結婚したいと思っていてもなかなか相手が見つからない、相手が見つかっても結婚に至らないと悩んでいる方の中には、結婚に向いていない性格の方もいるようです。どんな性格が結婚に向いていないのかを男性・女性に分けて説明します。もし自分が当てはまっていたら、少し性格を直せるように努力してみましょう。自分を知ることは結婚への第一歩です。

結婚が向いているかどうか診断してくれるおすすめサービス

結婚に向いているかどうか自分で客観的に判断するのは難しいものです。そのような時は、結婚の適性を診断してくれるサービスがあります。まず、結婚相談所サンマリエが行っている婚活・結婚診断テストです。

結婚相談所のサンマリエ

結婚相談所のサンマリエは30年以上の歴史があります。料金は無料です。質問項目がたくさんあり、詳細な分析をしてもらえるのが特徴です。また、結婚相談所のツヴァイが行っている恋愛傾向診断というものもあります。

結婚相談所・ツヴァイ

ツヴァイも30年以上の歴史があり、全国に相談所があります。こちらも料金は無料です。30の質問で結果がレーダーチャートになって表示されます。

ツヴァイについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。

結婚相談所ツヴァイの特徴は?費用・料金・評判

結婚相談所のパートナーエージェンシー

結婚相談所のパートナーエージェンシーが実施している婚活EQ診断というものもあります。パートナーエージェンシーは2007年から結婚相談所サービスを行っています。20の質問に答えると婚活偏差値が算出されます。結果は社名なしの封筒で自宅に郵送されます。料金は無料です。

結婚に向いていない人の特徴は?(女性の場合)

家事が苦痛に感じたり苦手な女性

結婚に向いていない女性にはどのような特徴があるでしょうか。まず、家事が苦痛に感じたり苦手な女性は結婚に向いていないといえます。家事は女性だけがするものではないですが、一人ならば手を抜いたり翌日に持ち越しても良かったものが、結婚後はそういう訳にはいかなくなってきます。

特に結婚相手の男性が家事に細かいタイプだと、家事が原因で喧嘩に発展する場合もあります。

いつまでも恋愛をしていたいと考える女性

また、いつまでも恋愛をしていたいと考える女性も結婚には向いていません。結婚は相手を思いやる気持ちや尊敬する気持ちが不可欠です。相手を軽視して他の男性に目移りしてしまう、不特定の相手からちやほやされることにこだわっていると結婚は遠のきます。

仕事一筋の女性も結婚に向いていない傾向

仕事一筋の女性も結婚に向いていない傾向があります。仕事にやりがいを感じるのは素晴らしいことですが、仕事優先が行き過ぎると家庭を大切にできない人だと思われてしまいがちです。毎日終電で帰るような生活をしている人とはなかなか結婚をイメージできないものです。

結婚に向いていない人の特徴は?(男性の場合)

それでは、結婚に向いていない男性にはどのような特徴があるでしょうか。

金銭感覚が極端だと結婚に向いていない

まず、金銭感覚が極端だと結婚に向いていないといえます。貯金ができなかったり、飲み会や趣味にお金をどんどん使ってしまう人は、二人で計画的に生活基盤を築いていく結婚に向いていません。

反対に、お金に細か過ぎる場合も、金銭的な制限が強すぎると相手は窮屈に感じます。金銭感覚についてあまりに違うと将来の不安に繋がります。不安な相手とは結婚を考えにくいです。

更に、ギャンブル好きな男性も安定した生活がイメージしにくいので、結婚には向いていません。お小遣いの範囲内で留められる抑制心があれば良いのですが、制限なく使ってしまうようでは問題です。

趣味に没頭し過ぎる人も結婚に向いていない

また、趣味に没頭し過ぎる人も結婚に向いていないといえます。休日になったら友人と出かけて夜まで帰ってこないという男性は家族の不満が溜まりやすいです。

結婚には向いてないと自覚する瞬間は?

