maison de reefurをご存知でしょうか?モデルの梨花さんがトータルプロデュースしたセレクトショップ、ライフスタイルストアです。梨花さんのオリジナルブランド「LI HUA」を展開するほか、フラワーショップやカフェを備えており、幅広い年代からの支持を得ています。
ここではmaison de reefur のブランドの特徴や取り扱いアイテム、店舗などの情報をご紹介します。

「maison de reefur」とはどんなブランド?

「maison de reefur」は、モデルの梨花さんがトータルプロデューサーとして携わり、創立したブランド及びショップです。
2012年4月14日、代官山に「maison de reefur」はオープンしました。

モデル梨花ブログでみる旦那と子供とのハワイ生活が最高にお洒落!

「maison de reefur」は「大人カワイイ」をコンセプト

オープン当初、「maison de reefur」は「大人カワイイ」をコンセプトとしていました。その後、2013年梨花さん自身が40歳を迎えたことで、コンセプトを「シンプルカジュアル」に路線変更。そのコンセプトチェンジが功を奏したようで、梨花さんのファン層にマッチし、順調に売り上げを伸ばしていきました。

「LI HUA」として「maison de reefur」の従来のアイテムを刷新

さらに2015年4月には、シルエット、縫製、素材にこだわりリニューアルオープンを果たします。翌月、5月には「LI HUA」として「maison de reefur」の従来のアイテムを刷新するなど、品質に高い意識を持ち、成長を続けています。店舗数もじわじわと増えていっているようです。

オリジナルブランドの「maidon de reefur」はマニッシュ、ガーリー、フェミニン、カジュアルなど幅広いテイストのウェアを取り扱っています。また梨花さん自身が海外で買い付けた、雑貨や食器、アクセサリーなどのインポートも充実していますので、トータルでライフスタイルを、提案してくれているところに特徴があります。

代官山のショップの2階には「GLOU GLOU REEFUR」という系列のカフェがあり、厳選された食材で、シンプルな料理を美味しくいただけるようです。

「maison de reefur」の読み方は?

「maison de reffur」はどんな読み方をするのでしょうか?
「maison de reefur」は、「メゾン・ド・リーファー」と読みます。フランス語 で家などを意味する「maison」と梨花さんの名前「梨花」の中国語読み「li houa(リーファー)」を組み合わせた名前のようです。

梨花さんが上海を訪れた際に、現地の女性からそう呼ばれたことをきっかけにして、「リーファー」の音がショップ名となったそう。ちなみに、梨花さんのブランド「LI HUA」も「リーファー」と読みます。

「maison de reefur」のバックのラインナップ

「maison de reefur」のバッグは、特にショルダーバッグやトートバッグが充実しているようです。奇抜なデザイン性に求めるというよりは、シンプルなデザインで素材にこだわったものが多くあります。

例えば、「【Amelie Picahrd】Baby Abag Bag」は、

パリの街中で育ったデザイナーのアメリは、都会の喧騒を離れるために父親と田舎へ移り住みそこで、『トム・ボーイ(おてんば娘)』と呼ばれ伸び伸びと育ちました。 50年代のアメリカの絵画やカウボーイや影響を受けた、彼女の独創的な世界観は瞬く間にパリファッションニスタに人気となり、昨年に小さなブティックもOPEN。Jeanne Damasも愛用して話題となりました。Amélie Pichard (アメリ・ピシャール) フランス、リビエラの熱い太陽の下、人々のうるおいを与える”grocery store”をイメージしたAmélie Pichardのpop upの世界をお楽しみください。

A post shared by MAISON DE REEFUR (@maisondereefur) on


このバッグはストラップの着脱により、ショルダーバッグとしてもハンドバッグとしても使える2wayタイプです。

「Amelie Picahrd」(アメリ・ピシャール)のブランドからのセレクトですが、オレンジのカラーは「maison de reefur」のみの別注文。「Amelie Pichard」のアイコン的存在のクロコダイルがデザインされていて、シンプルなデザインにアクセントを入れています。ラフィア素材なので、色味も落ち着いており、季節問わず使えそうなバッグの一つです。値段は73,440円。

https://www.instagram.com/p/BU9X0elAiGy/?tagged=%E3%83%A1%E3%82%BE%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC

「MAISON DE REEFUR 2WAY Tote Bag」

このようなタイプのトートバッグも「maison de reefur」にはあります。厚手の帆布で作られており、しっかりとした造り。B4サイズが入るような大き目なサイズ感で、内側ポケット付き、底マチ付きですので、たくさんの荷物が収納できますし、サブバッグとしても使えそうなバッグです。ショルダーベルトがついているのでトートとしても、ショルダーとしても使える仕様となっています。「maison de reefur」のロゴがプリントされているオリジナル商品で、3,996円です。

「La Boutique Fantasque【JAMINI】Embroidered Hand Bag」

http://www.reefur.jp/img/goods/L/ESX283327bx.jpg

このようなタイプのカゴバッグもあります。インテリア雑貨ブランドの「JAMINI」からのセレクト品です。素材は、天然草木を使い、異国情緒のある花の刺繍がされています。普段使いも勿論、リゾートシーンでも活躍を期待できます。価格は16,200円です。”

「maison de reefur」のポーチにはどんなものがある?

「maison de reefur」のポーチはキャッチーなモチーフのものからシンプルなものまでデザインも豊富です。

例えば、


「Cat Motif Mini Pouch」は可愛らしい猫のモチーフが目を引くポーチです。表地は綿100パーセントで裏地はポリエステル100パーセント。綿の材質が中身と馴染み変形するので、バッグの中で邪魔になりません。4,320円です。

他にも可愛らしいポーチとして、
https://www.instagram.com/p/BlVYKgXgDJO/?tagged=maisondereefur
「Soft Lamb Leather Porch」があります。ピンクのソフトラムレザーに「Reefur」のロゴがプリントされたシンプルなデザインのポーチです。バッグインバッグとして使うのにも適したフラットな作りをしています。アクセサリー小物を入れても、映えるガーリーなポーチです。価格は8,640円。


「Half Moon Embroidery Pouch」は光沢のある生地に刺繍をほどこした半月型のポーチです。裏面には「maison de reefur」のオリジナルロゴがプリントされており、裏地がドット柄になっています。

カラーはピンクとブラックの2種類で、価格は7,020円です。

「meison de reefur」の通販サイト、店舗情報

「meison de reefur」のアイテムを通販で購入したい場合には、公式の通販サイト(http://www.reefur.jp/shop/e/eTOP/)で購入できます。

「maison de reefur」の店舗は、現在、東京、神奈川、愛知、福岡で展開されています。また、「maison de reefur KIOSQUE」や「maison de reefur Girl」を合わせて全国に関連店が6店舗あります。

東京にあるのは、
・「maison de reefur代官山本店」
・「maison de reehur Girlルミネエスト新宿店」
・「maison de reefur KIOSQUE池袋パルコ店」の3店舗です。
神奈川の横浜には、
・「maison de reefur Girlルミネ横浜店」があります。
愛知の名古屋には、
・「maison de reefurタカシマヤゲートタワーモール店」。
福岡の博多には、
・「maison de reefur Girl 博多店」があります。