2019年最新 / 出会いがない方必見 ▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

【1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

【1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『youbride(ユーブライド) 【大手企業ヤフーが運営!恋に真剣な20代後半〜30代後半におすすめ!】

恋愛関係をスタートするときには、ちょっとした会話を交わすことが相手との距離を縮めるための手段になってくれます。相手との会話が続かない場合、交際していてもなかなか距離が縮まらないことがあるかもしれません。今回は、気になる相手との会話を盛り上げる恋愛トーク術についてお伝えしていきます。

恋愛で、気になる相手と会話が続かないのはなぜ?

気になる相手と会話が続かない人は、一度原因をチェックしてみるとよいかもしれませんね。会話が続かない原因は、必ずしも自分だけにあるとは限りません。

ただ、ほんの少し工夫することでスムーズにコミュニケーションができるようになることはあります。会話が続かない原因としては、例えば次のようなものが考えられます。

会話のネタに困る

原因の1つは、会話のネタが少ないことです。コミュニケーションを盛り上げるためには、会話のネタが必要です。

ネタがないと、社交辞令のような通り一遍の会話で終わってしまう可能性があるため、相手と距離を縮めるのは少し難しくなるでしょう。モテる人は、いろいろな会話のネタを日頃からストックしていることが多いです。

相手のパーソナリティなどに合わせてバリエーション豊かなネタを提供することは、スムーズに会話をするためのコツです。

異性と話すことに慣れていない

シャイな人の場合、異性と話すのに慣れていないことが相手と会話が続かない原因になっている可能性があります。異性というだけで妙に緊張してしまい、普段友人と交わしているような会話ができなくなってしまうのが、このタイプの人です。

会話のネタをいろいろストックしていても、面と向かって相手とコミュニケーションができなければなかなか距離は縮まりませんよね。異性と話すことに慣れていない人は、デートの場でも緊張のあまり場違いな発言などをしてしまい、気まずい思いをすることもあります。

会話が続かないあなたにアドバイス

恋愛シーンで相手と距離を縮めるような会話をするには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。工夫しようにも何から手をつけてよいかわからない人は、差し当たりここでご紹介するようなネタ、会話の運び方、話し方のポイントを意識してみるのもよい方法です。

会話するときのネタに関しての注意点とポイント

距離を縮めるには、相手が興味を持ちそうなネタを選んで会話をするのがポイントになってきます。例えば、スポーツが好きな人の場合は、有名なスポーツ選手やプレーのルールなどをネタにすると、興味を持ってもらえる可能性があります。

また、料理が好きな人と会話をするときには、グルメ情報やレシピなどを積極的に話題にすれば、会話が盛り上がるかもしれません。次のデートにつなげられるようなネタなら、なお効果的です。

会話の運び方に関しての注意点とポイント

相手と早く距離を縮めたい場合でも、急いで親しくなろうと焦り過ぎるのは逆効果になることがあります。コミュニケーションでも、相手の反応を見ながら会話を運ぶのがポイントです。

相手の反応を見ないで一方的に話を進めてしまう

モテない人がよくやってしまいがちなのが、相手の反応を見ないで一方的に話を進めてしまうパターン。相手が自分の話に興味を持っているかどうかを確認しながら会話を運べば、失敗が少なくなります。

興味がなさそうなときには、そのまま会話を続けずに話題を変えましょう。

会話をするときの話し方について

同じネタを話題にするときでも、話し方1つで印象が変わることはよくあります。例えば、相手が聞き取れないような小さい声や早口で話をすると、面白い話題でも興味を持ってもらうのが難しくなるかもしれません。

会話は、言葉のキャッチボール

会話は、「言葉のキャッチボール」と表現されることが多いです。言葉というボールを相手がしっかりとキャッチしてくれなければ、ネタの内容に関係なく会話は続きません。

距離を縮めたいときには、声の大きさに気を付ける、少しゆっくりめに話すなどもポイントになるでしょう。

恋愛で使える会話を続けるときの心理学テクニック

恋愛シーンで相手と会話を交わすときには、心理学のテクニックも役立ちます。この手のテクニックは、人間の心理を科学的に分析した結果がベースになっているため、誰が行っても一定の結果が得られる可能性があります。

