2019年最新 / 出会いがない方必見 ▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

【1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

【1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『youbride(ユーブライド) 【大手企業ヤフーが運営!恋に真剣な20代後半〜30代後半におすすめ!】

2015年の国勢調査によれば、30代前半の男性はおよそ2人に1人、女性 はおよそ3人に1人が結婚をしていません。 30代後半になっても、 男性はおよそ3人に1人、およそ女性は4人に1人が未婚となっているのです。彼らは、結婚ができなかったのでしょうか。いいえ、単にしたくなかったのかもしれません。今回は結婚したくないと思っている彼氏や彼女について、その気持ちや理由などを考えてみます。

今の彼女と、「結婚」したくない人たち

「結婚はいずれしたいけど、今の彼女とはしたくない」というケースです。
彼らは「結婚」が嫌なのではなく、今の彼女との結婚を望んでいないというわけです。でも彼らは、どうしてそのように思ってしまったのでしょうか。その理由を調べてみました。

手に入っちゃった彼女

大好きな彼氏には尽くしたい!そんな彼女は、彼氏にとって可愛らしい存在です。けれど男性は生物学的にもチャレンジが好きな生き物ですから、手に入ると興味が失せてしまう一面があります。わざわざ「結婚」というチャレンジをしなくても、彼女は自分から離れていかないと確信した時、男性の「結婚意欲」は下がる傾向にあるようです。

ダメダメ彼女

恋をすると、女性は彼氏を応援したくなりますよね。でも、そのアドバイスや励ましが、彼の心をざっくり傷つけているとしたらどうでしょう。男性は愛する人の前ではヒーローでいたいのです。「ダメ出し」ばかりが続くと、彼は彼女との平和で穏やかな家庭を想像しづらくなります。この子との結婚はやめておこうと考えてしまうこともあるのです。

コントローラー彼女

男性にとって「自分が選んだ、決めた」と感じることは、とても大切なことです。けれどもし、彼女がいつも主導権を握っていたらどうでしょう。彼は多分、自分で選んだという実感を持ちづらくなるでしょう。そしてもし彼女と家庭を持ったら、生涯コントロールされ続けるのではないかと、考えてしまうのです。

男性には「結婚理想彼女」が存在する!

彼女がいるいないに関わらず、男性には「結婚したい女性像」というのが存在するそうです。裏を返せば「結婚したくない女性像」もあるということになります。そしてそのポイントは、ほとんどの男性に共通していると聞きます。そのポイントをいくつかあげてみました。

家事オールアウト女子

これは必ずしも「家事は女の仕事」という理由ではないようです。男性にとって家庭は「リラックスの場」です。闘争本能によって職場は戦場、友人はライバルとなりがちな彼らは、自分のテリトリーでは、神経を休めたいのです。けれどその家が、いつも散らかり、冷蔵庫は空っぽ、洗濯物の山ばかりだったら、どうでしょうか。こんな女性とは家事の分担すら考えられません。それなら、一人で暮らした方が、ましと、考えるのです。

高級志向女子

今や日本も共働きが当たり前となりました。女性が社会で活躍するのは素晴らしいことです。しかし反面、男性一人で家族を養うことが、難しくなったともいえるでしょう。それなのに、美容やファッション、家具や食材などにお金をかける女性が妻なら、ますます大変です。生活力の有無は、結婚を遠ざける大きな理由の一つです。

感情ジェットコースター女子

愛する人の顔を見て、ほっと肩の力が抜けることを、望む男性は多いです。しかし自分の妻が、あまりに感情の起伏が激しかったらどうでしょう。俺の人生はこいつの機嫌をなだめるためにあるんじゃない、と考えてしまうかもしれません。泣いたカラスがもう笑った、ということわざが肯定的に使われるのは、小さな子どもにだけなのです。

今の彼氏と「結婚したくない」人たち

女性にも「今の彼氏とは結婚したくない」と考えている人たちはいます。彼女たちはなぜ、今の彼氏と人生を歩むのが嫌なのでしょうか。その理由を調べてみました。

君まかせの彼氏

「君の好きなようにしていいよ」とは優しい言葉ですが、気づいたらなんでも私がやっていた!そんな彼氏と結婚したら、家事も子育ても全部自分が仕切らなくてはいけなさそうです。そういう彼氏は体も動かさないことが多いので、彼女たちが伴侶にしないのも、よくわかる気がします。

