2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

【1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

【1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『youbride(ユーブライド) 【大手企業ヤフーが運営!恋に真剣な20代後半〜30代後半におすすめ!】

気になる相手とデートする事になった時は、ぜひ写真も撮っておきたいものです。素敵な写真を撮る事が出来れば、SNSにもUPしたくなるかもしれません。ただ付き合う前の関係だと、お互いにどのようなポーズで写真を撮れば良いのか迷うところです。今回は友達以上恋人未満の相手と自然に写真が撮影できるテクニック、おススメのポーズについて調べてみました。

デートで写真撮影するときのテクニック

デートをする時は積極的に写真を撮っておきたいものです。もちろん2ショットでないと意味が無いのですが、自分達で上手に写真を撮影するにはどのようなテクニックがあるのでしょうか?

2ショットは斜め上から

2ショットでお互いの顔がおさまるよう写真を撮影する時は、斜め上から撮るのがポイントです。20度ぐらいを目安に少し上から写真を撮ると、顔のサイズが小顔になったり、目元が強調されて普段より目が大きく見える効果があるのです。
撮った写真は自分だけではなく、もちろん相手側も見る事になりますから、少しでも可愛く見えるよう写真写りも気にしたいものです。

全身写真は下から

2ショットは上から撮った方が良い写真になりますが、全身写真の場合は下から撮るのがポイントです。下から撮影する事で足が長くスタイルが良く見えるのです。
自分達で撮影する時は、少し離れた場所にカメラを置いてセルフタイマーを使います。もし他の人に写真撮影をお願いする場合は、「下から撮って欲しい」と伝えておくのが良いかもしれません。

セルカ棒があると便利!

自分達で2ショット写真を撮る場合、カメラと顔面の距離は腕の長さにかかってます。腕をギリギリまで伸ばしても、その距離には限界があるのです。

こんな時に役立つのが、自分撮り用に使う専用スティックのセルカ棒です。リーズナブルな値段で持ち運びも苦にはなりません。

セルカ棒があれば無理な姿勢で写真撮影をする必要が無くなり、後ろの背景も気にしながら撮影出来るので、より満足度の高い写真が撮れるようになるのです。

たくさん撮影する

写真はいっぱい撮っておいても損する事はありません。せっかくのデートなのに1枚や2枚ぐらいしか写真を撮っていなければ、もしその写真の写りが悪かった時、後で見返す気持ちも失せてしまいます。
自分も相手も写りの良い写真となると、実はたくさん撮影してもほんの数枚という事も有り得ます。保険の意味も兼ねて、同じスポットで何枚も撮っておいた方が安心です。
また最初は写真を撮る事に緊張して不自然な表情であったとしても、何度か撮っていく事でナチュラルな表情になっていくという効果もあります。

セルフタイマーを活用する

全身写真を撮る時はセルフタイマーを活用したいものです。アップの写真ばかりより、背景も入っている写真があった方が思い出に残りやすいです。
またセルフタイマーを使うと、真正面を向いている写真だけではなく、ポーズの種類を増やす事が出来ます。お互いに向き合った写真や二人の後ろ姿など、いつもとは違う角度から撮る写真はオシャレに仕上がります。

デート写真のインスタ映えポーズ

楽しいデートとなれば、その時に撮影した写真もSNSにアップしたくなるかもしれません。そんなテンションが上がるような写真にするためには、どのようなポーズがおススメなのでしょうか?

ほっぺたにキス

ほっぺにキスは唇のキスよりもソフトな印象を与えます。いやらしさは感じさせず、SNS上でも映える写真となります。
特にまだ付き合う前の間柄なら、密着度もここまでが限度かもしれません。ただほっぺにキスをされるとドキッとする男性も多いので、このポーズがきっかけで急速に関係が深まっていく可能性もあります。

ほっぺたをくっつける

お互いのほっぺたをくっつけるポーズは仲の良さをアピールする事が出来ます。爽やかなカップルといった印象で、周りに人がいる環境でもそれほど恥ずかしさを感じる事はありません。
既に付き合っているカップルはもちろん、付き合う前の関係でも自然なポーズです。自撮りしやすく、見ている側もほっこりするような写真に仕上がります。

