出会う必要があるので、それは結婚相談所向きの案件とは言えません。

結婚相談所は条件から人を選ぶところ

結婚相談所はあくまで条件にあった相手を探し出してくれるだけで、恋愛感情を刺激する出会いを探してくれる場所ではありません。そもそも恋愛できるかどうかは会って話した時に本人が直感的に感じるものなので、いくらデータを照らし合わせても見つけようがないのです。

そのため恋愛結婚を目指しているのならたくさんの出会いが必要であり、それは結婚相談所ではなく街コンや婚活パーティーなどの得意分野になります。

条件の会う人を好きになれるとは限らない

もし自分の理想と言えるような条件に当てはまる男性とお見合いが出来ても、必ずその異性に恋愛感情が抱けるとは限りません。当然ながら顔や話し方、価値観や感性などを含んだその人独特の空気感が恋愛には大きく関わってくるからです。

そういった部分はマッチングの際に参照する条件には入っておらず、実際にお見合いするまでわかりません。このように恋愛結婚においては結婚相談所がもつ強みを活かすことができないのです。

面食い

面食いの人は結婚相談所に向いていない人と言えるでしょう。結婚相談所の中には顔写真を前もって相手に見せる所と見せない所があり、必ずしも事前に相手の顔を知ることはできませんし、顔で相手を選ぶことが推奨されていないからです。

また基本的に器量に優れていれば結婚相談所を利用するまでもなく恋人がいる可能性が高いと考えられます。結婚相談所が美醜による条件マッチングを認めてしまうと会員に格差が生まれて、様々な問題が起きてしまうため、基本的にイケメンや美女目当てでの結婚相談所の利用はNGと言えます。

決断力がない

物事の重要な決定が下せず現状維持ばかり選んでしまう決断力がない人は結婚相談所には向いていません。結婚相談所に来る人は基本的に全員結婚をするつもり出来ているからです。

恋愛結婚と違いある程度妥協して相手を決めるという決断も必要になります。また結婚すると生活も大きく変わり出費も増えますし、子供が生まれたら進路の問題などで大きな決断の連続が待っています。

結婚相談所を利用するのなら、決断力は必須と言えます。

期間を決めて婚活しないと活動が長期化してしまいがち

結婚相談所で結婚相手を探す場合、基本的には思わず結婚したいと思うような理想の相手が現れる事はないと考えて良いでしょう。結婚相談所で見つけるべき結婚相手とは、ある程度妥協して受け入れようと思える相手を探すことだからです。

そのためどこまで妥協すべきか、その相手に決めたことを後悔しないための覚悟が決められるかが重要です。もしそうした覚悟のいる妥協ができない場合は、いつまでも理想の相手を求め続けてずるずると婚活が長期化してしまうことになります。

適度な焦りは必要

結婚相談所で相手を探す場合は、適度な焦りも必要なエッセンスになるでしょう。時間的な焦りがない状態だと「もっと良い条件の相手が来るまで我慢しよう」と考えてしまいやすいからです。

ある程度良いと思える相手が出た時に「次はもう無いかもしれない」と考え焦ることも、その人を結婚相手に決める決断を下す上での後押しとなるでしょう。

希望条件を下げることができない

希望条件を下げることが出来ない人は結婚相談所に向いていない人になります。結婚相談所でのお見合いでは相手に理想を求めるのではなく、お互いに無理なく我慢できる範囲をすり合わせる事が大切になります。

お互いに妥協し合って協調し会える相手を探す場所だからこそ、一旦条件だけでマッチングを行いお見合いをするのです。なので希望条件を下げずに相手に譲ったり合わせたり事をしない人は結婚相談所向きではありません。

結婚相談所に向いていない人は他の婚活方法を視野に入れて

結婚相談所に向いていないからと言って結婚そのものができないわけではありません。恋愛結婚をしたいという人や、やっぱり顔の良い人と結婚したいという人は結婚相談所以外の婚活方法で相手を探せば良いのです。

結婚相談所と違い深く考えたり真剣にならず楽に行える婚活方法もあるため、人によってはより積極的に相手を探せる場合もあります。

しかし手軽である分遊び目的の人に当たってしまうこともありますので、結婚を第一目的としているならよく相手を見る必要があるでしょう。
以下では結婚相談所以外での婚活方法を挙げていきます。

友人に紹介してもらう

友人に紹介してもらうのは比較的良い方法と言えます。より親密な友人であるなら好みも把握してくれていますし、遊び目的や不誠実な相手を紹介する確率は低いからです。

また何かトラブルがあった際も友人に間に入って仲介してもらえたり、相談しやすいため安心感して交際することができます。反面大切な友人のためを思うと、もし紹介された相手がピンとこない人でも断りづらくなるケースがあります。

合コンに積極的に参加する

合コンに積極的に参加して多くの男性と出会うことは、恋愛結婚の相手を探す上でとても効率的な方法と言えます。しかし合コンとは基本的に遊び相手を探すものだという認知も広まっているので、結婚まで考えて付き合ってくれる人は多いとは言えません。

好きだと思える相手と付き合うことになった場合、相手に結婚願望があるかどうかを早めに確認しておく必要があるでしょう。

行動範囲を広げる

行動範囲を広げることは異性との出会いも増える事に繋がりますので、結婚相手を探す上で有効な手段と言えるでしょう。普段行かないような所に行くことで、いつもの活動範囲内では出会えない層の男性と出会うことができます。

いつものお店ではなく少し遠くのお店に行ってみたり、スポーツジムや習い事に通ってみることで手軽に活動範囲を広げることが出来ます。

まずは自分が結婚相談所に向いているか考えてみることが婚活の第一歩

結婚相談所はあくまでも一緒に暮らすための条件が整っている相手を探す場所であって、恋愛相手やイケメン・美女を探す場所ではありません。そのため自分の望みを改めて見つめ直し、結婚相談所に向いているかそうでないかを事前に確認しておきましょう。

まずは自分に向いた婚活が何なのかをしっかりと把握することこそが、婚活の第一歩と言えるでしょう。

2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『with(ウィズ) 【メンタリストのDaigoがCMを務める人気の恋活アプリ】