2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『with(ウィズ) 【メンタリストのDaigoがCMを務める人気の恋活アプリ】

女性と出会って初めてデートをするときには、食事代などを割り勘にするかどうかで悩んでしまうかもしれません。デートでは、「男性が女性に奢るべき」という考え方もあります。ただ、「親しくない男性からお金を出してもらうのは気が引ける」という女性もいることは事実です。今回は、初デートで奢られたくない女性の心理に触れながら、デートで男性が奢るべきかどうかを検証していきます。

デートでは男性が奢るべき?

デートで男性が女性に奢るべきかどうかは、ケースバイケースです。このような疑問を抱えたときには、相手との関係や自分の気持ち、デートをすることになったきっかけなどを考えてみると良いかもしれません。

ここでは、割り勘にすべきかどうかで悩んだときの対処法をまとめてみました。

本命なら奢るべき

デートの相手が本命の女性のときは、食事代なども全て奢ったほうがいろいろな点でメリットがあります。このような場合、男性も「相手の女性を口説きたい」と強く思っているケースが多いですよね。

スマートなエスコートで良い印象を与えるためにも、割り勘にするのは避けた方が無難と言えます。

自分から誘ったのなら全額奢ろう

男性が自分からデートに誘ったときには、全額費用を負担するのがマナーと言えます。余り親しくない男性から誘われた場合、多くの女性はデートを承諾するかどうかで迷います。

自分のためにデートの時間を割いてくれた女性に報いるためにも、費用は全額男性が支払うのがベストです。

割り勘にするとあらぬ疑いをかけられる可能性

デートで割り勘にすると、印象が悪くなるだけでなく女性からあらぬ疑いをかけられるリスクが生じてきます。実際、デートの最中に男性から「割り勘にしよう」と提案された場合、女性の心にはさまざまな疑念が湧いてくることが多いです。

例えば、以下のような疑いを持たれる可能性があります。

既婚者でお小遣い制

デートで男性が奢らない場合、女性はその男性がなぜお金を使いたがらないのかを考えます。「独身であればお金を自由に使えるはずなのに」と疑問に感じるわけです。

そして、これといった理由が思い浮かばないと、「もしかしたら、妻からお小遣いをもらっている既婚者かも」と疑い始める女性もいます。

本命彼女が他にいてお金を使えない

男性が割り勘にすると、女性から「本命の彼女が他にいるのかも」と疑われる可能性もあります。本命の彼女とのデートにお金がかかるため、「あまりお金が使えないのではないか」と勘繰られるわけです。

このような疑いをかけられると、女性から不快に思われる可能性もでてきます。

慰謝料を支払っている

独身なのに男性がお金を使いたがらない場合、「離婚した相手に慰謝料を払っているのかも」と疑う女性もいます。バツイチの男性は、特にこのような疑いを持たれる可能性が高くなります。

結婚歴がない男性の場合も、「実は結婚していたことがあるのではないか」と疑われてしまうかもしれません。

借金がある

「借金があるのではないか」なども、女性がしばしば抱く疑念の1つです。実際、男性が割り勘にこだわる場合、「ローンの返済が大変でデート代が出せないのかも」と勘繰られるかもしれません。

このような疑いを持たれてしまうと、大幅なイメージダウンにつながってしまいます。

あえて割り勘にしたい女性もいるので注意

女性には、デートの費用を折半することにこだわる「絶対割り勘派」も存在します。また、何らかの理由があって男性から奢ってもらうのを嫌がる女性もいます。

デートの相手がこういった女性の可能性があるときは、男性側も奢るかどうかをよく考えてみた方が良いかもしれませんね。

デート費用の目安を解説!初デートで割り勘にする男性の心理も

デートで奢ろうとして断られたらどうする?

