2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『with(ウィズ) 【メンタリストのDaigoがCMを務める人気の恋活アプリ】

デートをする時に悩むのが、費用はどちらが出すか?という問題です。世間一般的には男性が支払うのがスマートと感じられていますが、全てのカップルが該当する訳ではありません。学生や社会人など立場によって状況も異なり、絶対に割り勘にしたいという考え方の女性もいます。今回はデート費用の相場、デート費用を出す男性の割合、そして初デートで割り勘にする男性の心理などについて調べてみました。

社会人のデート費用の平均は?

社会人ともなると自分でお金を稼いでいる訳ですから、デート費用も自由に出す事が出来ます。自由にお金を使える身である場合、デートにはどれぐらいの費用をかけるのでしょうか?

約8,000~10,000円

社会人の1回あたりのデート費用は、約8,000~10,000円という数字が出ています。もちろんカップルによって多少の差はあり、20代のカップルと40代のカップルでは、デートの内容も違ってきます。

例えば仕事帰りに一緒に食事をする、週末に家でゆっくり過ごすデートならそれほど費用はかかりません。一方、少し高級なレストランでディナーを楽しむ、日帰りを含む旅行をする場合は10,000円では収まり切れないかもしれません。

また社会人はお酒を飲む機会も多くなるので、その分デート費用が高くなる事が考えられます。

大学生のデート費用の平均は?

大学生の場合は大学に通う事が本業なので、アルバイトしか収入源はありません。社会人に比べるとデートに使える費用も限られてきますが、1回あたりのデート費用はどの程度になっているのでしょうか?

約3,000~4,000円

大学生カップルの1回あたりのデート費用は、一番多いのが約3,000~4,000円となっています。この費用に収めるデートは、一緒に食事に行く、ドライブを楽しむ、映画を観に行く、動物園や水族館鑑賞、カラオケといった内容になります。

またオシャレなカフェでお茶をする、居酒屋でお酒を飲むといったデートになると、もう少し費用がかかり4,000~5,000円は見積もっておかなければいけません。場所代や交通費など余分にかかる費用も出てくるのです。

毎回リッチなデートをするとお金も持たないので、誕生日や記念日など何かのイベントにデート代を奮発するカップルが多い傾向にあります。

記念日デートはコース料理で決まり!超人気店12選を紹介

高校生のデート費用の平均は?

社会人や大学生に比べると、明らかにデートに費用がかけられないのが高校生です。部活動に受験勉強とする事が多いため、アルバイトが出来る人も限られていますが、果たして一般的な高校生のデート費用はどれぐらいなのでしょうか?

約1,000~1,500円

高校生カップルの平均的なデート費用は、約1,000~1,500円となっています。デートに費やせるのは貯めていたお小遣いやアルバイトで稼いだ分となり、自由気ままにお金を使える訳ではありません。

そのため週末にボーリングやゲームセンターに遊びに行く、ショッピングに出かけるといったデートが定番となります。ただ高校生の場合は一緒に過ごせると何をしても楽しい年頃なので、学校から一緒に帰る、自宅や図書館で一緒に勉強するといった事も立派なデートになります。

特別な日のためにお金を残しておけるよう、普段のデートではなるべくお金をかけないように頑張っているカップルも多いです。

デート費用は男性が出すのが基本?

昔からデート代を支払うのは男性という風潮があります。この問題に関しては意見が分かれるところであり、絶対に女性には支払わせないという男性もいれば、男ばかりが支払うのは不平等だと感じている男性もいます。

なかなか他の人にデートの支払い事情を聞く機会は無いですが、一般的にデート費用を出す男性はどれぐらいの割合なのでしょうか?また一方で、デートは割り勘にすべきと考えている男性は何割ほどいるのでしょうか?

