2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『with(ウィズ) 【メンタリストのDaigoがCMを務める人気の恋活アプリ】

初婚と比べ再婚となると、結婚を意識しても、中々一歩が踏み出せないことも少なくありません。特に、子持ちであれば、子供との相性も考えなくてはいけないので、慎重になるのではないでしょうか。けれど、バツイチといったことは必ずしも不利に働くわけではありません。一度、結婚を経験しているからこそのメリットもあるので、臆せず幸せを掴みたいですよね。ここでは、再婚のメリットとデメリットについて解説します。

バツイチ子持ち女性の再婚のメリット

バツイチで子持ちの女性が再婚する際は、一度失敗しているという経験を活かせることが最大の強みとして働きます。同じ失敗を繰り返さない様、二度目は上手くやれる相手を選び、幸せな結婚を掴む人も少なくありません。

また、頼れる相手に巡り会うことで、子育てや経済的な負担が軽くなるといったことも再婚のメリットと言えます。ここでは、シングルマザーが再婚することで得られるメリットについて説明します。

同じ失敗を繰り返さないことで夫婦仲がうまくいく

一度失敗しているからこそ、結婚生活に期待し過ぎることがなく、安定した夫婦仲を保てるのは、バツイチ女性の強みと言えます。離婚の原因が分かっていれば、同じことを繰り返す様なことはしませんよね。

また、結婚生活は楽しいことばかりではないといったことも経験しているので、夫婦間で問題が起きても冷静に対処し、乗り超えようと努力出来るのも良いところです。経験値がある分、上手く立ち回れる可能性が高くなり、良い夫婦仲を築けるのもバツイチならではと言えるでしょう。

バツイチ女性は魅力的!出会いに臆病にならずに恋愛を楽しもう

経済的に余裕ができる

再婚をすると、自分の収入だけでなく、夫の収入も入ってくる様になるので、経済的にも余裕が出来ます。女性が一人で働き、子育てもこなすのは中々に大変ですから、これは大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

子育てでは、子供を養うための生活費の他、進学のための費用など、大きな金額が必要となることも少なくありません。それらを女手一つで用意するのはかなりの負担になりますが、助けてくれる夫がいれば、金銭的な負担が減るだけでなく、精神的な余裕も生まれますよ。

子供に父親ができる

離婚後の元夫との関係にもよりますが、シングルマザーになると、子供には日々接することが出来る父親が不在になってしまいます。けれど、再婚をすれば、子供には父親が出来ます。

父親がいないことで寂しい思いをさせたり、父親といった存在がどういったものかを知るべき機会を奪ってしまったりといったことを防げますし、一緒に生活をすることで父親からしか学べないことを経験することも出来ます。

また、子供にとって頼ることの出来る存在が母親以外にも出来るというのは、とても心強いですよね。

老後寂しくない

長い人生を考えた場合、バツイチのままだと、老後にパートナーがいないことになります。子供が大きくなり、巣立ってしまえば、身近な家族は妻や夫になりますから、再婚をしない場合、寂しい老後を過ごすことになるかもしれません。

周りにも結婚をしていない人が多く、おひとり様を満喫している人が多い場合、寂しさを感じることはあまりないかもしれませんが、年齢を重ね、自由に動き回るのが困難になり始めた時に一人ぼっちというのは避けたいですよね。再婚をすれば、苦楽を共にするパートナーが出来ますから、老後の楽しみも増えますよ。

求める男性像がはっきりしている

バツイチ女性が再婚をする場合、結婚相手には、単に好きな人を選ぶのではなく、自分と上手く行くかどうかといった点を踏まえ、一緒に生活していける男性を選ぶことが多くなります。

一度失敗しているからこそ、結婚生活に求めるものがハッキリしており、どういった男性なら一緒にやっていけるか、客観的に考えられる様になっていることも少なくありません。

自分の求めているものが分かれば、間違った相手を選ぶこともなくなりますし、結婚生活に失敗することもなくなりますよね。

バツイチ子持ち女性のメリットとは?バツイチ女性が自信を持つべき理由

バツイチ子持ち女性の再婚のデメリット

バツイチ女性は結婚の経験があるので、再婚の際には、結婚生活も夫も、前回のものと比べてしまいがちです。しかも、比較対象となるのは自身の失敗談の記憶になるため、良いことも悪いことも不安に感じ、悪循環に嵌ってしまうことが多くなります。

