2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『with(ウィズ) 【メンタリストのDaigoがCMを務める人気の恋活アプリ】

バツイチの男性は離婚時の慰謝料のほか、前妻が引き取った自分の子どもに定期的に養育費を払っている場合があり、結婚に踏み切る前によく考える必要があります。そこで、今回はバツイチ男性との結婚を考える場合の確認事項や覚悟しておくべきことを解説します。バツイチ男性との結婚を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

バツイチ男性の養育費の目安はいくら?

まずは、バツイチ男性の養育費の目安を知ることが大切です。養育費をどのくらい払っているのか知ることによって、結婚後の生活をより具体的にイメージできます。

前妻と支払い側の所得によって月々の支払額は異なる

養育費の金額は皆一律というわけではありません。養育費算定表という基準に当てはめて考えるのが一般的ですが、バツイチ男性と前妻それぞれの所得や子どもの人数・年齢などによって相場は変わります。

傾向としては、年収が高いほど養育費の相場も高くなります。なお、子どもを実際に育てている前妻の年収が高ければ、バツイチ男性の養育費はやや減額される場合があります。

ただし、養育費がゼロになることは基本的にほとんどありません。また、サラリーマンや自営業など職業によっても相場は異なります。

子供1人の場合は月2~6万円、2人の場合は月4~8万円が平均

年収や子どもの人数によって相場は大きく変わるということを加味した上で、平均的な金額を押さえておきましょう。子供1人の場合は月2~6万円、2人の場合は月4~8万円が平均です。

この平均が親の年収や子どもの年齢、それぞれの家庭の事情などによってアップダウンします。

養育費を支払っているバツイチ男性との再婚で確認しておくべきこと

それでは、養育費を支払っているバツイチ男性との再婚で確認しておくべきことを具体的に見ていきましょう。よく確認しないまま再婚すると後から知らなかった事実が発覚したり、それが原因で結婚生活がうまくいかなくなってしまう可能性があります。
必ず結婚前に確認しておきましょう。

養育費の滞納の有無

養育費は離婚した後も子どものために支払わなければならないものです。しかし、実際のところしっかり支払いがされているかとなると話は別です。

慰謝料は離婚時に一括で支払われることが多いですが、養育費は一括ではなく、月々支払われるパターンが一般的です。最初こそ定期的に支払っていたものの、徐々に滞ってもう何ヶ月も滞納している状態だったり、あるいは初回から全く支払いをしていないなど約束通りの納付を行っていない場合もあります。

養育費を滞納しているという状況は前妻とバツイチ男性の間の問題であって自分には関係ないと思うかもしれませんが、結婚を考えるならそれは大きな間違いです。

養育費を払ってない無責任な男性はやめておいたほうが無難

前妻とバツイチ男性、2人の間で取り決めた養育費をバツイチ男性が支払っていないとすれば約束を破っていることになります。前妻に引き取られているとはいえ、バツイチ男性も子どもの親であることに変わりはありません。

子どもが1人立ちするまでは養う責任があるのです。それなのに、養育費を払わないのは親の義務を放棄している状態です。

このような無責任な男性であることがわかったら、結婚は考え直した方が良いでしょう。もし将来あなたとの間に子どもができたときもその子供に対し、無責任な行動をする可能性があります。

幸せな家庭生活を考えるなら、責任から逃げるような男性はやめておいた方が無難です。

養育費の支払い額と支払い期間

養育費の支払い額と支払い期間も結婚した後の生活に大きく関わる部分です。養育費は低くても月数万円、高ければ月10万円近く支払う場合もあり、家計の中から賄うとすればかなり大きな出費になります。

また、養育費は大抵の場合、高校や大学などを卒業するまで支払われるため、子どもの年齢によっては支払いが長期にわたる可能性もあります。毎月の養育費がいくらなのか、どのくらいの期間支払い続けるのかは必ず確認すべき点でしょう。