結婚に向いていないと自覚がある人は意外と多いようです。どのような時に自覚するのでしょうか。

一人のほうが楽で結婚に向いていない

デートに出かけるのに面倒くさいと思った時やメールやLINEなどのやり取りが面倒くさくなった時、一人のほうが楽で結婚に向いていないと自覚する人が多いです。結婚すれば一人の時間はどうしても減るものです。その自由を手放したくないと感じるとき、結婚に向いてないと自覚する傾向にあります。

束縛が強くて相手のことを気にし過ぎる

また、束縛が強くて相手のことを気にし過ぎると、精神的に疲れた時結婚に向いていないと感じる人もいます。子どもが好きになれないと感じた時も結婚に不向きと自覚することが多いです。子どもを持つことと結婚することはイコールではないですが、結婚すれば子どもはまだかと親族や友人から聞かれる風潮があります。そのようなやり取りを想像して結婚を負担に思う人もいます。

結婚に向いていない性格とは?

結婚に向いていない性格はどのような特徴があるでしょうか。

人と接するのが疲れる・面倒くさいと感じる性格

まず、人と接するのが疲れる・面倒くさいと感じる性格です。結婚をすると、相手と過ごす時間が増え、自分一人の時間は減ります。更に、親戚とのつき合いも増え、義理の両親とうまくやらないといけない、お盆や正月はそれぞれの実家に帰省しなければならないというように、気が合わない人がいたとしてもうまくつき合わなければなりません。

我が強い・わがままな性格

また、我が強い・わがままな性格も結婚に向いていません。結婚生活は価値観の違う二人が暮らすのですから、あらゆる場面で思いやりや譲り合いが必要です。価値観の衝突の度にお互い譲らずぶつかり合ってしまうような性格では、結婚生活はとても疲れるものになってしまいます。

家事能力や仕事の能力に過度の自信を持つ性格

自分の家事能力や仕事の能力に過度の自信を持つ性格の人も、結婚に向いていない性格といえます。自分一人で何でもできると思っていると、結婚して他人と暮らす意義が見出せません。

結婚に向いていない星座はある?

女性は蠍座・獅子座・双子座、男性は双子座・射手座・魚座だと結婚に向いていないといわれます。

蠍座の女性

蠍座の女性はミステリアスで魅力的、恋愛が好きなので結婚願望は少ないといわれます。獅子座の女性は短気で飽きやすく交際が長続きしない傾向にあります。

双子座の女性

双子座の女性は交友関係が広く男性の友人も多いので、結婚で交友関係が狭まるのを嫌がり結婚が遠のくといわれています。

双子座の男性

双子座の男性は陽気で明るく誰からも好かれる一方、いろいろな女性に目移りしがちなので結婚に向いていないといわれています。

射手座の男性

射手座の男性は情熱的な恋愛を好む一方、束縛が嫌いです。結婚は自由が制限されると考えがちです。

魚座の男性

魚座の男性は優しい反面、優柔不断になりがちです。結婚をなかなか切り出せずに女性が待ちきれなくなるという傾向があります。
もちろん人によって当てはまる部分や違う部分があるはずですので、結婚に向いていない星座だったとしても落ち込まずに参考程度にしてください。

結婚に向いていないことで離婚するケースも!

結婚に向いていない性格のまま結婚し、残念ながら離婚に至るケースもあります。一番多い離婚の原因は価値観・性格の不一致ですが、何に対する価値観・性格の不一致かはさまざまです。

金遣いが荒い・ギャンブル好きな人

例えば、金遣いが荒い・ギャンブルに生活費をつぎ込むなどの金銭感覚に対する不一致や、家事を全然しない・育児に協力しないなどの家事育児の分担に対する不一致、休日に一人で出かけてばかりいる・義理の家族を大切にしないなどの家族に対する考え方の不一致などがあります。

小さな不一致やストレスが積み重なっていることが多い

離婚に至るには一つの原因だけでなく、小さな不一致やストレスが積み重なっていることが多いです。お互いに譲れるところがないか、喧嘩の時も節度を保ち思いやりの気持ちを持って接することができたかを心がけ、離婚にまで発展させないように注意しましょう。

結婚に向いていない性格に当てはまっている人でも、必ず離婚に至る訳ではないので結婚を諦める必要はありません。結婚できるかどうか、幸せな結婚生活を送れるかどうかは、自分一人で決まるものではないからです。

結婚に向いていない性格でも、相手がそれを受け入れてくれれば十分結婚できます。ただ、結婚に向いていない性格は少しずつ改善したほうが離婚する可能性を低くすることにつながるでしょう。