2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

【1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

【1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『youbride(ユーブライド) 【大手企業ヤフーが運営!恋に真剣な20代後半〜30代後半におすすめ!】

彼氏が欲しいという女性は出会いの場を見つけ出すことがまず大切です。高校生や大学生のように学生のときと、卒業して社会人になってからでは出会いの場にも違いがあります。どんな出会い方があるのかを具体的に示します。また、うまく出会えるようにするのに役に立つおまじないも紹介するので、前向きに彼氏を探してみましょう。

彼氏が欲しい高校生・大学生の場合

彼氏が欲しいと思っている高校生や大学生の場合にはどのような出会いの場があるのでしょうか。学校に通っていてもなかなか出会いがないという人も、少し工夫をすれば魅力的な人に出会える可能性があります。

典型的な出会いのきっかけの作り方を4つ知っておきましょう。

バイトをする

高校生でも大学生でもバイトをするのは良い方法です。ファーストフード店やファミリーレストラン、コンビニやドラッグストアなどのありふれたバイトでも十分で、男性がよく働いていて女性の姿も見られるところを選びましょう。

大学生になったなら居酒屋やバーでバイトをするのも良い方法で、お酒が好きな人なら波長の合う人が見つかりやすくなります。趣味に関連するバイトをするのも重要な考え方で、スポーツ好きならジムやプールなどでバイトをすると良いでしょう。

お菓子作りが好きという場合に洋菓子屋でバイトをするのも悪い考え方ではありませんが、男性の姿が少ない職場なのであまり出会いには向いていません。男性のバイトもたくさんいるところを選ぶようにしましょう。

合コンをする

友達を幹事に仕立てたり、あるいは自ら幹事になって合コンを企画するのも出会いを増やす方策として優れています。

大学生になれば居酒屋で合コンというのが標準的ですが、高校生でもレストランなどでちょっとしたパーティーの雰囲気で食事を楽しみながら交流を深めることができるでしょう。

男友達の多い人が身近にいるならお願いして合コンをセッティングしてもらうのが良い方法です。自分の人脈に頼ろうとするとなかなか自分自身は出会えないので、積極的に友人の力を借りるようにしましょう。

友人に紹介してもらう

合コンをせずとも友人に紹介してもらうことで出会いを求めることもできます。親しい友人がいれば彼氏が欲しいと相談してみると良い人がいると紹介してくれる可能性があります。

ただ、紹介してもらって波長が合わなかったときには断りづらい、付き合ってみて合わないとわかったときにふるのもためらわれるという問題もないわけではありません。それでもOKと考えてくれるような仲の良い友人に腹を割って相談するようにしましょう。

マッチングアプリを利用する

マッチングアプリは20−30歳にかなり普及してきており、マッチ・Pairs・ティンダーなどを筆頭に1000万人以上のユーザーになってきています。

マッチングアプリの場合は、相手の顔や趣味、年齢、年収など幅広い情報がわかるために事前に相手とやりとりをしていればマッチする可能性が非常高いことが特徴です。

利用に不安があった人もいますが、今では当たり前に利用されるようになってきています。

人気のあるマッチングアプリ

彼氏が欲しいアラサー・アラフォーの場合

社会人になってからしばらく仕事に集中してしまい、彼氏がいないまま30歳に近づいてきた人もいるでしょう。アラサーになって彼氏作りが難しくなったと感じる人も大勢います。

さらにその時期を逃してしまってアラフォーに突入しても婚活をしたいと考える人は少なくありません。このようなアラサーやアラフォーの人はどのようにして出会いの場を探したら良いのでしょうか。

社会人サークルに参加する

社会人になると何もアクションを起こさなければなかなか同年代の人と出会える機会は得られません。アラサーやアラフォーになっていると自分の考え方が確立されてしまっているので、同じような考え方を持っている人を探さないとなかなかうまく付き合っていけないでしょう。

その観点から魅力的なのが社会人サークルに参加する方法です。テニスやフットサル、英会話や手話、手芸や料理などの様々なサークルがあり、サークルによってメンバーの年齢層にも違いがあります。

