合コンは、新しい恋を見つけるのに最適な場所です。合コンを楽しむために、合コンとは何かということや盛り上げる方法を知っておきましょう。初心者でも合コンを楽しんで素敵な恋愛ができるように、合コンについて詳しく解説します。合コン初心者の人だけでなく、積極的に参加しているけれど、なぜかうまくいかないという人も参考にしてくださいね。

合コンは恋愛を前提とした男女の出会いの場

合コンは、男女の出会いの場です。出会いの場の中でも、恋愛対象を探すことを前提とした場であることに特徴があります。本格的に恋人を探しに来る人もいれば、異性と仲良くなれればいいなという程度の人もいます。意気込みの大小はあるにせよ、男女の計算や作戦、かけひきが入り乱れていることが多いです。

多くの場合が夜に開催されお酒を飲みながら行われます。ですが、中には昼間にカフェなどで開催される合コンや、山登りをしながら合コンするアウトドア合コンなどもあります。

合コンの流れとは

合コンでは通常自己紹介から始まり、場を盛り上げるためにゲームを行ったり席替えをしたりすることもあります。盛り上がった合コンでは、連絡先の交換や二次会の開催もあり、カップルが誕生することもよくあります。一度の合コンで、恋愛に発展する出会いがなくても、出会った人と次の合コンを開催する等コネを作ることもできます。

合コンを盛り上げるための人気ゲーム

合コンが始まってすぐのまだお互いのことをよく知らない時におすすめのゲームが「第一印象ゲーム」です。このゲームでは、まず親が「一番優しそうな人」などのテーマを出します。

「第一印象ゲーム」のやり方・楽しみ方!

そのテーマに対して合コンメンバーの中から第一印象で一番当てはまりそうな人を各自が考えます。誰が当てはまるかが決まったら、全員が同時に思い当たる人を指さします。一番指さされた人数が多い人が次の親になります。自分がみんなにどんな印象を持たれているかわかりますし、そこから会話を広げることもできるため、とても盛り上がるゲームです。

「コインゲーム」も盛り上がった時にオススメ!

少し場が盛り上がってきたときにおすすめのゲームが「コインゲーム」です。このゲームは、10円玉や100円玉など裏表のあるコインを全員が1枚もちます。初めにコインの表はイエス、裏はノーというように決めておきます。親は、イエスかノーで答えられる質問をして、メンバーはコインで答えるというゲームです。

例えば、「この中に気になる人がいますか?」という質問を親がした場合、メンバーはイエスなら表、ノーなら裏にしたコインを出します。この時、誰がどの答えを出したのかわからないように、おしぼり等でコインを隠しておくことがポイントです。全員がコインを出したら、軽く混ぜておしぼりをオープンします。誰が表か裏かわからないので、大胆な質問にも答えやすいところが、人気のゲームです。

誰でも知っているゲームは、「山手線ゲーム」

同世代の人や同じ趣味の人が集まった時におすすめのゲームが「山手線ゲーム」です。山手線の駅名を順番に言っていく定番ゲームですが、アレンジすると色々なテーマで遊ぶことができます。

例えば、同年代の人が集まる合コンであれば「小学生の時に放送されたドラマ」のように同年代だからこそわかるテーマにすると盛り上がります。また、読書が好きな人との合コンであれば、「芥川賞を受賞した作家」などのテーマもおすすめです。

合コンをしたくない5つの大学

合コンしたくない大学として、東京工業大学、東京理科大学、電気通信大学、早稲田大学、東京大学の5大学があげられることが多いです。

東京工業大学の合コンレベル

東京工業大学は、偏差値が高い割には知名度が低く、オタクが多いことで知られる大学です。学生はほとんどが男子で、女子に慣れていない人が多いようです。そのため、合コンの場でもなかなか話が盛り上がらなかったり、男子同士でオタク話で盛り上がってしまうということがあり、合コンでは不人気です。

東京理科大学の合コンレベル

東京理科大学は、理系単科大学ですがやはり男性生徒が圧倒的に多く、女子慣れしていない男子が多いです。また、理系の男子は論理的な会話を好むためか、空気を読むことが苦手な人が多いようです。盛り上がっている場をしらけさせてしまう一言を放つことも多いため敬遠されてしまいます。

電気通信大学の合コンレベル

電気通信大学は、真面目な学生が多く、就職率も非常に良いのですが、オタク系男子が多く合コンでは不人気です。そもそもオシャレに興味のある男性が少ないようで、合コンメンバー全員がチェックのシャツにジーパンという同じ格好で現れたという例もあります。女子に対しても二次元でのイメージをそのまま持ってくるので、「そんな女子、リアルにはいないよ!」というつっこみたくなるようなこともあり、合コンでは不人気です。