デート費用を出す男性は過半数以上

全体的にみると、デート費用を出す男性が過半数を占めます。全て男性が出すか、または男性の方が多めに支払うケースが多くなっています。

男性がデート代を出そうとするのは、やはり相手からよく思われたいという気持ちがあるからです。デートに誘った相手が気になる女性なら交際まで発展させたい、付き合っている彼女とのデートなら「頼りがいがある」と思われたいといった心理が見え隠れします。

もちろんデート代を全て支払う男性の懐事情は人それぞれです。デート代ぐらい難なく出せる人がいる一方、少し無理をしてでも女性に払わせたくないと頑張っている人もいます。

割り勘派は10%以下

もちろん割り勘派もいますが、全体からみて10%以下の数字になっています。そしてこの10%の中でも、カップルによって思いや意図は違います。

男性自身がデートは絶対に割り勘にすべきと考えているケースもあれば、女性の方が気を使うからという理由で割り勘を提案してくる事もあります。また女性の方が年齢が高い、収入がある、社会人の女性に対して男性は学生というような関係であれば、割り勘どころか女性の方が積極的に支払うケースもあるのです。

ちなみに大学生や高校生カップルになると、お互いにお金が無い事もあり、デートは割り勘と決めている事が多いです。

初デートで割り勘にする男性心理とは?

気になる男性とデートする事になれば、女性は今後どのような展開になるかドキドキするものです。そしてデートの日、一緒に食事を楽しんだ後に男性から割り勘を提案されると、女性は少し拍子抜けするかもしれません。

本来なら初デートは気合を入れるはずというイメージがあるため、男性がどのような気持ちであるのか不安に感じてしまうのです。初デートで割り勘にする男性はどのような思いがあるのでしょうか?

2回目のデートはないと思っている

女性には頭の痛い理由ですが、2回目のデートは無いと考えている場合です。友達から紹介されたけれど好みでは無かった、また一緒に過ごしている中で気に入らない部分があった等が理由として挙げられます。

つまりこのタイプの男性は、次も会いたいと思う女性なら割り勘ではなく全額支払うか、または自分の方が多めに出すと提案してきます。そして興味がない相手には、余計なお金を支払いたくないというシビアな考え方を持っているのです。

本命ではないがキープしたい

いわゆる遊び人タイプの男性も割り勘派の傾向があります。既に本命の彼女がおり、交際費は彼女の方に回したいという考えがあります。

しかし時々遊びたいという思いもあって、言葉巧みにキープの女性も作っています。ただ残念ながらキープの女性には、それほどお金を払ってあげる余裕がありません。

またあくまでもキープしている女性なので、相手からどう思われても気にする事が無いのです。変に良い所を見せようとする必要も無いので、支払いも堂々と割り勘を提案出来るという訳です。

男性が奢るという考えがない

そもそも男性が奢るという考えが無い人もいます。このタイプは決して悪気がある訳ではなく、本命であっても本命で無くても基本的にお金の出し方に差はありません。

特に若い世代には、お金をたくさん支払う事で女性にアピールできるという考え方が浸透していないのかもしれません。男性に奢って欲しいという思いが強い女性にとっては、少し物足りなさを感じるタイプの男性です。

デートでは男性が奢るべき?初デートで奢られたくない女性心理とは

お金を節約したい

お金を節約したいから割り勘にする男性もいます。単にお給料が少ないとか、自分が生活するだけでも必死の状態では、自由にデート代を支払う事も出来ないのです。

また本来なら女性のデート代ぐらいは奢る余裕があるけれど、必要と感じないお金は支払いたくない、貯金して将来に備えたいといったタイプの男性も含まれます。女性からすると、自分よりお金を持っているはずの男性に割り勘にされるのはケチと感じるかもしれません。

しかし将来を見据えると、お金があるだけ使ってしまう浪費家より、堅実な節約家の方が結婚した時に安心感が持てます。単なるケチなのか倹約家なのかは、付き合っていく中で見極めていくしかありません。

おすすめの節約デートアイデアを紹介!東京の節約デートスポットも

2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『with(ウィズ) 【メンタリストのDaigoがCMを務める人気の恋活アプリ】