結婚に向いているかどうか、など、自分の結婚に関する運勢を知りたいときには、手のひらの結婚線をチェックするのが1つの方法です。手相占いでも、プロの占い師はその人の結婚線を見て結婚運を占います。今回は、いろいろな結婚線のパターンを取り上げて解釈の仕方をご紹介していきます。自分の結婚運を知るときには、ぜひ参考にしてみてください。

結婚線ってなに?

結婚線は、小指の下にある横線のことです。ちなみに、この結婚線がある部分は手相占いでは水星丘と呼ばれています。水星丘の下には手のひらのほうに長く伸びる感情線があります。

結婚線は、感情線と小指のちょうど間に位置しており、長さや本数、ラインの形などはその人によってさまざまです。数本の結婚線がある人もいれば、1本もない人も見られます。手相では、この結婚線がその人の結婚運を示すと考えられており、運勢を解釈するときの1つの参考にされています。

出典:https://pixabay.com/ja/

結婚線が長い場合の運勢は?

結婚線の長さは、一般的に1センチから2センチ前後です。ただ、中には、3センチ、4センチの長い結婚線を持つ人もいますよね。長い結婚線には、いくつかのパターンがあります。

例えば、結婚線が薬指の下まで達していて、太陽線という縦線と接している場合は、経済的に恵まれた幸せな結婚生活を表しています。

玉の輿線とは

このようなパターンの手相は玉の輿線とも呼ばれており、非常に珍しい手相の1つです。他の線と接することなく、結婚線が横に長く伸びている場合も、幸せな結婚ができる可能性があります。

結婚線の長さは、結婚の質を表していると考えられているため、長い結婚線を持つ人は、充実した結婚生活を手に入れられると解釈されるのが一般的です。結婚線が長いときに少し気を付けたいのが、感情線と見間違わないようにすることです。長い結婚線は、現れる場所によっては感情線の場合もあります。

結婚線が枝分かれ!気になる運勢は?

1本の結婚線が途中から枝分かれしているときには、結婚した後に何らかの形で二人の間に別れが訪れる可能性があります。

離婚や家庭内別居といった問題に注意を

結婚線が枝分かれしている場合に考えられるのが、離婚や家庭内別居といった問題です。ただ、この手の手相が見られても、必ず離婚や家庭内別居に至るとは限りません。

枝分かれの部分が薄くなっている場合は、その後の行動次第で運勢が変わることもありますので、余り気にしすぎる必要はないでしょう。結婚してからの行動次第では、別れに至るのを避けられることがあるかもしれません。こういった手相を持つ人の場合は、相性のいい相手を選んで結婚することも大切です。

結婚線から結婚する年齢がわかる?

結婚線が現れている場所を見ることで、結婚する時期もある程度イメージできます。結婚線から結婚する年齢をチェックするときには、感情線と小指の付け根の真ん中を30歳と考えます。

晩婚タイプの手相

この位置よりも下に結婚線があれば、20代で結婚をするチャンスが訪れるでしょう。真ん中の線よりも上に結婚線があるときは、30歳を過ぎてから結婚すると解釈できます。

小指に近い位置に結婚線が現れている場合は、晩婚タイプの可能性がありますよ。ただ、結婚線の位置は、あくまでも結婚のチャンスが訪れる時期を表しています。線が見られる年齢は、結婚につながる出会いがある時期と考えられますので、チャンスを逃さないようにすることが大切です。

結婚線に島がある場合の運勢はどうなる?

手相では、島と呼ばれる楕円形の印は障害や困難、トラブルなどを表します。結婚線の途中にこのような島があるときには、結婚生活の中で何らかの障害、トラブルなどを抱える可能性がありますので要注意です。島が見られたときには、どの部分に現れているかをチェックしておきましょう。

結婚線の始まりの部分に島がある場合は、結婚に至るまでの時期や新婚時代に問題が生じる可能性があることから、結婚話が持ち上がったら、少し慎重に振る舞いたいところです。結婚線の途中に島がでているときは、結婚して数年たってから遭遇する障害が予想されます。

島がいくつか連なって鎖状になっている状態

島がいくつか連なって鎖状になっている状態には、とくに要注意のサインです。結婚後にいろいろな問題を抱えることが考えられるため、相手の選び方や自分の言動などに注意をしたほうがいいかもしれませんね。島は、自分の意識が変わると後に消えるケースもあります。

結婚線がない場合は?

結婚線が1本もない場合には、結婚できないかもしれない、と不安になる人も多いでしょう。実際、結婚線がない人は、なかなか結婚のチャンスに恵まれにくいと解釈されるケースが多いです。こういった手相が現れているときは、自分自身に結婚する気持ちがないことも考えられます。

余り結婚を望んでいない可能性

結婚というイメージに憧れているだけで、実際には余り結婚を望んでいない可能性がありますので、自分の本心としっかりと向き合う必要があるでしょう。気になる異性ができたことで、後に結婚線が現れてくるケースもないとは言えません。手相は自分自身の気持ちの持ち方で変わる場合が多く、結婚線がなくても結婚を諦めてしまうのは禁物です。

結婚線に男女差はある?

結婚線は、基本的に男性も女性も解釈の仕方は同じです。形や長さから解釈される意味合いも、通常は男性と女性とで変わることはありません。ただ、結婚運は他の線の現れ方によって解釈が変わることがあります。例えば、太陽線や運命線の形、長さなどは、手相占いで結婚運を占うときにもチェックされます。

男性と女性とでは、このような太陽線や運命線などの現れ方が異なる可能性があるため、プロの占い師が見た場合には、解釈の仕方も多少変わってくるかもしれませんね。

結婚する年齢も、一般的には女性のほうが男性よりも早い傾向があり、結婚線が現れている場所などに違いが見られることも考えられます。玉の輿を表す結婚線も、男性の場合は少し解釈が違ってくるでしょう。

下向きの結婚線はどう解釈する?

下向きにカーブをしている結婚線が見られたら、その時期の結婚には少し注意をしたほうがいいかもしれません。下向きの結婚線がある場合、結婚生活の中で自分や相手が不満を抱える可能性がありますので、結婚する際にも慎重に判断をしましょう。結婚線がやや下向きにカーブしている程度であれば、大きな問題は生じないこともあります。

ただ、下向きの角度が大きいときや、線が長いときには、自分や結婚を考えている相手に問題がないかどうかを、一度チェックしておくと安心ですね。結婚線がほかにも何本かある場合は、下向きの結婚線の時期を避けて結婚をするのも1つの方法になるでしょう。

結婚線が薄いときの運勢は?

手相の線は、太く濃く刻まれているほうが意味合いが強いと考えられています。結婚線の場合も同じで、はっきりと濃く刻まれているほど意味が強くなります。したがって、一見線かどうかを見分けられないような薄い結婚線は、少し意味合いが弱くなりますので解釈の際にも注意が必要になるでしょう。一般的に、結婚線は結婚につながる出来事が起こる時期が近づくほど濃くはっきりと目立ってきます。

薄い結婚線が見られるようになったときには、今後線が濃くなっていく可能性があるため、変化を見守ってみましょう。実のところ、結婚線などの手相の線は、突然現れることが少なくありません。手のひらに現れたばかりのときには、まだ線が薄いケースもあるでしょう。

手相は運勢とともに刻一刻と変化しており、徐々に濃くなってくるようであれば、その時期に結婚のチャンスが訪れる可能性が高くなります。濃かった結婚線が次第に薄くなってきたようなときには少し注意が必要ですが、だんだん濃くなるようであれば、結婚の時期もさほど遠くないかもしれませんよ。