2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『with(ウィズ) 【メンタリストのDaigoがCMを務める人気の恋活アプリ】

バツイチ男性とお付き合いしてもなかなか結婚にいけない、反応が芳しくないということがあります。これはバツイチ男性にとって何か再婚に踏み切れない事情やトラウマなどの問題があるのかもしれません。どのような理由によって再婚に慎重になってしまうのか、どうアプローチすればその気持を再婚へと向けることができるのかについて解説していきます。

バツイチ男性は再婚に慎重になりがち

個人によって違いはありますが、バツイチ男性は一般的に再婚に対して慎重になりやすい傾向があります。離婚をしている以上は何か修復不可能な夫婦間の問題が起きているでしょうし、それが結婚への苦手意識に繋がっていても不思議はありません。

バツイチの男性がどのようなトラウマや結婚に対する不安感を抱えているのかを知ることが、二人の仲を進展させるためには必要となってくるでしょう。

離婚をくり返したくない

離婚というのは多くの場合、男性と女性どちらに問題があったとしてもお互いに嫌い合って終わることが多いです。争いを好む人なら別ですが、基本的には争いが大好きだという人は少ないですし、そう何度も味わいたいことではないでしょう。

再婚を考えるシーンでバツイチ男性は、もし離婚することになったらまた嫌な気持ちを味わうことになるのかと考えて不安を覚えてしまうのです。

時間をかけて相手の性格を見極めたい

結婚生活を失敗してしまい、離婚に至った過去があることからバツイチ男性はもう同じ失敗をしたくないと考えている人が多いです。次は失敗しないために、より相手のことやお互いの相性をよく知ろうとして慎重になり、不安を解消するまでは再婚に踏み切れない事もあるでしょう。

ただしこうした不安というのは事前にいくら見極めようとしても実際に結婚してみるまで解消されないことも多く、男性自身もどこかで不安を押して再婚に踏み切るきっかけを必要としているかもしれません。

慰謝料や養育費でもめたくない

離婚の際に起きる慰謝料や養育費といったお金のトラブルは、円満離婚でない限りは非常に泥沼化しやすい案件です。もし養育費などを払っている状態だとしたら、万が一また再婚して子供が出来た後で離婚した場合養育費を二重で払わなければいけなくなる可能性もあります。

男性にとっても非常に大きな金銭的負担になりますし、取り決めの際は揉める可能性も高いです。それらを考えると男性にとって再婚は二度と失敗できない正念場でもあり、慎重にならざるを得ないでしょう。

女性不信になっている

男性の離婚原因が前妻の浮気だった場合は、女性不審に陥っている可能性があります。また浮気されて裏切られたらどうしようという不安は消えるものではありませんし、心のケアには長い時間を必要とする事もあります。
女性不信には明確で短期的な解決方法はなく、本人の女性に対する恐怖が和らぐような体験をじっくりしていくための時間が必要になります。

一部例外のバツイチ男性も

もちろんバツイチの男性すべてが再婚に及び腰だとは限りません。中には再婚を急ぎ積極的に相手を探している男性もいます。

しかしそれらには男性にとって何か配偶者が必要な理由がある場合が多く、気持ちや内面よりももっと実利的な目的で相手を探している事もあります。お互いの利害や気持ちが一致すれば問題がありませんが、相手が何を求めているのかをよく知っておく必要があるでしょう。

家政婦を求めている子持ちバツイチは早めの再婚を望むケースも

子供を引き取って育てているバツイチ男性の場合、子供の世話や家事をやってもらう家政婦としての女性を熱望している場合があります。しかしこの場合は子供という面倒事を女性に押し付けてしまおうという考えでもあるので、自己中心的な考えを持った男性である可能性もあります。

自分の都合ばかりで女性の事を考えていない可能性を考えると、結婚しても幸せになれる可能性は低いので注意しましょう。

子供がほしい

ちゃんとした家庭を持ちたいと望む男性は、子供との年齢が開きすないうちに早く欲しいと考えている人もいます。早く結婚して早く子供を生んでもらいたいとや、駆け足でのお付き合いを考えている場合もがあります。

結婚を急ぐあまり気持ちを置き去りにしてはいけませんが、こちらの男性は子供を作って守っていきたいという意思があるわけですから、子育てに協力的である可能性があります。