結婚した後に思っていたよりも養育費が高額だとわかると生活設計が崩れてしまい、暮らしが立ち行かなくなる恐れもあります。

子供を作る気はあるか

バツイチ男性があなたとの子どもを作る気があるのかも確認しておくべき事項です。子どもを作るか作らないか、夫婦の間で意見が分かれると結婚生活の不和にもつながり、最終的に離婚にまで発展する可能性もあります。

子どもに関する意向は事前に確認し、自分の希望と食い違わないか確認しておきましょう。

経済的にあなたとの子供を作れない可能性も

養育費の金額が高額であったり、支払い期間が長かったりすると家計が圧迫され、必要最低限のことにしかお金を使えないかもしれません。そうなると、経済的な理由で子どもを作れない可能性が出てきます。

子どもを育てるのは非常にお金がかかります。例えば、単純に家族が増えることにより生活費が増加します。

また、教育費も何百万とかかります。しかし、養育費を支払っているうちは子どもに思うようにお金をかけられないかもしれません。

なお、女性は一定の年齢を経過してからの出産は高齢出産となり、母子それぞれにリスクの可能性が高くなるという点も意識しておくべきでしょう。養育費を支払い終わってからゆっくり子どものことを考える、ということが難しい場合もあります。

自分の子どもを持ちたいという希望が強い場合は、結婚前によく話し合っておいた方が良いでしょう。

養育費を支払っているバツイチ男性との結婚には覚悟が必要

養育費を支払っているバツイチ男性と結婚をするなら、さまざまなことに対して覚悟しておく必要があります。具体的にどのようなことを覚悟しなければならないのか見ていきましょう。

養育費を支払うために共働きを覚悟すること

結婚したら働いて収入を得る役割は男性に任せて、自分は専業主婦として家のことを中心に行う生活がしたいと考える女性もいるでしょう。

しかし、毎月安くはない金額の養育費を支払わなければならないことを考えると、男性の収入がかなり高くなければ一馬力で家計を支えるのは難しいのが現実です。

1人の収入で生活するのが難しい場合は必然的に共働きをしなければなりません。養育費を支払い続けていくために、二馬力で働くことを覚悟する必要があるでしょう。

あなたが2人以上子供がほしい場合は経済的に厳しいことも

何人子どもが持てるかに関しても、覚悟しておかなければならない部分があります。それは養育費にお金を回すことにより、自分の子どもにかけられるお金が少なくなってしまう場合があるということです。

そのため、何とか1人は子どもが持てても2人以上となると経済的負担が大きくなり過ぎて厳しく、希望する人数の子どもが望めない可能性もあります。たくさん子どもが欲しいと考えている女性にとっては見逃せない問題でしょう。

覚悟ができていないまま結婚してしまうと、後になって家族計画で揉める可能性が高くなります。

貧乏な暮らしを覚悟すること

毎月まとまった金額を養育費として支払い続けていくことで、自分たちの生活が楽ではない状態になる可能性も高いです。あまり余裕のない貧乏な暮らしになってしまうかもしれません。

お金に関して揉める夫婦は多く、お金がないと精神的にも焦りや苛立ちが出てきやすくなります。貧乏な暮らしでも、2人で力を合わせてやっていくという覚悟が必要です。

養育費を支払っている男性との結婚はよく考えて

バツイチ男性のことがとても好きで、ずっと一緒にいたいという気持ちは結婚するために大切です。しかし、結婚生活は理想や想像だけでは成り立ちません。

バツイチで子どもがいる男性は、親として大きな責任を負っています。バツイチ男性と結婚するということは、その責任を一緒にサポートしていくことにもなるのです。

高い養育費を毎月支払うとなると、経済的な面や家族計画の面でさまざまな制約をかけざるを得なくなります。そのため、結婚をする前に覚悟をしておく必要があるでしょう。

果たして自分に強い覚悟があるのか、バツイチ男性との結婚を意識している方はよく考えた上で決断しましょう。

2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『with(ウィズ) 【メンタリストのDaigoがCMを務める人気の恋活アプリ】