彼氏にしたいと思うような年齢層の人が何人もいる社会人サークルに入って探してみましょう。スポーツ系の場合には大会や交流試合などもある場合が多く、出会いの場を飛躍的に広げられます。

マッチングアプリや結婚相談所を利用する

大人の出会いの場としてよく知られる結婚相談所を使うのも効果的です。同じように恋人や結婚相手を探している男性がたくさん所属しているので比較的短期間で候補者を見つけられるでしょう。

近年ではマッチングアプリを使って出会いを求める人も多くなっています。結婚相談所を使うよりも気軽で使いやすいと考える女性もよく見受けられるので、出会いの方法として活用してみましょう。

習い事を始める

興味を持っていた習い事を始めるのも出会いの場を作るのに適しています。テニスやバドミントンなどのスポーツもあれば、料理教室などのように家庭的なものもあるでしょう。

男性がいてコミュニケーションの機会が設けられていることが重要なので、ただ習い事をすれば良いと考えるのではなく、他の男性と話せるスケジュールになっているかを確認してから申し込むことも大切です。

友人に紹介してもらう

社会人になってどれだけ年齢を重ねたとしても友人はやはり役に立ちます。困ったときには友人に紹介してもらいましょう。

高校生や大学生の時代の友人に連絡を取っても構いません。社会人になってから知り合った人でも、同僚や上司であっても良いでしょう。

彼氏がいないことを悩んでいると打ち明けられるような人がいるなら話をしてみるのが大切です。一人に限らずたくさんの友人に話をしてみると候補も増えますが、あまり広く話しすぎると友人の方の印象が悪くなってしまいがちです。

この人に頼ればきっと大丈夫という人を選んで相談してみましょう。

彼氏が欲しい人のための占い・おまじないを紹介!

彼氏が欲しいけれど見つからないと落ち込んでしまっている人もいるでしょう。そこで前向きになるためには占いやおまじないが役に立ちます。

これから良い出会いを手に入れたいと思っている女性にとって役に立つ占いとおまじないを三つ紹介します。

次の出会いがあるのはいつ?生年月日で無料占い

占いをするなら生年月日だけでできる無料占いを使ってみましょう。オンラインで簡単に入力するだけでできるのが魅力で、次の出会いがいつなのかを示してくれる占いがあります。

この日に合わせて自分の魅力を磨いておこうと考えたり、その日にちょっとお出かけの計画を立てたりすれば、きっと良い出会いに恵まれるでしょう。

理想の彼をリストアップするだけ!超簡単おまじない

簡単なおまじないで理想の彼氏を見つけられるようになりたいと思ったら、やってみると良いのが理想の彼をリストアップする方法です。私にとってこんな彼氏が魅力的という項目をただリストアップしていくだけのおまじないなので誰でも簡単にできるでしょう。

箇条書きにしてこういう性格、このような趣味を持っている、容姿はこんな様子といった形で書いていくだけのものです。たくさん出てきた場合にはいくつかに絞り込み、毎日それを見る習慣を作ることできっと理想の彼氏を見つけられるようになります。

彼から欲しい手紙を自分に書くおまじない

もう少し手間をかけてでもきっと出会えるおまじないをしてみたいと思ったら、自分に手紙を書いてみましょう。彼氏がいると想定して、その彼氏に書いて欲しい手紙を自分で自分に向けて書くというおまじないです。

どんなシチュエーションで手紙を受け取るのか、その中に具体的にどんな言葉が書かれているのかとイメージを描き、一字一句丁寧に書いていくのが重要になります。

言葉をしっかりと認識することでその重みを理解でき、その言葉をくれるような人はいないかと広く目を向けられるようになるでしょう。

本気で彼氏が欲しいなら積極的に出会いを探すことも大切

本気で彼氏が欲しいと思ったときには待っていても始まりません。今までの日常にはなかった出会いの場を自分で作り出していくことが重要になります。

学生でも社会人でも積極的に今までの生活から抜け出し、多くの人と交流できるように何らかのアクションを起こしましょう。その勢いをつけるために占いを活用し、出会いをものにできるようにおまじないもしてみるのが大切です。

2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

【1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

【1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『youbride(ユーブライド) 【大手企業ヤフーが運営!恋に真剣な20代後半〜30代後半におすすめ!】