2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『with(ウィズ) 【メンタリストのDaigoがCMを務める人気の恋活アプリ】

初デートにオシャレなバーへ誘われると、緊張やお店の雰囲気も相まってついお酒が進んでしまいがちだという方もいますが、酔い過ぎて失敗してしまうという失敗談も少なくありません。お酒は上手に飲むことでより打ち解けた話やスキンシップもし易くなりますが、良い影響が出る範囲でお酒を止めるためにいくつかの注意点を守る必要があります。今回はあまりお酒が飲めないという方の参考にもなるこれらの注意点について解説します。

初デートでお酒を飲むときの注意点とは?

大人のデートといえばお酒は付き物ですが、正しい飲み方を守らないと彼の前で取り返しのつかない事をしてデートを失敗で終わらせてしまうこともあり注意が必要です。以下ではお酒を飲む上で念頭に置くべき注意点を挙げていきます。

飲みすぎない

飲みすぎないというのは基本にしてもっとも重要なポイントです。単純に飲み過ぎによって急性アルコール中毒になってしまったら救急車を呼ぶことにもなり、もはやデートどころではなくなってしまいますし危険です。

またアルコールを飲みすぎると記憶を司る海馬の働きが機能しなくなるため、その状態で起きたことを覚えておくことができません。万が一お酒の席で彼に失礼なことをしてしまっても、覚えていないと謝ることもできずに関係の修復が困難となってしまいます。

ほろ酔い程度でやめておく

お酒は勧められたものを全て飲んでしまうのではなく、あくまでも自分が気持ちよく酔えた所で止めるのが大切です。ほろ酔いの状態であれば思ったことを素直に伝えやすくなったり楽しい気持ちになることができ、お酒の持つメリットを最大限享受することが出来るからです。

ほろ酔いを過ぎて飲むと、体の倦怠感などのデメリットが出てきてしまいます。あくまでもお酒は良い状態に持っていくためのものと心得て、飲むことその物に没頭して酩酊しすぎないように注意しましょう。

ムードに流されない

お酒を飲んで気分が良くなった時こそ、いつもより冷静でいるように心がけておきましょう。お酒を飲むと気が大きくなる人も多く、相手の言葉や行動に流されやすくなってしまうからです。

初デートではまだするつもりじゃなかったのにホテルについて行ってしまったり、深く考えず告白に応じてしまったりすると、酔いが覚めた後で後悔することになりかねません。お酒を飲んでいる時こそ冷静になり、安易な返事や応じ方はしないように注意しましょう。

おっさん化しない

お酒を飲むと気分がよくて小さな事が気にならなくなるため、ついだらしない事をしやすくなります。歯に挟まった食べ物を男性の目の前で取ろうとしたり、炭酸飲料を飲んだ後のゲップを恥ずかしげもなくしてしまうなどは、酔いが覚めた後に後悔してしまう可能性が高いです。

常に自分が女性であることを忘れず、男性の目を意識するようにしましょう。

男言葉を使わない

行動がおおざっぱになったりおっさん化してしまうように、言葉遣いが男っぽくなってしまう事も人によってはありえます。普段友達や家族と話す時に男言葉を使うことが多い方は、お酒を飲むことでそれがうっかり出てしまうかもしれません。

女性の口から男言葉が出るというのは、男性から見て一般的にあまり良い印象を抱かれない傾向にあります。話すペースが落ちても構いませんので、お酒がまわってきたなと思った時は少しだけ言葉を選ぶようにして話してみましょう。

酔ってしまったらウーロン茶に切り替える

セーブして飲むようにしても油断してやや飲みすぎてしまうということは、飲み慣れていない人では比較的起こり得る事態です。そうした時は飲み物をウーロン茶に切り替えて酔いを少し覚ましてみましょう。

飲み過ぎがどうしても不安な場合は、お酒を数杯飲むごとにウーロン茶を間に挟むようにしましょう。定期的にウーロン茶を取り入れることで血中アルコール濃度を落とせるので、比較的酔いの進みを穏やかにすることができます。

初デートでお酒を飲めない女子におすすめのドリンク

少し飲んだだけでも酔ってしまうけど、せっかくの初デートのお誘いを無駄にしたくないという方も多いと思われます。そこでお酒の席で飲んでも違和感がなく、それでいて酔いにくい飲み物をご紹介します。