男性が奢ろうとしたときに、もしも女性から断られてしまったらどのような対処をすれば良いのでしょうか。女性は、必ずしも本心を口にしているとは限りません。
男性は、相手の女性のタイプや心理を考えながら対処法を決める必要があります。女性から断られたときの対処法を、ここではいくつか紹介してみましょう。

女性が「絶対割り勘派」なら割り勘にする

デートでの割り勘をモットーにしている「絶対割り勘派」の女性の場合は、相手の主義を尊重して素直に割り勘に応じるのが得策です。こういった女性に無理に奢ろうとすると、相手の感情を害してしまう恐れがあります。

以後もデートを続けていきたい場合は、女性の気持ちを理解してあげることも必要です。

次のデートで奢ってもらう

奢ることを女性から断られた場合、「次のデートで奢ってもらうから」と言って奢ることを相手に納得してもらうのも1つの方法です。こういったセリフは、やや冗談まじりに軽く言うのがコツ。

真面目な顔で言うと、状況によっては相手に余計なプレッシャーを与えてしまいます。

「今日はこっちが誘ったからいいよ」と言って奢る

「今日はこっちが誘ったからいいよ」と言ってお金を出すのも、奢ることを断られたときのスマートな対処法です。こう言われると、女性も「相手の好意に甘えてもよいかも」と思うようになります。

相手を気遣っていることが少なからず伝わるこのセリフは、女性の本心がわからないときにも便利です。

本当は奢ってほしい女性は多い!迷ったらこの選択肢がおすすめ

男性からお金を出してもらうことを口では断っても、内心では奢って欲しいと密かに思っている女性も少なくありません。いわゆる遠慮から奢られるのを断っている場合、男性から「自分から誘ったから」と言われれば、女性も素直に応じやすくなります。

相手の気持ちがわからなくて困ったときは、「今日はこっちが誘ったからいいよ」と言ってお金を出しましょう。

初デートで奢られたくない女性心理とは?

初めてのデートの前には、男性も奢られるのを拒否する女性の心理をある程度知っておいた方が良いかもしれませんね。男性からの申し出を断る場合、いろいろな理由が考えられます。

理由を知らないと、相手の気持ちを勘違いしてしまうこともあるため注意が必要です。ここでは、初デートで女性が奢られたくない理由をまとめてみました。

2度目のデートはないので貸しを作りたくない

女性が「2度目のデートはない」と思っているときには、貸しを作りたくないために男性からの申し出を断ることがあります。2回目のデートをするつもりがない男性から奢られてしまうと、女性としても何となく落ち着かない気持ちになります。

奢ることを拒否されたときには、相手の反応などをよく観察しておくと良いかもしれませんね。

2度目のデートはないので全額奢ってもらうのは気の毒

2度目のデートをするつもりがない場合、相手を気の毒に思う気持ちから奢られるのを断る女性もいます。第一印象が悪かったり、デートをしている間に違和感があったりすると、女性も「次のデートはない」と内心思っているケースがあります。

このようなケースでは、女性が相手から奢られる前に申し出を断ることがあるわけです。

2回目のデートに行きたい人・行きたくない人。場所や時間誘うタイミングは?

デート後にお礼のメールを送るのさえ嫌

「もう会いたくない」と思った相手に対しては、「デートの後にお礼のメールを送るのも嫌」という女性も多いもの。この手の女性の場合、食事代などを相手から奢られてしまうと、ストレスの種が1つ増えてしまうわけです。
デートの後のストレスを避けるために、あえて奢られるのを断るケースがあります。

男女平等にしたい

女性には、「男性から奢られると何となく自分が格下に思える」と感じている人もいます。こういった女性にとって、デート代を誰が負担するかはお互いの力関係にも関わってくる問題です。

自分が男性と対等な立場であることを確認するために、デート代の割り勘にこだわる女性も少なくありません。

稼いでいるので割り勘でもいい

高収入の女性の場合、自分のデート代をだしても懐に影響がないことが多いです。この手の女性の場合、「男性と同じくらい稼いでいるのだから、自分もデート代を出して当然」などの単純な理由で、奢られることを拒否することがあります。

こういった理由で奢られることを断るパターンは、年上の女性にも多く見られます。

本命の女性には奢りが無難!でも相手を見極めることも大切

デートの相手が本命の女性のときは、たとえ断られたとしてもとりあえず奢っておいた方が無難と言えるかもしれませんね。ただ、現実にはいろいろなタイプの女性がいます。

本命の女性が相手のときは、独りよがりの行動で相手の心情を害してしまうのは避けたいところでしょう。相手のパーソナリティや心理をじっくりと見極めることが、初デートでの失敗を避けるコツです。

失敗厳禁!初デートでお酒を飲むときの6つの注意点

2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『with(ウィズ) 【メンタリストのDaigoがCMを務める人気の恋活アプリ】