ミエハールな彼氏

新しい携帯を持ち、デートでは素敵なディナー、友人同士の集まりなどで、気前の良い彼はとても素敵です。けれど、その支出は本当に彼の収入内でしょうか。お金の使い方は、家庭を持っても基本変わりません。結婚して家族が増えれば、当然支出も増えるのです。独身時代からそのバランスが取れない彼と、長い人生を歩いて行くのは、ちょっと不安かもしれません。

友達100人な彼氏

友達が多くて、趣味もたくさん。でもその予定を、彼女になんの相談もなく、どんどん入れるとしたらどうでしょう。休日に一人、あるいは子どもと家に残されている自分が簡単に想像できそうです。

女性視点の「結婚したくない男」は、とてもリアル!

「結婚」は女性にとって、とても大事なことです。でも、男性と女性では「この人ムリ!」と感じるポイントが違うようです。では女性が結婚を最初から考えない男性は、どのような特徴があるでしょうか。

働く意欲ない系男子

今の時代、「専業主夫」という選択もありますが、こういう男性は家事業を仕事と捉えないケースが多いようです。女性には出産を選ぶと、一時的にどうしても働けなくなりますから、結婚相手には収入を得ておいて欲しいもの。収入の少なさより、働く気がない男性は、より相手としてしっくりこないと言えるでしょう。

アディクション男子

依存症の怖いところは、自力ではなかなか抜け出せない点です。ギャンブル、アルコール、仕事など、過度な依存は身を滅ぼします。依存症はれっきとした「病気」ですが、自覚がないのも特徴です。支える覚悟がどれだけあるかが問われる相手でしょう。

実家大好き男子

結婚とは新しい家庭を作ることですが、あまりに実家との距離が近すぎるのは、先々困るかもしれません。男女ともに一人立ちをしているから、人生を一緒に作っていけるのです。なんでも実家に頼る人は、いざとなった時にも彼の親を選んでしまうかもしれません。

「結婚」自体がしたくない人もいる

相手のせいではなく、「結婚」自体が嫌だ、という場合もあるでしょう。なぜ彼らは「結婚」を選ばないことにしたいと考えているのか、その理由を調べてみました。

一人の方が楽だから。

結婚すると、独身時代の自由がなくなります。予定を立てるにもパートナーの都合を考えなくてはいけないし、子どもができればさらにその時間は削られるのが実情です。これを人生の新たな局面と考えるのか、大事な時間が奪われると捉えるかで、選択が分かれるのかもしれません。

必要性を感じない

収入もあるし友達もいる、実家もまだ健在です。家事が嫌でも、家電を駆使したり代行業者に頼むこともできます。SNSを使えば遠く海外の人たちと知り合うことも出来るのです。それで十分に満足しているなら、それも一つの選択と言えるでしょう。

人間関係が面倒くさい。

結婚とは新たな人間関係が増えることを意味します。親も親戚も倍に増え、良いこともありますが口出しなども多くなります。子どもができれば、ママ友や子供の友達など、ここでもまた新たな人間関係が出来るのです。ストレス社会と呼ばれる現代ですが、その原因の第一位は人間関係です。これ以上、辛さのタネを増やしたくない、という人がいても不思議ではありません。

では、「結婚」をしたくない人って、どのくらいいるの?

内閣府が行なった、2015年度「少子化社会対策大綱の見直しに向けた意識調査」報告書によると、「結婚するつもりはない」を選ぶ割合は、20~29歳男女で22.0%、30~39歳男女だと25.8%となりました。40歳~49歳になると39.4%と割合が増え、年齢が上がるにつれて「結婚したくない」と感じるようになっていることがわかります。

また、マーケティングリサーチ会社のマクロミルによる、2018年度4月における調査では、結婚経験のない15~39歳の男女1000人のうち、227人が「結婚したくない」と回答しています。

内閣府データ:http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/research/h25/taiko/2_1_1.html
マクロミル記事:http://blogos.com/article/298967/”

2019年最新 / 出会いがない方必見 ▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

【1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

【1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『youbride(ユーブライド) 【大手企業ヤフーが運営!恋に真剣な20代後半〜30代後半におすすめ!】