2019年最新 ▼当サイトで人気のヨガスクール・教室

【1位】 『CALDO(カルド) 【20ヶ月連続人気トップ!超人気ヨガ】 初めて行くなら絶対にいっておくべき!

【1位】 『LAVA(ラバ) 【土屋太鳳さんのCMで有名、人気・知名度ナンバーワン】

【3位】 『zen place 90分の体験で1,000円!の格安ホットヨガ

ホットヨガと聞いて、皆さんはどのようなイメージを持ちますか?暑い部屋の中で大量の汗を流しながらヨガをするとしたら、ダイエットに効きそうだな…というようなイメージでしょうか?一方で、「ホットヨガはダイエットに効果ない」という噂も耳にします。ホットヨガに通っていれば、食事のとり方や通う頻度などは全く考えなくてよいのでしょうか?以下で検証していきたいと思います。

ホットヨガのダイエット効果が無いと言われる理由

実は、ホットヨガは、ただ漫然とレッスンに通っていればダイエットに効果があるというものではありません。やり方を間違えると、効果がないばかりか逆効果となる可能性もあるのです!

食事の内容やタイミング、レッスンに通う頻度なども考えてレッスンに通うことがとても重要です。そこで以下では、ホットヨガのダイエット効果を期待する場合、注意すべき点を挙げて見て行きたいと思います。

回数(頻度)が少ない

ダイエットが目標であるとすれば、最低でも週に2~3回以上の頻度でホットヨガに通う必要があります。

もちろん個人差はありますし、効果が出始めるまでの期間も様々ですが、最低でもこの頻度で3ヶ月は継続して通い続けるようにしましょう!
きっと効果が実感できるはずです。

短期で成果を求め過ぎている

前項でも少し触れた通り多少の個人差はありますが、ホットヨガの効果が実感できるようになるまでには、週に2~3回のペースで通っても最低3ヶ月は継続して通い続けることが必要です。

もっと短期間で成果が得たいと考えているのであれば、さらに頻度を増やすか、食事制限によるダイエットも同時に行うかする必要があります。

食事内容を見直していない

ホットヨガを行うと、身体にある変化が生じます。それは、「体内の吸収率の上昇」です。

そのため、いつも通りに食事をしただけで、いつもよりも多くの食事を取ったのと同じことになってしまうのです!つまり、ホットヨガに通っても食事内容が変わらなければ、かえって逆効果になってしまいます。

「今日はホットヨガでカロリーを消費したから」と、レッスン後にスイーツや揚げ物などの高カロリーな食事を取ってしまっては大変なことになってしまいます。

暑い環境での運動は非効率

こんなにたくさん汗をかくのだから、身体の脂肪もたくさん燃焼しているに違いない!…と勘違いされている方も多いかもしれません。実は、暑い環境の中で運動して汗をかくのは、運動によるエネルギー消費の結果ではなく、体温調整のためなのです。

むしろ寒い環境の中で運動した方が代謝は上がり、脂肪燃焼効果も上がります!では、なぜホットヨガは、わざわざ暑い中でヨガを行うのでしょうか?

そもそも、ホットヨガで室温を上げる目的は、ダイエットのためではないからです。ホットヨガで室温を上げるのは、早い段階から筋肉を柔軟にして、より効率的に無理なく筋肉を伸ばせるようにするためであるということを覚えておきましょう。

ホットヨガなら楽して痩せれると考えている

暑い環境の中でヨガをするのだから、普通にヨガをするよりも体に負荷がかかり、ダイエット効果もありそう…と考えていませんでしたか?前項で、暑い環境で運動することはむしろ体にかかる負荷は少なく非効率である、ということがお分かりいただけましたね?

ホットヨガでダイエットするために効果的なこと

では、ホットヨガでダイエットをするには、具体的にどのようなことをすれば良いのでしょうか?この後は、ここまで見てきた「ホットヨガのダイエットは効果ないと言われる理由」を踏まえ、ホットヨガで痩せるためのより効果的な方法を考えていきます。

食事制限も同時にする

ホットヨガを行うと身体の吸収率が上がることを踏まえて食事を取りましょう。ホットヨガを行った後はいつもよりも食事を控えめにし、腹八分目くらいを意識して取るようにします。

食事を取るタイミングはレッスンの2~3時間後、食事内容は野菜を中心に低糖質高たんぱくを心がけましょう。

3ヶ月以上の長期的なスパンで計画する

効果が実感され始めるのは、週2~3回の頻度でレッスンに通っても3ヶ月後くらいからです。もちろん個人差はありますが、最低でも3ヶ月以上継続して通う必要があります。

時間とコストをかけて通うのですから、短期間で効果が得られることを期待したくなる気持ちも分からなくはありません。

しかし、ヨガを続けることでインナーマッスルを鍛え、徐々に脂肪を燃焼しやすい体に作りかえているのですから、ホットヨガのダイエットは長期的なスパンで計画することが必要なのです。