恋愛に慣れていなくても、恋愛経験が豊富な人と同じような結果が期待できるわけです。恋愛シーンでもよく使われている有名なテクニックを、ここでは3つほどご紹介しましょう。

テクニック1:返報性の原理とは

相手から好意を持ってもらいたいときに役立つのが、「返報性の原理」です。返報性の原理は、自分が先に好意を示すことで相手からのお返しを引き出すテクニックです。

例えば、優しい心遣いをされると、自分も何となく相手に優しく接したいと思うことがありますよね。この場合、「優しい心遣い」に対していわばお返しをしたいという心理になるわけです。

このテクニックが使えるのが、例えばバレンタインデーです。ホワイトデーに豪華なお返しがほしい女性は、バレンタインデーのときに男性に少し高級なチョコレートを贈ってみるとよいかもしれません。

テクニック2:ドア・イン・ザ・フェイスとは

ドア・イン・ザ・フェイスは、相手をデートに誘いたいけれど、OKをもらえる自信がないときなどに役立つテクニックです。セールスマンなども利用しているこのテクニックは、大きな要求をした後に小さな要求をするのが特徴になっています。

相手の要求を断った場合、「ちょっと悪かったかな」という気持ちになることが多いですよね。相手がこういった心理になったときに小さな要求をすると、OKをもらいやすいと言われています。

例えば、ディナーの誘いを断られた後に昼間のランチを提案すると、OKをもらえる可能性があります。

テクニック3:ダブルバインドとは

デートで相手と食事に行きたいときには、ダブルバインドのテクニックも役立つでしょう。ダブルバインドでは、2つの選択肢から相手に1つを選んでもらいます。

例えば、デート中にそろそろお昼の時間が近づいたときに、「フレンチと中華とどっちがいい」などの質問をされると、2つの選択肢のいずれかを選ばなければならないような気持ちになりますよね。その場でデートをお開きにできるにもかかわらず、相手の誘いにのって食事にいく羽目になるわけです。

気になる異性をなかなか食事に誘えないときには、このようなテクニックで相手を誘導するのも1つのアプローチです。

なかなか会話が続かないあなたに恋愛トークのおすすめ本

相手との会話が続かないことで悩んでいる人は、ここでご紹介するような本を参考にしてみてはいかがでしょうか。コミュニケーションのテクニックについて書かれた本などは、恋愛トークでも何かと役立つことが多いです。

「誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方66のルール」

野口敏の「誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール」は、デート中の会話に悩んでいる人におすすめの1冊です。この本では、話し方をはじめ質問の仕方や相手の話を聞くときの方法などが解説されています。

恋愛シーンに限らず、仕事の場でも応用できるルールが紹介されているのがポイントです。

誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方66のルール

雑談力が上がる話し方30秒でうちとける会話のルール

斎藤孝の「雑談力が上がる話し方30秒でうちとける会話のルール」も、恋愛トークに役立つ可能性があります。雑談力をテーマにしたこの本は、人と話をするのが苦手な人や会話が途切れるのに恐怖感を持つ人を、著者がかげながらサポートするような内容になっているのがポイントです。

学校や会社でも活用できる会話のテクニックが、数多く紹介されています。

雑談力が上がる話し方30秒でうちとける会話のルール

伝え方が9割

コピーライターの佐々木圭一の話題作「伝え方が9割」も、恋愛トークに活用できるおすすめの本です。「伝え方が9割」では、言葉の使い方によって相手に与える印象がガラリと変わることが紹介されています。

内容を魅力的に伝える方法について学べる点は、この本の大きなポイントと言えるでしょう。相手からよい返事を引き出しやすいデートの誘い方も、チェックができます。

伝え方が9割

2019年最新 / 出会いがない方必見 ▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会いの多いサイト・アプリ

【1位】 『Match(マッチ) 【20ヶ月連続人気トップ!】 外国人・日本人ともに真面目な出会いが多い

【1位】 『Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『youbride(ユーブライド) 【大手企業ヤフーが運営!恋に真剣な20代後半〜30代後半におすすめ!】