早稲田大学の合コンレベル

早稲田大学は、偏差値も高くお金持ちでイケメンが多いイメージですが、その分プライドが高い男子が多いです。また、東京大学に落ちた人も多い為、卑屈な人も多く話していて楽しくないという悪い評判もあるようです。実際に合コンをしてすごく楽しかったという話もある一方で「女子を馬鹿にしている。」「偏差値がすべてだと思っている。」という意見も聞かれます。

東京大学の合コンレベル

東京大学は、日本の最高学府です。個性的で面白い人も多いのですが、頭が良すぎて会話のテンポや内容が合わないということで、合コンでは不人気なようです。例えば、最近のニュースの話をしていても、難しい専門用語がポンポンとでてくるので女子は置いてけぼりになってしまうことがあります。

合コンを良くしている大学や大学生の合コンの定番のお店

よく合コンをしている大学として慶應義塾大学があります。慶応義塾大学は、男子も女子もオシャレで恋愛にも積極的な人が多いです。大学自体の規模が大きいため、慶応同士の合コンもよく開催されているようです。

また、留学生も多く外国人を交えた合コンもあり外国人との交際に興味がある人にも人気です。学内のサークルにも合コンを目的にしたようなものがあり、合コンによる出会いの多い大学と言えるでしょう。

慶応義塾大学に代表される大学生が合コンで利用するお店

慶応義塾大学に代表される大学生が合コンでよく利用する飲食店として「和民」などのチェーン店の居酒屋があります。価格が安く、わいわいと楽しめる雰囲気なので人気です。また、個室タイプの居酒屋も合コンにはおすすめです。

ゲームをする時も個室であれば他のお客さんの目を気にせずに盛り上がることができますよね。慶応義塾大学の学生も合コンでよく利用する個室のお店には「くろきん和の家」や「個室居酒屋だん」などがあります。

合コンしたい企業BEST10

企業ではないですが1位は公務員

合コンしたい企業の第1位は、公務員です。公務員は収入も安定しており、リストラもなく交際相手や結婚相手として人気の職業です。穏やかで真面目な人が多いのも人気の秘密です。

第2位任天堂

第2位は、任天堂です。任天堂は、ゲームに詳しくない人でも知っている大企業です。仕事は激務ですがその分福利厚生はしっかりしており高収入も期待できます。

第3位トヨタ自動車

第3位は、トヨタ自動車です。トヨタ自動車は日本だけでなく世界中の車が好きな人に愛されている企業です。優良企業として就職先でも人気の会社です。

第4位TBS

第4位は、TBSです。テレビ関係者との合コンは、芸能人やテレビ業界の裏話を聞くことができて楽しめるようです。

第5位資生堂

第5位は、資生堂です。化粧品営業や化粧品開発をしている男性は、自信も美意識が高くオシャレな人が多いです。合コンでサンプルを配布してくれることもあるようで人気です。

第6位全日本空輸(ANA)

第6位は、全日本空輸(ANA)です。航空会社の中でも全日本空輸は特に人気が高いです。高収入の男性が多く、運が良ければパイロットと合コンすることもできるかもしれません。

第7位Google

第7位は、Googleです。急成長した企業の一つでクリエイティブでユニークな人が多く、合コンの場が盛り上がります。

第8位伊藤忠商事

第8位は、伊藤忠商事です。総合商社として人気の企業でバリバリ働いている男性が多いです。

第9位サンリオ

第9位は、サンリオです。ハローキティなどの人気キャラクターグッズの開発や企画で人気の企業です。合コンでキャラクターグッズのサンプルをもらえる可能性があります。

第10位帝国ホテル

第10位は、帝国ホテルです。ホテルという最高のおもてなしをする職場で働いている男性は、女性に対してもとてもスマートなようです。気持ちの良い合コンをすることができるでしょう。”

合コンを盛り上げるアプリを紹介

「席替えモジャモ」

「席替えモジャモ」というアプリは、合コンで席替えをする時に活躍します。合コンでは席替えをすることで、まんべんなく参加者と会話することができます。

席替えモジャモを利用すると、シチュエーションに合わせた席替えやペアづくりをしてくれます。席替えやゲームをする時のペアづくりでもめそうになった時に利用すると、すぐに公平な判断をしてくれるためトラブル防止にもなりますよ。

「サイコロトーク」で会話のきっかけに

「サイコロトーク」というアプリは、会話のきっかけになるテーマを出してくれるアプリです。合コン初心者同士の場合、会話が盛り上がらずに合コンが終了してしまうこともあります。

このアプリを使うと、テーマを提示してくれるので順番にそのテーマに沿った話をする等工夫すれば、会話を途切れさせずに済みますよ。