彼目線の手つなぎ写真

彼目線で手を繋いだ写真もオシャレです。SNSにアップする時、彼の写真は載せたくない場合もカップルの雰囲気を演出する事が出来ます。
もちろん彼に写真を撮ってもらう訳ですが、他の写真とはテイストの違う特別な1枚になりそうです。

手でハートを作る

数ある写真のポーズの中でも、定番になりつつあるのが手でハートを作るポーズです。女性の友達同士でもよく見かけるポーズなので、身構える必要はありません。
ハートを作って空にかざす、またはハートの中に景色を入れる事でさらにオシャレ感を出す事が出来ます。

スイーツを食べる瞬間

美味しそうなスイーツを目の前にすると、思わず無邪気な表情になってしまうものです。食べる瞬間はまさにベストタイミングで、よりナチュラルな表情で写真におさまります。
ついでにスイーツも写真で撮っておけば話のネタになり、多くの人から共感を得る事も出来ます。

同じポーズで撮る

男女ともに全く同じポーズで写真を撮るのも良いアイデアです。少しふざけた感じでポーズをとると、見ている人も思わずクスッと笑ってしまいます。
実は実践している本人達も楽しいもので、次はどんなポーズにしようかと自然に会話も弾みます。

インスタ映え必須!フォトジェニックなデートスポット14選

付き合う前のデート写真は相手の意思を尊重して!

デートをするとなった時、自分は写真を撮る気満々でも、相手が同じ気持ちとは限りません。特に付き合う前の関係だと、相手がどのような考え方を持っているのかもわからない状態です。
写真を強要する事でせっかくのチャンスを無駄にしてしまう可能性もあるため、相手の意思を尊重する事が大切です。

写真が嫌いな男性もいる

写真を嫌がる男性は意外と多いです。写真に写った自分の顔が嫌、ポーズを撮るのが恥ずかしいなど、その理由も様々です。

もしかすると初めてのデートでは頑張って写真を一緒に撮ってくれるかもしれませんが、それが何度も続くとウンザリしてしまうものです。そして嫌々写真を撮るため、楽しそうな表情にはなりません。

嫌な事を強要されてはデートも楽しめなくなるため、写真嫌いな男性には無理強いしない事が賢明です。

撮るのが面倒

単純に写真を撮るのが面倒と感じる男性もいます。1枚ぐらいなら良いとして、同じような場所で何枚も撮ったり、歩く度に「写真を撮ろう」と言われると段々苦痛になっていくのです。

自撮りで2ショットを撮る時は男性がシャッターを押す事が多いですが、ブレたり写りが悪いと文句を言われる事もあり、それが積み重なって写真嫌いになっていく人もいます。

いい年して恥ずかしい

子供の頃は親によく写真を撮られていた人でも、成長するに連れて写真を撮る機会が減っていきます。女性の場合は友達同士でよく撮る光景が見られますが、男性は女性ほど写真に執着心はありません。

写真を撮る時はポーズを決めたり、ニコニコとレンズに向かって笑いかけます。普段からあまり写真を撮ってない人からすると、いい年して恥ずかしいと感じてしまうのです。

SNSにアップされて誤解されたくない

女性は気になる相手とデートして、素敵な写真が撮れるとSNSにアップしたいと考える人が多いかもしれません。ただ男性側からすると、勝手に写真をアップされて他の人に誤解されたくないと感じている場合もあるのです。

職場など知人に知られて冷やかされるのが嫌、またはそこまで気持ちが追い付いていない事もあり、相手の気持ちを無視した行動はマイナスポイントになってしまう可能性があります。

彼と協力してSNS映えするデート写真を撮ろう!

彼とのデート写真を撮る場合は、相手の気持ちも尊重し無理強いしない事が大切です。もし相手も写真を撮りたいと思うタイプなら、写真撮影も含めたデートを楽しむ事が出来ます。

それぞれがアイデアを出して協力し合う事で、唯一無二の楽しい写真が撮れるかもしれません。写真はいつまでも思い出として残り、その写真を見返す度に淡い感情を楽しむ事が出来るのです。

2019年最新 / 出会いがない方必見
▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

【1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

【1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『youbride(ユーブライド) 【大手企業ヤフーが運営!恋に真剣な20代後半〜30代後半におすすめ!】