最新! ▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

【1位】 『Match(マッチ) 【12ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに多い

【2位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『youbride(ユーブライド) 【大手企業ヤフーが運営!恋に真剣な20代後半〜30代後半におすすめ!】

デート当日になっても準備がめんどくさいと感じたら、それは相手のことが好きじゃないのかもしれません。相手を傷つけずにどうすれば上手に断ることができるのでしょうか。今回は、デートがめんどくさいと感じてしまう本当の心理について詳しく解説していきます。また、断り方やドタキャン時の対応などについて触れていきますので参考にしてみてください。

デートをめんどくさいと感じる男女の心理とは?

デートに行くのを面倒だと感じる心理には一体どんなことがあるのでしょうか。本来デートとは互いに好意のあるもの同士が一緒に出掛けることを言います。

好意のある人と一緒に居られる時間は楽しいはずなのになぜか気乗りしないってことありますよね。今回は、その心理について詳しく解説していきます。

相手のことを好きじゃない

デートがめんどくさいと感じてしまう心理の一つに「相手のことを好きじゃない」ことがあります。好意がない相手と出かけるのは誰でもめんどくさいと感じるもの。

好かれているという事実は心地が良いものですが、自分自身が相手に興味がないので一緒に過ごす時間が憂鬱になってしまうのです。そのような状態は相手に失礼ではありますが、デートをめんどくさいと感じる理由の多くが相手に好意がないことによるものなのです。

本当に好意のある人とデートに行くとなれば、ワクワクドキドキが止まらない状態になってもおかしくありませんし、緊張で前日は寝られないなんてことも珍しくありません。そのような感情が一切湧き出てこず、ただただめんどくさいと感じるのであれば、それは相手のことが好きじゃないからかもしれません。

デートのプランを考えるのがめんどくさい

相手に好意はあるし、デート自体は行きたくないわけじゃないけれど、デートのプランを考えるのが憂鬱でめんどくさいと感じるという人もいます。これは男性側に多い傾向なのですが、彼女を喜ばせなくてはいけないという気持ちや格好つけたいという気持ちが先行してしまう為です。

彼女に素敵と思わせるデートプランを考えるのはとても大変な作業であり、多くの男性がめんどくさいと感じています。自分の行きたいところばかりに連れまわすのもどうかと思うし、かといって相手がどこに行きたいのかなんて分からないというのが本音でしょう。

二人にとって最初のデートであれば気合も入りますが、それ以降になると考えるのがめんどくさいと感じてしまう人も少なくありません。

デートで出かけるのがめんどくさい

デートが嫌というよりも、外に出掛けるのがめんどくさいと感じる人もいます。約束した手前行かなくてはいけないことは頭で分かっているものの、出掛けるのがめんどくさいのです。

デートで行く予定の場所がある場合、そこに行くことすらめんどくさいわけです。待ち合わせ時間に間に合うよう支度している段階ですでに行きたくないという気持ちが芽生えてしまう人もいます。

出不精と言えばそうなのかもしれませんが、楽しいデートの経験がなかったり、デートで行く場所に興味がない場合は気乗りしないのも仕方ないのかもしれません。

休日は家でダラダラしていたい

休日は外に出たくないと感じる人はデート向きではありません。休日ぐらい家でダラダラ過ごしたいのに相手の手前仕方なく約束してしまった時は、家に居たい気持ちと行かなくてはいけない気持ちで葛藤が生まれるのではないでしょうか。

外に出ればたくさんの人がいますし、デートなどでよく利用されるスポットはカップルでごった返しています。そのような状況が苦手な人や単純に人混みが苦手な人にとってみれば、休日に疲れるようなことをわざわざする必要があるのだろうかと疑問を感じるのです。

相手の手前我慢して出掛けるものの、本当は家でのんびり映画を観ていたいという人もいるでしょう。相手が同じようなインドアタイプであればめんどくさいと感じることはありませんが、アクティブなタイプだと合わせる方が負担に感じてしまう傾向があります。

お金をかけてまでデートしたくない

デートに出掛けるとなると、レジャースポットの入場料や映画のチケット代、食事代などたくさんのお金がかかってしまいます。デートの度にお金が出ていくとなると、交際費がかなり嵩んでしまいます。

お金がたくさんある人であれば気にしないかもしれませんが、学生や社会人になってまだ日が浅い人にとっては、デート代というのはかなりの負担になってしまうのです。特に男性が女性に奢ることをモットーにしている場合は、見栄も相まって出費が増えてしまいます。

いくら格好つけたくても出費ばかりが続くとデートに対して気乗りしなくなるでしょう。お金をかけないデートプランを考えてくれる相手であればいいのですが、そうじゃない場合はデートそのものをしたくないと感じるようになります。

デートをめんどくさいと感じるときの対処法!

