2019年最新 / 出会いがない方必見 ▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

【1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

【1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『youbride(ユーブライド) 【大手企業ヤフーが運営!恋に真剣な20代後半〜30代後半におすすめ!】

大好きな恋人との楽しいデートは普段の疲れも吹き飛ぶとても幸せな時間ですが、もしその予定日と生理がかぶる事になるとそれどころではなくなってしまうかもしれません。症状に個人差はあるものの、酷い貧血や気分の苛立ちで恋人とのケンカになってしまったら何のためのデートかもわからなくなってしまいますよね。そこでデートと生理がかぶらせない為の予防策を調べてみました。

生理中のデートがつらい理由

仕事や勉強の合間を縫ってなんとか作れたデートの予定日に、生理のタイミングが重なってしまうことはそう珍しくありません。しかしそんな状態でのデートは生理中のつらさやダルさによって集中できず、デートを楽しみづらくなってしまうばかりか、思わず恋人にキツく当たってケンカの原因となってしまう事もあります。

生理の症状や強さには個人差が強く出ており、これは性格などの問題ではなく実際に体に起きている不調からくるものなので、普段どのように穏やかでも生理中だけは余裕がなくなってしまいがちです。では具体的にそれらデートの阻害する生理の症状はどのようなものがあるのでしょうか?

貧血になるから

生理による出血は体から血と鉄分を大きく失います、普段食生活に気をつけて血を作るための栄養素をたくさん摂っていたとしても、生理中の出血が多い人の場合はどうしても貧血が起きてしまいます。

貧血の症状は原因不明の倦怠感や肩こり、頭痛、疲れやすくなり朝が起きづらくなる、動機がするなどがあり、楽しい気分に浸ることは難しくなります。また通常の貧血と違い、生理による貧血が起きる時は血液を多く失っているので、血液不足による低血圧が起きて上半身や脳への血液が不足し、ふらつきやめまいなども起きます。デートが楽しめない以上に、外出自体が危険な状態であると言えます。

生理痛がひどいから

生理中は生理痛という独特の強い痛みが絶えず襲ってきます。個人差はあるものの、痛みというストレスにさらされた時に人は防衛本能が強くなり、何かを受け入れたり優しくするといったことが非常に難しくなってしまいます。生理痛にはプロスタグランジンという物質が分泌されることが要因の一つとされており、これはホルモンに似た物質で、分泌によって子宮の収縮、子宮への血流を減少、子宮内の神経を痛みに敏感にさせるなどの作用が見られます。

また排卵後には黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が増えることで自律神経のバランスが崩れることで頭痛や胃痛、イライラなどを引き起こすことがわかっています。またこの黄体ホルモンは乳腺を発達させる、体温を挙げる、体内の水分を引き出すなどの作用もあり、乳腺の発達が促進されることによって乳房の痛みを伴うこともあります。

イライラするから

生理によるイライラは黄体ホルモン(プロゲステロン)によって起こされる事は前述しましたが、それに加えて卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量も大きく上下します。

排卵後に卵子が受精しなかった場合これらの女性ホルモンは分泌量が急激に減少することになりますが、女性ホルモンの急激な変動に反応して、脳内の他のホルモンや神経伝達物質にも影響が出てきてしまいます。この際精神を安定させる作用をもつセロトニンも分泌量が一緒に低下してしまい、些細なことでもイライラしやすくなるなどの感情の昂ぶりを起こす要因とされています。

生理中にデートしたくない!そんなときは事前に彼に伝えよう

せっかく待ちに待ったデートの日になったのに生理が来てしまうともはやデートどころではなくなってしまいますし、嫌な思い出にはしたくないためできれば日をずらすか中止にしてゆっくり休みたいところです。

しかし男性には生理が無いのでなかなか事前にそういった事があるという覚悟や懸念もありませんので、急に伝えてしまうと諦めきれなかったり、不満を感じさせてしまうことがあります。なるべく事前によく話し合って生理による問題意識を共有しておくのが、生理による予定変更などで起きる誤解を防ぐ最善策と言えるでしょう。

生理の予定日を伝えておく

恥ずかしくて勇気が必要かもしれませんが、事前に恋人へ自分の生理予定日を伝えて置くのは非常に有効な方法です。予め相談をしておけば納得してもらえる確率も高くなりますし、いざ生理によるデートの中止が起きてしまった時も「前から聞いていたから」と理解を示してもらえます。

また日取りを決める際も予定日を鑑みて事前にズラすなどの対策も取りやすくなります。仮に生理予定日とお互いどちらかの誕生日が被ってしまったとしても、生理がきてしまうことがわかっていれば、極力負担の少ない家デートなどに変更するなど様々な手段を取ることができます。

急に生理になったときは早めに伝える

生理は個人差によって来るタイミングが違いますし、生理不順などの場合は急に来て思いもしないタイミングで予定を潰されてしまうこともままあります。恋人に伝えることがためらわれたり、もしかしたら当日には収まるかも?などと思ってしまうかもしれませんが、生理が来てしまった時はなるべく早く相談をした方が良いでしょう。

デートの日に近くなればなるほど強いショックを与えてしまいますし、空いてしまった予定を他の何に使うかを考えるためにも時間は必要です。伝える際は一方的に生理でいけないことを伝えるのではなく、どうしようか?と相談するようにした方が良いでしょう。生理は避けられない事ではありますが、彼にも一緒に考えて「やっぱり中止にしよう」と答えをだすために考える時間は必要です。

生理不順の女子はどうすればいいの?

