2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『with(ウィズ) 【メンタリストのDaigoがCMを務める人気の恋活アプリ】

初めてのデートはなにかと緊張するものですが、デートが無事に終わったらお礼のラインを忘れてはいけません。とは言え、どんなタイミングで、男女どちらから送るべきか?など分からないことも多いでしょう。そこで、今回はデート後のお礼ラインのタイミングや女性側から送るべきなのか、もしくは男性から送った方がいいのかなどシーン別に紹介します。

デートのお礼のラインはいつ送ればいい?

デートの後にまず悩むことは、お礼を伝えるタイミングですよね。あまりすぐにラインを送っても相手が疲れているかもしれませんし、かといって変に時間を空けてしまうと、結局ラインを送るタイミングを逃してしまったりするでしょう。

しかも男女どちらから送るべきなのかも少し迷ってしまいます。そこで、なるべく失敗しないデート後のお礼ラインのタイミングを身に付けておきましょう。

帰宅してすぐがベスト

やはりタイミングとしてはデートの後すぐがいいでしょう。解散してすぐに、お礼の言葉と楽しかったね、とかまた会いたいな、などの感想や次回につながる言葉は男女関係なく添えておくと、ラインをもらった方も嬉しいものです。

しかも今日のデートが成功したという証拠にもなるので、次回も誘いやすくなる効果もあります。

遅くても翌日までに

もしデートで少し遠出をしていたり、レイトショーで映画を見ていたりすると帰宅の時間も遅くなってしまいますよね。そんな時には、デート後にすぐにお礼ラインを送るよりは、翌日にした方がその後の話も弾みやすくなるのであえて翌日にするという手もあります。

二人で昨日のデートを振り返ってみるなどラインでの会話を続けたい場合や、翌日は仕事で朝早いという場合には翌日に送る方がおすすめです。しかし、翌日送るつもりでうっかりタイミングを逃してしまうというミスは、男女問わず忙しい人にありがちなので注意しておきましょう。

デートのお礼のラインは男女どちらから送るべき?

デートのお礼ラインのタイミングが分かったところで、次の疑問である男女どちらから送るべきなの?という疑問を考えてみましょう。あまり女性から積極的に送らない方がいいのかな?むしろ女性から送るのがマナーなのかな?などと迷ってしまいますよね。

もちろんデートには色々なパターンがあるので、シーン別に解説していきます。男女どちらから送ってもマナー違反ということはありませんが、その日のデートの雰囲気によっても見極めるのが大切です。

デート代が彼持ちなら女性から送るのが自然

まず一番ありえるパターンなのが、デート代を男性側が出している場合です。学生さんでも社会人でも初めてのデートは男性の顔を立てる意味でも、男性が全額出してくれるということはよくあります。

そして、この場合には、お礼のラインは女性から送るのが好印象です。金額の大小に関わらず、なるべく早いタイミングで送るのがいいでしょう。

食事をしたならお店や料理の感想を書いたり、どこかに遊びに行ったのなら具体的に何が楽しかったと書き添えたりして、楽しかった気持ちも伝えることも大切です。
男女問わず、こういったお礼の姿勢がきちんとできていることはその人の人柄にもつながることなので、しっかり押さえておきましょう。

割り勘の場合はどちらからでもOK

初めてのデートの場合は男女間で遠慮があったり気遣いがあったりで、デート代は割り勘にするということもありえますね。そんな時には、お礼のラインは男性からでも女性からでも問題ありません。

ただし、この場合でもタイミングは肝心なのであまり遅くならないように意識してラインを入れてみましょう。

割り勘の場合は送らないという女性も

ちなみに、割り勘の場合には、女性からお礼ラインをしてしまうと逆に男性側に気を遣わせてしまうことがあります。特に、男女で本当にきっちり割り勘にした場合などは、嫌みな印象に捉えられてしまう可能性を考えてあえてお礼のラインは送らないという女性もいます。

そのため、次に顔を合わせたり、他の用件でラインをしたりするタイミングなどに軽めにお礼を伝えるというのも一つの方法ですね。

デートのお礼はラインだけでいいの?