老後寂しい暮らしをしたくない

一人暮らしをしていると寂しくてたまらないと感じる人は、年齢に比例して多くなる傾向にあります。特にバツイチ男性は過去に結婚して女性と一緒に暮らしていた期間があるため、孤独の寂しさをより強く感じてしまうようです。

老後に一人は嫌で、早くからずっと一緒に居てくれる女性を求めて再婚に積極的な男性もいるようです。金銭や実利ではなく、一緒に居て仲良くして欲しいと願っているので、あまりわがままを言わず対等な夫婦として配慮してくれる可能性があるでしょう。

慎重なバツイチ男性へのアプローチ方法とは?

再婚に対して慎重になっているバツイチ男性へは、独身男性相手とは違ったアプローチ方法が必要です。どうしても警戒心を解くためには時間が必要になりますので、焦らず急かさずを大事にしてゆっくりと関係を構築していくと良いでしょう。

急いで結婚するよりもまずはお互いの不安や疑問を解消し、より心が通じ合った後で結婚した方が結婚式も楽しくなりますし、ハネムーンも満喫することができます。長めの交際期間で色々なアプローチを試して彼の心を少しずつ開いていきましょう。

彼のペースに合わせる

彼が再婚に慎重な場合は、彼のペースに合わせてお付き合いをしてあげると良いでしょう。もしこちらのペースに合わせようとしてしまうと彼の警戒心を強めてしまう可能性があります。

彼のことをよく観察してどのくらいのペースで付き合うのが好みかを知っていきましょう。ここでお互いのペースを合わせて付き合っていくのが上手くいけば、結婚後も歩調が乱れづらく良好な関係を続けやすいでしょう。

結婚を焦らない

結婚を焦らないのも重要です。あまり結婚を急かしてしまうと男性に、自分のことより結婚することの方が大事なのかと思われてしまい、心が離れてしまう危険性があります。

実際には結婚しなくてもデートや同棲などはできますし、結婚そのものはあくまで2人の付き合いの中での区切りのようなものと捉えましょう。幸せになるためにはいつ結婚するかではなく、彼と今後どんな風に付き合って一緒に暮らしていくのかの方が重要です。

身体の関係も焦らない

身体の関係を結ぶのが好きな男性は多いですが、バツイチだと何か夫婦間の性の不一致が起きてトラウマになっている可能性も考えられます。あまり男性が乗り気でなかったりやや避け気味に感じる時は無理に誘わず、時間が解決してくれることを待ちましょう。

むしろ安易に肉体関係に走らないのは女性を大切に思っている証拠とも考えることが出来ます。信頼が育って愛が芽生えれば自然と身体の関係にも至りますので、焦らず付き合っていきましょう。

時間をかけて信頼を築いていく

バツイチ男性は離婚や夫婦の不和という失敗が染み付いて苦手意識になっている事も多く、それを解消する為には長い時間を必要とします。これに近道はありませんので時間をかけて男性の持つ女性や結婚への不信感を和らげていきましょう。
結婚という節目が後になるか先になるかという違いだけであり、結婚前の期間も彼と一緒に居られることには違いはないので、彼との時間を楽しみつつ過ごしてみましょう。

居心地の良さを提供する

バツイチ男性の結婚や女性への苦手意識の克服にはどうしても時間がかかりますが、男性にとって女性が心地よい相手だと感じさせれば、克服までの期間は短くなるかもしれません。男性が居心地が良く、一緒に居て楽しくて落ち着くように感じてもらうのが結婚への一番の近道と言えます。

慎重なバツイチ男性にはゆっくりアプローチを!

慎重なバツイチの男性にはゆっくりと時間をかけてアプローチしていく必要がありますので、アプローチそのものを楽しみながら彼との時間を過ごしてみると良いでしょう。結婚までのお付き合い期間が長くなっても、それだけ趣味や好み、相性などを見ることが出来るので無駄にはなりません。

結婚後の円満な夫婦関係のためにも、じっくりと付き合ってお互いのことを知っていきましょう。

2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『with(ウィズ) 【メンタリストのDaigoがCMを務める人気の恋活アプリ】