実際、ホットヨガの消費カロリーは1時間で400kcal程度です。つまり、ホットヨガのレッスンだけの消費カロリーで痩せていくということはまずありません。
ホットヨガで痩せ始めるのは、ヨガによって体幹が鍛えられ、代謝が上がるようになってから。そうなるまでに最低でも3ヶ月はかかる、ということです。

ホットヨガの効果とは?気になるダイエットや回数についても調査

ヨガの呼吸は「止めず深呼吸」で

ヨガで大切なことは、ヨガのポーズを取ることよりも呼吸に意識を向け続けることにあります。ポーズを取ることばかりに集中しすぎると、呼吸が止まってしまったり、浅く速い呼吸になってしまったりすることがあります。

特にホットヨガは暑い環境の中で行うため、呼吸のコントロールが難しいと感じることもあるかもしれません。そんな時は、ヨガの呼吸、「止めず深呼吸」を意識して行うようにしましょう。

ヨガの呼吸法は様々ありますが、鼻呼吸を行う腹式呼吸が多く用いられます。鼻から吸って吐く深い呼吸を行うことで自律神経の働きが活性化し、整えられます。

回数を増やし継続する

ここまでに何度か同様の説明をしてきましたが、ホットヨガで一定のダイエット効果を得るためには、インナーマッスルを鍛えて代謝を上げる必要があります。

そのためには、週に2~3回の頻度でレッスンに通い筋肉に負荷をかけることが効果的です。

この頻度で、最低3ヶ月間は継続してレッスンに通いましょう。そうすれば、多少の個人差はありますが、ホットヨガのダイエット効果を実感できるようになるはずです。

自宅でも時間を見つけ実践する

インナーマッスルが鍛えられれば代謝が上がるため、よりダイエット効果が得られやすくなります。したがって、インナーマッスルがより早く鍛えられるよう、自宅でも時間を見つけてヨガを行うことがダイエットには効果的です。

もちろん、インナーマッスルが鍛えられた後も自宅でヨガの実践をすれば、さらなるダイエット効果が期待できます。

ホットヨガでダイエットするときの注意点

ここまで、ホットヨガで効果的にダイエットするための具体的な方法について見てきましたが、その際の注意点を以下にまとめていきます。

無理をせず楽しく

ホットヨガでダイエットの効果が実感できるまでは、週に2~3回の頻度で最低3ヶ月は継続して通うことが必要です…と何度か書いてきましたが、「3ヶ月」はいざ続けるとなるとかなり長い期間です。その長い期間、休まずにレッスンに通い続けるためには、無理せず楽しく行うことが何よりも大切です。

いくら痩せてきれいになるためとはいえ、無理は続きません。やはり個人差はありますが、きついと思うことをし続けられるほど人は強くはありません。

でも、楽しいことは苦もなく続けられるものです。ヨガが楽しく続けられるような自分なりの工夫を考えてみると良いかもしれません。

可愛いもの、おしゃれなものが好きな人は、お気に入りのヨガマットを見つけたり、ヨガのための可愛いウェアを用意したりすると、モチベーションが上がるかもしれませんね。

空腹時にレッスンを行う

ホットヨガを行うのは、原則空腹時です。ホットヨガに限らず言えることですが、食後すぐにヨガを始めると、体調を悪くする原因になり、思ったような効果が得られなくなります。

どうしてもお腹が空いている時は、おにぎり一個やバナナ1本などの軽食にとどめるのがベターです。

食事とタイミングに気をつける

ホットヨガの後は栄養の吸収率が上がります。つまり、このタイミングで食事をすると、脂肪や糖質がいつもよりも余計に吸収されてしまうことになります。

したがって、レッスン後2~3時間は、できるだけ何も食べないようにしたいものです。どうしても食事しなくてはならない場合は、野菜ジュースや野菜サラダなど、できるだけ軽めのものを食べるようにしましょう。

2019年最新 ▼当サイトで人気のヨガスクール・教室

【1位】 『CALDO(カルド) 【20ヶ月連続人気トップ!超人気ヨガ】 初めて行くなら絶対にいっておくべき!

【1位】 『LAVA(ラバ) 【土屋太鳳さんのCMで有名、人気・知名度ナンバーワン】

【3位】 『zen place 90分の体験で1,000円!の格安ホットヨガ