いい雰囲気の相手はいるけれど、付き合っているのかどうかわからないという微妙な時がありますよね。また、彼氏はほしいけれど付き合うってどういうことかわからないと悩んでいる人もいます。そこで、付き合うとはどういうことなのかということや、付き合うまでの期間やデートについて解説します。付き合うまでにするべきことについても触れていますので、好きな相手との仲を進展させたい人もぜひ参考にしてくださいね。

付き合うとはどういうこと?大人の恋愛には言葉がないこともある

結婚は入籍届や結婚式など目に見えて確認ができますが、付き合うことは目に見えて確認することが難しいです。そのため、付き合うとはどういうことかという定義が曖昧になりがちです。

付き合うとは何か

付き合うとは、片思いのような一方的な恋愛感情ではなく、お互いがお互いを好き合っていることを確認した上で、恋愛のパートナーとして認めあっている状態です。そのような状態に確信があれば、言葉で確認することは必ずしも必要ではありません。中高生や大学生のうちは、「付き合ってください。」という告白があって、それに相手が答えることで付き合っているという認識をすることが多いようです。

大人になるにつれて言葉による確認がへる

ですが、大人になるにつれ、言葉による確認が減る傾向があり、恋愛初心者には付き合っているのかどうかわからないという状況が発生します。大人の恋愛では、言葉以外の態度や行動で付き合っている状態を確認することもできます。

どちらか一方が「付き合っている」と思い込んでしまい相手は、全くその気がなかった場合や、付き合っているのかどうかわからない中途半端な状況に嫌気がさして相手と距離をとってしまう場合もあるので、言葉での意思確認はあった方がその後の関係性がスムーズにいくでしょう。

出会いから付き合うまでの期間は相手を見極める大切な期間

片思い中は、すぐにでも相手と付き合いたいと考えるものですよね。ですが、焦りは禁物です。付き合うまでの期間は、相手を見極める大切な期間です。この期間に、相手を客観的に見たり他の異性と比較してみたりすることは、恋愛で傷つかないためにも大切です。

出会ってすぐの付き合いは危険

出会ってすぐに付き合いを決めてしまうと、相手のことを見極められていない可能性があります。「好き!」という気持ちが高まっていると相手の欠点を見過ごしてしまうことが多いです。ですが、少し冷静になって相手の欠点や短所に目を向ける時間をとることで相手を客観的に見ることができます。欠点や短所を考えても「好き」という気持ちに変わりがなければ、自信をもって付き合うことができるでしょう。

付き合ってから他の異性と遊ぶのは微妙

また、付き合ってから他の異性とやりとりをしたり遊んだりすることは、浮気と捉えられることもあります。ですが、付き合うまでなら自由に不特定多数の異性と交流をすることができます。付き合うまでの期間に相手を見極めるのと同時に他の異性と比較することも大切です。

男性にも色々なタイプがあるため、自分の知っている男性だけが全てではないことを知っておくことがおすすめです。他の男性を知ることで、付き合いたい男性の良さが再確認できるということもありますよ。

付き合う前にするべき2つのこと

当たり前ですが、付き合いたい相手とデートをすること

付き合う前にすべきこととして1つ目は、付き合いたい相手とデートをすることです。デートと言うと、付き合っている男女がするものとイメージする人も多いですが、付き合う前にデートをすることはおすすめです。

デートをすることで、普段の様子ではわからなかった相手のことを知ることができるからです。特に休日の過ごし方は付き合うと重要になります。休日は部屋でゆっくり過ごしたい人もいれば、アクティブに動き回りたい人もいるためミスマッチを防ぐためにも、休日をどのように過ごしているかを知っておくことは大切です。

メールや電話で連絡をとること

2つ目は、メールや電話で連絡をとることです。メールや電話の頻度は人によって様々です。自分が付き合っている相手と頻繁に連絡を取りたいタイプの場合、相手もマメに連絡を取るタイプであれば良いですが、メールや電話をほとんどしないという人が相手だと連絡がこなくてイライラするかもしれません。