最後に気になるのが、デートのお礼はラインで伝えるだけで充分なのかな?ということでしょう。お付き合いをしている男女とは言え、やはり毎回ラインだけでは味気ないですよね。

そこで、お礼のラインの他に、効果的にお礼を伝えられる方法も知っておきましょう。タイミングを見計らって実践すれば、さらに感謝の気持ちが伝えられますよ。

基本的にはラインだけでOK!

頻繫にデートをしている場合には、その都度その都度のお礼のラインだけでも問題ないでしょう。男女間で見返りを求めているわけではないでしょうから、きちっといつも感謝していますよという気持ちを伝えるだけで男性としては嬉しいものです。

しかし、これも馴れ合いにならず、しっかり早めのタイミングでお礼を伝えるのが大切ですね。

いつも彼の奢りならたまにはお返しをしてあげよう

毎回のデート代はすべて彼が出してくれているという場合には、さすがに彼女として申し訳ないなと思うこともありますよね。特に、女性のほうが年上のカップルならば、なおさらそんな気持ちにもなるのも当然です。

そんな時には、せっかくなのでより男女の仲が深まるようなライン以外のお礼の方法も実践してみましょう。彼の様子やタイミングを見て行えば、彼もキュンとするはずです。

手作りお菓子をプレゼントする

彼が甘いものが好きなら手作りのお菓子を作ってプレゼントしてみるのがおすすめです。クッキーやパウンドケーキなど簡単なお菓子で構わないので、ラッピングをして特別感を演出して渡せば彼も喜んでくれるでしょう。

男女関係なくやっぱり甘いものをもらうとほっこりしますよね。デートの終わりのタイミングなどで渡せば、ちょっとしたサプライズにもなりますし女性らしい面をアピールすることもできるので、お礼ラインだけよりもずっと効果的と言えます。

部屋で料理を作ってあげる

男女どちらかが一人暮らしをしている場合には、お部屋で料理をふるまってあげるもの効果的にお礼を伝える方法です。彼の好きなものや好きな味付けを普段のデートでリサーチし密かに練習しておけば、きっと彼も感激してくれるでしょう。

そして、家庭的な一面を見せることもできるので、また彼の想いも深まるかもしれませんね。結婚を意識してお付き合いをしているカップルには特におすすめの方法です。
タイミングを見計らってお部屋デートに誘ってみましょう。

肩や背中をマッサージしてあげる

日ごろのお礼の気持ちやねぎらいの意味も込めてマッサージしてあげるのもおすすめの方法です。PC仕事や現場作業などあらゆる仕事で肩や背中は疲れがたまりやすい場所になります。

普段デートを重ねている中で、彼が疲れているかな?と思ったタイミングで、マッサージしてあげれば彼も自分のことを見ていてくれているんだなと感じますし、体だけでなく気持ちも癒されるでしょう。

もしマッサージが上手にできなくても、こういった気持ちやスキンシップで、お礼のライン以上に男女の絆は強くなりますよ。

ドライブデートの高速代など細かいお金は出す

お礼の気持ちはラインやプレゼントで伝えることも大切ですが、ときには行動で示すことも肝心です。例えば、デートの合間にちょっとした休憩で使ったお茶代や、高速に乗った時の高速代など、本当に些細な場面のお金なら女性が出すというのも効果的。

男女で割り勘負担にするのは、男性としてのプライドなどもありますが、こういった何気ないタイミングなら気の利く女性という印象になるでしょう。

感謝の気持ちを忘れずにいることが彼と仲良しでいられる秘訣!

お礼のラインを送るタイミングや、ライン以外に感謝の気持ちを伝える方法を紹介してきましたが、結局一番大切なのは感謝の気持ちを常に持っていることです。

また、男女間では感じ方も違うのでラインなどに頼り過ぎず、たまにはきちんとありがとうという言葉を伝えることを忘れないようにしましょうね。そうすれば、いつまでも彼と仲良しでいられるでしょう。

2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『with(ウィズ) 【メンタリストのDaigoがCMを務める人気の恋活アプリ】