2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『with(ウィズ) 【メンタリストのDaigoがCMを務める人気の恋活アプリ】

デートといったら男性が彼女をリードしていくものだと思っている人もいるでしょう。しかし、実際にはデートをリードしない男性も大勢います。このような男性はどのような心理を持っているのでしょうか。女性の立場からするとやはり彼氏にもっと積極的に先導して欲しいと思うこともあるでしょう。そのための対処法についても紹介します。

デートでリードしない男性心理とは

男性の中にはデートとなると彼女を振り回すくらいの無茶なリードをする人もいる一方、ほとんど彼女任せにしてしまって自分では全然リードしようとしない人もいます。せっかくのデートの機会に男らしさを示せる機会なのに、どうしてリードしようとしないのでしょうか。その男性心理について簡単に理解しておきましょう。

彼女の趣味や行きたい場所がわからない

男性の中にはデートをリードしたいと思っているけれど、具体的にどうしたら良いかわからなくてできないという人もいます。彼女の趣味がわからないのでこれをやろうと提案できないというのがよくあるパターンです。

また、デートでどこかに出かけようというときにも、彼女がどこに行きたいか、どんな場所を好んでいるのかがわからずに具体案が出せないというケースもあります。平たく言ってしまえば彼女のことをよく理解できていなくてリードできないのです。

提案して却下されたことがある

リードしようしたけれど失敗した経験がある男性はデートは彼女任せにしてしまうことがあります。あれをやりたい、ここへ行こうといった提案をして却下されたことがあると、自分が何を言っても受け入れてもらえないのではないかと考えてしまう人もいるのです。

彼女がやりたい、行きたいと言うのを待って、それに従った方がきっと喜んでくれると考えていることもあります。却下された理由が何かも理解していなくて、単純に自分の意見は聞き入れられることはないと思い込んでしまっているケースも少なくありません。

彼女と一緒ならどこでも楽しい

デートをリードするかどうかといったことがそもそも念頭にない男性もいます。少なくとも自分は彼女と一緒なら何をしていて、どこにいても楽しいと感じていて、その状況に満足してしまっているのです。

あそこに旅行に行ってこんなことをしたらもっと楽しいだろうといった想像を膨らませることがないのです。いつものように会って、変わらぬように過ごせれば十分と思ってしまっているため、デートをリードすることができません。

優柔不断

男性の中には優柔不断な人も大勢います。デートをリードしようと頑張って考えたけれど、どれも魅力的だったり、一長一短だったりして決められないというのが原因でリードできないことも少なくありません。

彼女の好みを考えるとこのプランが良いけれど、お金がかかり過ぎるからダメかもしれないと考えることもあるでしょう。彼女はきっとこれもあれもやりたいはずだけど、今回はどっちを提案したら良いかわからないといったケースもあります。

そうこうしているうちにデートの日になってしまって、結局は彼女の判断に委ねてしまうことになるのです。

デートで彼にリードしてほしい場合はどうすればいい?

このような男性心理が働いていてリードしてくれない状況が続いていると、女性としては彼がもっとリードしてくれたら良いのにと思うこともあるでしょう。彼にリードして欲しいときにはどうしたら良いのでしょうか。彼女の立場からできる取り組みを四つ知っておきましょう。

普段から行きたい場所や食べたい物を彼に伝えておく

自分のことをよく理解してくれていないのが原因でリードできない男性には自分の好みを積極的にアピールしていくのが大切です。こんなところに行けたら良いなという話をしたり、自分の好きな食べ物を伝えたりするのが効果的でしょう。

一度では彼も記憶に留めてくれいない可能性があるので、デートの度にアピールしていくのが理想的です。優柔不断な彼も何度もアピールしてくれればこれを食べに行こうと誘ってくれるようになると期待できます。また、どこでも楽しいと思っている彼も彼女がそんなに行きたいのならと旅行の話を切り出してくれるでしょう。

さりげなくリードしてほしいと伝えてみる

彼が優柔不断でなかなかデートの機会がなかったり、会っても何をするかで悩んでいるのがもどかしくて自分でリードしてきた人もいるでしょう。その状況が続いているときには彼の方もそれで良いと思ってしまっていることがあります。

リードして欲しいと思っているのを理解してもらわなければならないのです。さりげなくリードして欲しいという気持ちを伝えましょう。彼氏の性格によってはストレートに、今度はリードしてよねと一言言うだけで良いかもしれません。

特に以前に提案を却下されたことが悩みになっている彼の場合にはその率直な一言で十分に後押しできるでしょう。

何でも1人で決めてしまわない

自分がリードする形になってしまっていたのなら、1人で決める習慣をなくすのも効果的です。彼女の好みがわからなくて案を出すことができない彼の場合には特に合理的な方法でしょう。

ここかここに行きたいけれどどっちが良いという形で話をして、最終的な決定は彼に任せるようにするのが大切です。案を出した上で彼が決めるという形を整えればだんだんと男性がリードしている印象を持つようになっていきます。

さらに、どんなところに行きたいかという質問も投げかけるようにするとアイディアも出てくるようになるでしょう。このように少しずつ教育していくつもりでデートの中身を決めていくのが良い方法なのです。

彼がリードしてくれたら嬉しさや感謝の気持ちを表す

いつも自分がリードしているけれど、たまに彼がリードしてくれるということもあるでしょう。そのときに彼に達成感や喜びを味わってもらえるようにすると、またデートをリードしようと思ってもらえるようになります。

笑顔を見せるだけでも十分ですが、言葉にするとさらに気持ちが伝わります。今日は良いところを選んでくれてありがとうといった形で感謝の言葉をかけるのが最も良い方法です。それを励みに感じてまたリードしてくれたらお礼を言うというサイクルを繰り返していくことで自然に男性がリードする形を作り上げられるでしょう。

デートでリードできない男性も経験を積むことでリードできるようになる

デートでリードしてくれない彼に幻滅してしまうと元も子もないということは覚えておきましょう。彼女がうまく働きかけてあげることによりリードできるようになることも多いからです。また、単純に経験が足りないだけでリードできない男性もいるということも知っておくと良いでしょう。

恋愛経験が少なくてリードが苦手な男性も

男性がどのくらい恋愛経験があるかはケースバイケースで、彼女はたくさんいたけれどデートしたことは数回しかないという人もいます。実はこれが初めての恋愛で、何をしたら良いかがわからずに悩んでいるということもあるでしょう。

男性は恋愛経験が少ないとリードできない傾向があり、彼女に嫌われたくないという心理から彼女任せになってしまうことも稀ではありません。しかし、何度かデートをしてみるとどうしたら良いかを自然に学び取り、だんだんとリードできるようになっていく男性も多いのです。

初デートや2回目くらいは大目に見てあげるというおおらかな気持ちを持つのが大切と言えます。

リードが苦手な男性は長い目で見守ってあげよう

もともとデートをリードできるような素質を持っている男性の場合には恋愛経験が全くなくても上手にリードしてくれるでしょう。逆に苦手な人の場合には二回や三回のデートをしても、まだどうしたら良いかが理解できずに彼女に全て任せきりにしてしまうこともあります。

リードが苦手な男性であっても、やはりリードできるようになってくれたら嬉しいと思う人もいるでしょう。その場合には長い目で見守る気持ちを持ち、デートの度に自分のやりたいことを伝えてお膳立てをしてあげるのが大切です。

2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『with(ウィズ) 【メンタリストのDaigoがCMを務める人気の恋活アプリ】