中にはアルコールが微量に含まれている物もありますので、話の合間に喉を潤すようにちょっとずつ飲むようにすると良いでしょう。

ノンアルコールビール

ノンアルコールビールはビールの持つ喉越しやさわやかな苦味などを再現した飲み物で、ビールに合うように作られた料理を食べる時にも適しています。文字通りアルコールが入っていませんので酔う心配がなく飲めてオススメです。

まったくのシラフは嫌だから少しは酔っていたいという時は1杯目に小さめのビールを飲み、それ以降をノンアルコールビールに切り替えると良いでしょう。

薄めのウーロンハイ

薄めのウーロンハイは比較的お酒が苦手な人に向いたお酒と言えます。比較的酔いにくいお酒として有名で、甘い味付けもされていないので飲み過ぎを避けやすい部類のお酒です。

「薄めの物を頼む」ということを忘れないようにしましょう。普通のウーロンハイではアルコール量も高く普通に酔ってしまいます。

ウーロン茶には酔いをさます効果がある!

ウーロン茶には酔いを覚ます効果があるとされており、薄めのウーロンハイで酔いにくくしたり、他のお酒の合間にウーロン茶を飲むことで良い冷ましが出来ると言われています。もちろん過度な効果を期待できるものではないので、過信しないよう注意が必要です。

甘いカクテル

そもそも酔うことよりも味がダメで飲めないという場合は、甘めのカクテルを頼むと良いでしょう。アルコール特有の苦味が抑えられており、ジュースに近い感覚で飲むことが出来ます。

ただしジュースのような味でもアルコール度数は高めのものも多く、呑む量のセーブには注意が必要です。酔いが回ってきたタイミングでノンアルコールカクテルに切り替える事も視野に入れておきましょう。

初デートでお酒の力を借りて彼ともっとラブラブに

お酒は飲みすぎると健康にも人間関係にも毒となることがありますが、適量を守ることでむしろ健康や人間関係を上向かせる潤滑剤になります。初デートでお酒を飲むことは相手とより深く分かり合うための方法としてとても適したことなんです。

自分が気持ちよく酔えるアルコール量を把握することで、彼との仲が深まる最高の初デートにすることができます。以下ではアルコールの持つ良い面をご紹介しますので、飲んでみてこれらの特徴が出ているなと感じたら、お酒はそこで一旦止めてゆっくり彼との会話を楽しむと良いでしょう。

お酒の力で会話力アップ

ほどよく酩酊した時に多くの人に現れる特徴として、とてもおしゃべりになりやすいという点があります。「これを言ったら嫌われるかも」と普段物怖じして過剰に我慢している言葉も、お酒を飲むとスラスラと口に出やすくなるのです。

デートをする関係ですから基本的にお互いとても好意的に思っている部分が多いので、思っていることをなんでも話すというのは普段は恥ずかしくて言えないような相手への好意の言葉が多くなります。お酒でそういった好意の気持ちを簡単に伝える事ができるのでより二人の仲を親密にすることができるのです。

彼と2人っきりでも緊張しない

お酒を飲むと注意力が落ちてしまう事がありますが、これは転じて普段から過剰に気にしすぎている事から開放されるという事でもあります。彼にどう見えているかなど、気にしすぎていることを気にしなくなるので極めて自然に振る舞うことができ、彼との時間を楽しみやすくなります。

彼のことが好きなのにどうしても緊張して思うように話せない、という時にお酒は助けてくれるんですね。

酔ったふりをして甘えられる

お酒を飲むと気分が良くなって普段できないこともしやすくなりますし、一般的にそういう物だと受け止めてもらいやすい側面があります。このためお酒に酔っている時には普段は恥ずかしくて出来ないような甘え方もできるようになります。

酔っている時普段したくてもできない事、例えば抱きついて甘えたり頭をなでて貰ったりといった事もしやすい絶好のチャンスです。ほろ酔いでお酒を抑えて、あとは思う存分甘えられる時間を楽しみましょう。

初デートはお酒の力を賢く借りよう

初デートはこれから彼のことをより深く知っていったり、関係をさらに親密にするための大切な一歩です。ですがまだまだ緊張が残ってしまうのも初デートの問題と言えます。

そこでお酒をうまく活用することで一気に親密になったり、普段聞けなかった話を聞いたりすることもできます。彼との関係を前進させるためにお酒の力を上手に使って初デートを成功させましょう。

2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『with(ウィズ) 【メンタリストのDaigoがCMを務める人気の恋活アプリ】