バツイチ子持ちということで、再婚に対し消極的になる必要はありませんが、失敗した経験が再婚の足を引っ張ってしまっては意味がありません。ここでは、再婚時にデメリットとなり易い部分を説明していきます。

初婚の相手と比べてしまう

バツイチの女性がやりがちなことといえば、元夫と再婚相手を比べてしまうといったことです。良い面でも悪い面でも、比較対象がいることで、無意識の内に比べてしまうといったことも少なくありません。

けれど、再婚相手からしてみれば、結婚生活の中にいない筈の元夫の存在を感じる様なものなので、居心地が悪くなってしまいます。比べてしまう様なことがあっても、声や態度に出さない配慮は大切ですよ。

相手が信用できない

前の結婚で失敗しているからこそ、相手を信用しきれないといった思いを抱えることも多くなります。好きで信頼した相手だったにも関わらず、結果としては破綻を迎えてしまったという経験があるからこそ、いつか裏切られてしまうのではと疑心暗鬼になってしまうことも少なくありません。

元夫と再婚相手は違う人だと分かっているのに信用できないのは、前回の結婚生活が大きく影響しているからです。ある意味、再婚ならではのデメリットと言えるでしょう。

子供が配偶者になつかないことがある

バツイチの子持ち女性が再婚する場合、高いハードルとなるのが、子供と再婚相手との相性です。夫婦が相思相愛だからといって、必ずしも子供が再婚相手を好意的に受け入れるとは限りません。

また、新しい父親を受け入れるのに時間がかかる場合や、母親を取られてしまうといった不安から、仲良く出来ないといったこともあります。母親の幸せを願い、自分の気持ちに蓋をしてしまう子供もいますので、しっかりと見極めることが大切です。

バツイチ子なし女性は再婚しやすい!その理由やバツイチ女性の魅力を解説

相手も再婚の場合は養育費や慰謝料など金銭的なデメリットがあることも

自分だけでなく、相手もバツイチの場合には、養育費や慰謝料といった金銭的負担を負っている場合も少なくありません。一緒に生活をし出してから分かったといったことがない様、しっかりと確認しておくことが大切です。

経済的な余裕がないと、喧嘩や言い争いが増え、日々の生活も荒れかねません。金銭的なデメリットについては、軽く見ず、しっかりと検討することが大切です。

相手の両親に反対される可能性も

離婚自体は決して珍しくありませんが、世代や地域が変われば、バツイチといったことにあまり良い印象を持っていないこともあります。特に、再婚相手が初婚であった場合、その両親がバツイチで子持ちといったことをよく思わず、結婚に反対してくることも考えられます。

けれど、バツイチで子持ちであるという事実は変えられません。バツイチになった経緯は人それぞれですし、悪いことをしているわけではないので、再婚時のデメリットの一つとして捉えておきましょう。

子供と過ごす時間が減る

再婚をすると、夫婦間で必要な話し合いも増えるので、今まで自分や子供に割いていた時間が減ります。家族で一緒に過ごす時間は増えるでしょうが、子供とのみ過ごす時間は減ってしまいますよね。

特に、バツイチになってから再婚までの期間が長いと、子供は母親と過ごすことに慣れています。再婚して、新しい父親の存在が入ってくるだけでなく、母親との時間が減ってしまっては、子供に寂しい思いをさせてしまうかもしれませんよ。

バツイチ子持ち女性の再婚はリスクも十分に考慮しよう

バツイチ子持ち女性の場合、再婚が上手く行かなかった時のことも考えておくことが大切です。上手く行かない結婚生活を続ける必要はありませんが、再び、離婚と言うことになれば、子供にはまた父親と離れるといった経験をさせてしまいます。

そして、自分自身もバツニになりますよね。離婚自体は決して珍しくありませんが、バツニとなった場合、気持ちの面ではバツイチの時以上に負担を感じることになるかもしれません。
再婚で幸せを掴むことが望ましいですが、上手く行かなかった場合のリスクについても、十分に考慮しておくことが大切ですよ。

バツイチ男性と再婚するときはココに気をつけて!10の確認ポイント

2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『with(ウィズ) 【メンタリストのDaigoがCMを務める人気の恋活アプリ】