恋愛というのは恋人になる前の段階でも、恋人になってからも上手くいかなくなることが多々あります。人と人とに関する悩みですから、間違った選択をすれば余計に状況を悪化させる可能性を秘めていることもあって、どうすればいいか解決策を見いだせない人も多いのではないでしょうか。そんな時は自分一人で悩まず、さまざまなものから解決のヒントを得るようにしましょう。

恋に関する悩みを抱える人に向けて

恋愛に関する悩みというのはデリケートな内容であることが多いです。そのため人にはなかなか相談できずに自分の中で抱え込んでいる人というのは思っている以上に多いものです。

ある調査によると独身の男女で恋愛に関わらず、悩み事を実際に接している友達に相談できないと答えた人が6割以上にものぼったという結果が出ています。

周囲の人に相談できないあなたに

周囲に相談できないからといって一人で考え続けるのはあまりよくありません。

たとえ周囲に相談できなかったとしても映画を観たり歌を聞いたりすることで恋愛に関するさまざまなアドバイスを学んだり、これからの道筋を見つけるきっかけを作ることができます。

恋に悩んでいるときに観たい映画

映画には恋愛を題材にしたものがたくさんあります。そして取り上げる題材や男女の関係にもさまざまなものがあるので、自分の境遇と似ているものが1つは見つかるのではないでしょうか。そんな恋愛映画の中から特に恋に悩んでいる人に特におすすめできる映画を3つ紹介します。

恋人たちの予感

初対面の時は喧嘩ばかりしていた男女が徐々にひかれあって恋心を抱くようになり、最終的にはカップルになるまでの日々を描いたラブコメディです。

何も話さなくてもラブラブで入れるのは初めの時だけで、だんだん相手の意図を知りたくなり、自分のことはどう思っているのか追求してしまうものです。

この映画からは恋愛を長続きさせるにはお互いが常に会話し続けることが重要であることを学べます。

ラブ・アクチュアリー

クリスマスでにぎわうロンドンを舞台に、英国首相から小学生までさまざまな人たちの恋愛模様を描いた恋愛群像劇の傑作です。

同僚に一途な片思いをする女性の切ない恋心を描いていたり、親友の妻に告白するロマチックな男性など、多種多様な恋愛の形が描かれているので、自分の現状に照らし合わせることができる人も多いのではないでしょうか。

うまくいかない恋をしているときに共感してくれる人が欲しいと思っている人もこの映画を見ることでその気持ちが満たされていくでしょう。

モテキ

人生誰しもモテ期と呼ばれる時期があると言われています。

この映画の主人公はそんなモテ期を迎え、4人の美女に言い寄られるのですが、主人公はいかんせん草食系男子なため、自分からは何もできずに女性に翻弄されっぱなしという、イマドキの男性の恋愛模様をコミカルに描いた作品です。

ダメダメな主人公に共感できる男性も多いのではないでしょうか、そして随所に音楽好きが思わず反応してしまう音楽が挿入されているのもこの映画の大きな魅力の1つです。

恋に関する悩みを抱えた人に聴いてほしい歌 / 楽曲

恋愛に関する歌を聴き、その歌詞に共感するというのも恋に悩んでいるときにはおすすめです。

洋楽のラブソングもいいですが、歌詞の内容がダイレクトに伝わる邦楽の方がより悩んでいるときには効果的でしょう。ここでは邦楽の中から恋に悩んでいるときにおすすめできる3曲を紹介します。

アイネクライネ

米津玄師は元々はハチ名義として作曲活動を続けていたのですが、自分の声で表現してみたいという欲求から作曲した楽曲を自分で歌うようになりました。

ボーカロイド好きから圧倒的な人気を誇るハチ

もともとボーカロイド好きからは圧倒的な人気を誇っていましたが、このアイネクライネで世間一般的にも認知度が一気に高まったと言えるでしょう。

片思いの大好きな人に伝えられない思いを女性目線

片思いの大好きな人に伝えられない思いを女性目線から歌っていることから、多くの恋愛に悩む女性の共感を得ました。

そして何よりも全て米津さん自身が作成したというMVが当時話題となり、再生回数を爆発的に伸ばしました。

ふたりごと

RADWIMPSファンの中では恋愛ソングの代表曲の1つとなっているのがこのふたりごとです。

まるで実際に彼女に語り掛けるような歌詞からはじまるこの曲は途中で彼女からの大好きな人へ思いを打ち明ける場面もあったりするため、男女双方から共感を得ることができる楽曲ではないでしょうか。「一生で一度のワープを君に使うよ」というフレーズがとても印象的です。