デートに行くことがめんどくさいと感じた場合、どのような対処をすれば良いのでしょうか。最初からデートを断るのがいいのか、約束はしたものの当日ドタキャンするのがいいのか、詳しく解説していきます。

会う頻度を減らす

毎日のようにデートをしている場合は、頻度を減らしてみるというのも気持ちに変化が出てくる方法の一つです。どんなに親しい間柄であっても毎日顔を合わせていれば話すこともなくなりますし、楽しさも感じにくくなります。

頻回に会っていたのであれば、会う回数を減らすことで新鮮さを取り戻せるでしょう。毎日会いたいと感じるタイプの相手に会う頻度を減らすことを提案すると、好意が無くなったのかと不安にさせてしまいますので、うまい理由を見つけておくと安心です。

例えば「勉強が忙しくて」とか「仕事が立て込んでいる」などの理由であれば、相手に不快な思いをさせずに距離を置くことができます。会う回数を減らすことで、会える日を楽しみにすることができる手っ取り早い方法の一つです。

外出ではなく家デートにする

デートをめんどくさいと感じる理由が「休日に外に行くのがめんどくさい」「準備するのがイヤ」という場合は、外でのデートではなく家デートにしてみれば解決することがあります。外に出ること自体が億劫なのであれば、家で楽しい時間を過ごせばいいのです。

家デートの魅力は誰にも邪魔をされないという点です。二人きりでのんびり過ごすこともできますし、イチャイチャするのもし放題ですので、周囲の目を気にする必要がありません。

映画やドラマを一緒に観るのもいいのですが、漫画を読んだり、寝転がったりなどお互いに好きなことをしながらも、同じ空間にいるという心地よさが味わえるのは家デートだけです。外デートがめんどくさいと感じたら家デートを提案してみましょう。

デートに新鮮味をプラスする

マンネリしたデートばかりが続くと、デートが楽しいものではなくなってしまいます。そこで提案したいのが、いつもとは違うことをデートにプラスする方法です。

例えば、いつもは電車や地下鉄などで移動して出掛けていたカップルなら、レンタカーを借りて普段行けない場所までドライブしてみてはどうでしょうか。いつもとは違ったデートを楽しむことができます。

また、ライブやフェスなど非日常を味わえる場所へ行くというのも新鮮味があり、お互いの距離を近づけてくれるでしょう。デートにマンネリを感じた時は新しいことを提案してみてください。

めんどくさいデートを断る上手な方法とは?

気乗りしないデートを断りたいが、どのような断り方をすれば相手を傷つけずに済むのか分からないという人もいるでしょう。相手に失礼のないデートの断り方をご紹介していきますので、デートを断りたいと考えている人は是非参考にしてみてください。

マンネリ化するのが嫌なので会う頻度を控えたいと言う

頻回にデートをしているカップルであれば、話し合いで解決できることがあります。例えば、「頻回に会うことでデートがマンネリして、会う楽しみが減ってしまうのが嫌」ということを上手に伝えられれば相手も納得してくれるでしょう。

中には毎日会わないと嫌という人もいるでしょうが、そのような場合は短時間だけ会うようにするなど工夫することが大切です。マンネリというのは相手に対して飽きてしまうことにも繋がりかねません。

せっかく好意を持っている同士がデートをするのですから、相手に飽きてしまうことなくいつでも新鮮な気持ちで会えるよう工夫することを提案してみてください。

正直に言って理解してもらうのが一番!

デートがめんどくさいということを直接伝えてしまうのも一つの方法です。相手のことが嫌いだからデートに行きたくないわけではなく、あくまでもデート自体がめんどくさいと感じていることを伝えましょう。

回りくどい言い方をしてしまうと逆効果になりますので、正直に伝えるのが一番です。伝えた結果、ニーズに合わせてもらうことができるようになるかもしれません。

ただし、いくら正直にといっても相手を傷つけるような言葉で伝えないようにしてください。ただ「めんどくさい」と言われるのはとても気分の悪いものです。その理由も添えて伝えましょう。

仕事や趣味で忙しいと言う

直接的に伝えると揉めそうだと感じる人は、仕事や趣味で多忙であると伝えてください。やらなければいけないことがある人を無理にデートに誘う人はそういません。

特に仕事などで忙しいのであれば、休日はゆっくりしていたいという気持ちも伝わるでしょう。趣味で出掛ける用事がある場合も同様ですが、あまりにも頻回にそれを理由に断ると、避けていると感じさせてしまうかもしれません。

仕事や趣味で多忙というのが実は嘘だとバレた時は相手との関係性も悪くなりますので、バレないように気を付けましょう。

ドタキャンはNG!修復不可になる恐れも

いくらデートがめんどくさいとは言え、当日ドタキャンするのはルール違反です。そもそも最初から気乗りしないのであれば、早い段階で断りを入れるべきでしょう。

デートの準備をしていた相手の時間や気持ちを一気に挫いてしまう行為ですので、ドタキャンするのは避けてください。せめて前日までに断りの連絡を入れるようにしましょう。

ドタキャンが何度も繰り返されると相手との関係が修復不可能になることもあります。相手との関係を失いたくないのであれば、誠意ある対応を心掛けてください。

最新! ▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

【1位】 『Match(マッチ) 【12ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに多い

【2位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『youbride(ユーブライド) 【大手企業ヤフーが運営!恋に真剣な20代後半〜30代後半におすすめ!】