また、自分はあまり連絡を取らないタイプなのに相手は、頻繁に連絡をしてくるというパターンもあります。付き合ってから、イライラするよりも付き合う前に相手の連絡パターンを把握しておいた方が、対策を練ることができますよ。

付き合うきっかけは何?多いきっかけを2つ紹介

付き合うきっかけとして多い例は、告白をしたり告白をされたりということでしょう。この場合、言葉で確認しあうため、「付き合っているかどうか微妙な状態」になりにくく、精神的にも安定します。どうしても付き合いたい場合や両思いであるという自信がある場合は、自分から告白することもおすすめです。

また、男性の中には、自分に気のある女性をその気にさせておいてトラブルが起きると「付き合っていない。」と言い出す人もいます。そのため、きちんと言葉に残すことで、浮気を防止したり、自分のパートナーであることを周囲に印象付けたりすることができます。

言葉はないけれど、付き合ったカップルのパターン

その他に、言葉は特にないけれどデートをきっかけに付き合いに発展したというカップルもいます。デートをしたことでお互い意識しあい、頻繁に連絡をとったり、デートを重ねたりするようになったというカップルは多いようです。

言葉がないと不安に思う人も多いですが、お互いを信頼しあうことで、言葉はなくてもお互いが自分にとって大切な人と信じあえることもできます。自然な流れで付き合い始めて、大きなきっかけはないというカップルも意外と多いのです。”

付き合う前のデートで注目すべきポイント

飲食店デートでは食べ方をチェック!

付き合う前のデートで相手の見るべきポイントの一つとして、食事を一緒にするデートでは、相手の食べ方に注目しましょう。食べ方は育ってきた家庭の価値観に大きく影響されるため、あまりにも自分の常識と外れていると、不快感を抱いてしまうことがあるからです。

具体的には、食べる時に肘をつく、音を鳴らして食べるなどが気になるという女性も多いです。自分が、気になる食べ方がある人は、特に注目して相手の食べ方を観察しましょう。

飲食店やカフェでは相手の店員に対する態度も要チェック

また、飲食店やカフェでは相手の店員に対する態度も要チェックです。普段は優しいのに、店員に横暴な態度をとったり、えらそうにしたりする人は、付き合った後に、急に態度が変わる可能性があります。
さらに、学生や会社員の場合、普段着を見るのがデートの時だけという場合があります。制服やスーツ姿はかっこいいのに私服の趣味が全く合わなかったということもあるので、服装は付き合う前のデートで確認しておくと良いでしょう。万一、自分好みでなかった場合も付き合う前であれば、一緒にショッピングに行ったりアドバイスしたりすることで付き合うまでに自分好みのファッションに変えることも可能です。”

付き合う前にハグされたら脈あり?

付き合う前にハグされた場合、男性はどのような気持ちなのでしょう。付き合う前にハグされたら脈ありと期待して良いのかと言うと、基本的に身体的な接触を相手からしてきた場合、好意的であることは間違いありません。ハグは、体の大部分が密着するため、付き合っていないのにされたらびっくりしてしまいますよね。

大好きな人にハグすることは気持ちが安定して落ち着く

大好きな人にハグすることは気持ちが安定して落ち着くものです。そのため、付き合う前にハグされた場合は、相手が「好き!」という気持ちを抑えることができずに突発的にハグしてしまったと考えられます。その場合は、かなり相手から好意を持たれている証拠なので、脈ありと考えても良いでしょう。特に、デートの帰りなどの別れ際のハグは、「離れたくないな。」「もっと一緒にいたいな。」と思ってくれている可能性があります。

単純に女性の体を触ることが目的で、ハグをする男性も

中には、単純に女性の体を触ることが目的で、ハグをする男性もいます。特に遊び慣れている男性だと、ハグはあいさつと同じくらいのコミュニケーションと考えている男性もいます。このような男性の場合は、ハグをされたからと言って、特定の恋愛パートナーとして意識されているとは限らないので注意が必要です。

また、お酒が入って酔っぱらっている時にノリでハグしてくる男性もいます。気になる相手がどのようなタイプかで脈ありかどうかを判断することが大切です。