夜を駆ける

3曲目は今や大御所バンドといっても差し支えない、スピッツの楽曲です。

スピッツファンからはとても人気の高い楽曲の1つ

アルバムの1曲なので一般的にはあまり有名ではありませんが、スピッツファンからはとても人気の高い楽曲の1つです。

夜を駆けるは先に紹介した2曲とは違う、どちらかといえば世間的には認められないような恋愛模様を描いています。歌詞を見るだけで情景が思い浮かび、まるで1本の映画を見ているような気持になります。ちょっと危ない恋愛をしている人は共感できるのではないでしょうか。

恋愛に関するアドバイス、様々な名言を紹介

人間ならば誰しも恋愛をした経験があるものです。それは歴史上の偉人や有名人も例外ではありません。歴史上有名な人は独自の視点から恋愛に関する名言も多く残しています。そんな偉人や有名人たちの名言も恋愛に悩んでいる人には大きなアドバイスになります。

ウディ・アレンの恋愛の名言

  • 「恋をすることは苦しむことだ。苦しみたくないなら恋をしてはいけない。でもそうすると、恋をしていないことでまた苦しむことになる」

これはアメリカの映画監督であり、俳優でもあるエディ・アレンが残した恋愛に関する名言です。この名言が示すように恋愛というのは苦しみを伴いものです。

ですからその苦しみから解放されたければ恋愛をしなければいいのですが、恋愛をしないでいると人を愛すことが出来ないという状況に苦しむことになります。

恋愛というのは一度経験してしまうと諸刃の剣でありながら決して逃れることはできません。どうせ苦しむならば恋愛をして苦しんだ方が豊かな人生を歩むことができるのではないでしょうか。

三島由紀夫の恋愛の名言

  • 「不安はむしろ勝利者の所有(もの)だ」

日本の小説家、三島由紀夫の恋愛に関する名言です。

この名言通り、恋愛をしていると不安になることが多々ありますが、不安になるというのはそれだけその相手を愛しているからこそだといえます。生きることで手いっぱいの人は他人のことを案じている余裕はありません。

恋愛をし、他人のことを常に考える時間があるというのはそれだけ自分の現状が余裕ある証拠です。つまり恋愛で悩める人というのは人生の勝利者だということがこと名言から分かります。

ルパン三世の名言

  • 「なぁに壁なんてのは、越えるためにあるんだ」

最後は実在する人物ではありませんが、日本代表するアニメの1つであるルパン三世があるシーンで発した名言です。いつも飄々としていて、物事を軽くとらえているように見えるルパンだからこそ、この言葉にはより一層重みを感じられます。

壁にぶつかると恋愛だけではなくどんな時でも人は辛いと感じるものですが、その壁が越えられそうなものだったらもう少し頑張ってみてください。乗り越えることが出来れば人間的に大きく成長できます。

恋に悩む人にやってほしい占いサービス

占いには金運占いなどいろいろなものがありますが、もっともメジャーなのが恋愛に関する占いではないでしょうか。

当たるも八卦当たらぬも八卦と言いますが、占いの結果が新しく進んでいくためのきっかけになることも多々あります。

生年月日占い(長所・短所診断)

この占いでは生年月日を入力すると入力した人を他人が見たときに感じる長所や短所が即時に診断されます。

詳しい結果は出ませんが、客観的に自分の性格を占うツールとしては手軽でおすすめできる恋愛に関する占いサイトの1つです。

  • https://uranailady.com/fortune/birth41.html

手相一覧

むかしからある占いに手相がありますが、このサイトには手相について詳細な解説がなされています。

望線、幸運線、忍耐線など手相には多種多様の線がありますが、それぞれの線についてどのような意味合いがあるのか1つ1つ詳しく説明されています。

  • https://uranai007.com/i_tesou/top.php

Urana(ウラナ)

Urana(ウラナ)は電話占いができるサイトです。電話占いでは一般的な占いサイトのようなテキストによる表示ではなく、実際に占い師さんと会話を重ねていく中でより一人一人に対しての細かいアドバイスをしてくれるのが最大のメリットです。

  • https://ulana.uranai.jp/index.php?adv_id=fafp1u&a8=2Co3OCRMmFu9hAfuoi7ZeAKjT9vwnzuuoicz.vuhjhyMmFop7qKf8qKsnjP.S.K7DhajuLo0DCo35s00000013474001