生理は決まった日に来る人もいれば、毎月バラバラで不定期にやってくるという人もいます。こうなってしまうと、どんなに予定を決めてそれに向けて気をつけていても、生理と予定のバッティングは避けられない事が多いと思います。

しかし生理不順は体質の問題もさることながら、何らかの生活習慣等が原因になって起きていることが多く、対策を取ることで改善したり、周期が安定する事もあります。

産婦人科で検査してもらい原因を知ること

何をおいてもやはり一番確実で効果が高いのは、専門家による判断になります。産婦人科での検査でいま自分の体がどのような状態にあるのか、健康状態や栄養状態を見ることで生理不順の原因となっている部分を知ることが解決の近道になります。

生理を整えるための食事方法や生活習慣のアドバイス、生理に効く運動やストレッチ、体操などを聞ける事もあり、場合によっては大きく改善する可能性があります。

無理なダイエットを避けて食事の栄養バランスを意識する

女性ならば多くが気をつけている体重、普段の食生活などにも気を使ってダイエットをしているという方は多いのではないでしょうか。しかし無理なダイエットを行うことによって生理の過程で起きる「卵子を育てる」「子宮の中で子宮内膜を形成する」などの工程が上手く行えず、生理が伸びたり来なかったりする場合があり、それによって予定日が狂う生理不順が起きる事があります。

どうしても生活リズムや時間の問題で難しい事は多いと思いますが、食事は栄養バランスを考えてしっかり摂り、ダイエットは運動での脂肪燃焼を軸に行う方が良いでしょう。

睡眠時間を十分にとる

睡眠不足は免疫力の低下や倦怠感だるさなど数多くの症状の原因となっています。ストレスも溜まりやすい状態なので自律神経が不調をきたし生理にも大きく影響します。

また就寝前の1~2時間から実際に睡眠している最中は、脳の松果体から睡眠ホルモンであるメラトニンという物質が分泌されており、このメラトニンには生活リズムの調整などを行う作用があります。睡眠不足によりこれが狂ってしまうと生理のタイミングもバラバラになってしまうとされています。

どうしても生理とデートがかぶるのが嫌ならピルを飲む方法も

どうしてもデート予定日に生理がかぶる場合や記念日など絶対に外せない日に生理が来てしまいそうなら、ピルを飲むというのも方法の一つです。

薬で体の動きを操るわけですし、一般的に良いイメージが持ちにくく怖いと感じる人も多いですが、日本以外の国では非常に一般的な方法として用いられていますし、昨今では低用量ピルなどの極力少ない作用で生理をコントロールする物も出てきました。医師の診察を受けて量を設定してもらえばより安全度も高いので方法の一つとして考えると良いかもしれません。

ピルで生理を早める

かなり早い段階から計画を立てていて生理の周期も安定しているのであれば、ピルによって少し早く生理を起こして終わらせてしまう事もできます。実際には生理が始まって5日目までにピルの服用を始めて、実際に生理を早めて起こしたい日(いつもの生理周期の1週間前など)に服用を終えます。

するとピルの服用をやめたタイミングで生理が起こすことができます。ピルによって生理を早めることの利点は、生理を避けたい当日に薬を飲む必要がなくなることです。実際には先に終わらせているので、後は何も気にすることなく過ごすことが出来ます。

ピルで生理を遅らせる

あまり予定日まで時間の余裕がない時は、ピルで生理を遅らせる方法が良いでしょう。生理が来そうな日のおよそ5日前から飲み始めて、生理を避けたい日まで1日1錠飲みます。この服用を続けている間は生理は来ませんので安心して過ごすことができ、ピルの服用をやめれば生理が始まります。しかしいつもの予定日から長くても10日ほどしか生理日の移動はできません。

ピルで120日間生理を止める

120日間の長期間に渡り生理を止めることが出来るピルもあります。超低容量ピルのヤーズフレックスという物で、生理の3日目から飲み続ける事で飲んでいる間の120日間は生理が起きません。120日のあとは4日間の休薬期間を置き、また同様に薬を飲み始めることで次の120日間も生理を止めることが出来ます。

家が近く日常的に一緒にいたり、同棲している場合などで生理によるイライラを恋人にぶつけなくて済むという大きな利点があり、薬への抵抗感がない場合、生理の症状が重い、生理不順で予定が上手く立てられないといった場合に良い選択肢となりえる方法です。

2019年最新 / 出会いがない方必見 ▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

【1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

【1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『youbride(ユーブライド) 【大手企業ヤフーが運営!恋に真剣な20代後半〜30代後半におすすめ!】