大手の企業、イオングループの関連会社であり、信頼できる結婚相談所として知られる「ツヴァイ」。全国に支社を持ち、3万人近くの会員数を誇る大きな結婚相談所です。ツヴァイにはどのような特徴やメリットがあるのでしょうか。また、入会するにはどのくらいの費用・料金が必要になるのでしょうか。ツヴァイについて、詳しく解説します。

そもそもツヴァイとは何?

「ツヴァイ」とは、イオングループの結婚相談所で、30年以上の歴史を持っています。全国各地に店舗があり、希望の条件に合った異性を紹介するだけではなく、専門のマリッジコンサルタントが結婚のためにサポートしてくれます。

イベントやパーティーなども運営する結婚相談所

豊富なマッチングプランが用意されており、豊富なイベントやパーティーなど、結婚に結びつく出会いを男女の双方に提供している結婚相談所です。

ツヴァイの特徴を教えて!どんなメリットがあるの?

ツヴァイの特徴は、会員数が多い上に出会いのチャンスが数多く準備されていることです。

条件マッチング・価値観マッチングを用意

たとえば、年齢や居住地、年収などの双方の希望の条件から相手を探す「条件マッチング」、ライフスタイルや価値観などを診断してお似合いの相手を紹介する「価値観マッチング」、顔写真の印象から相手を選ぶ「インプレッションマッチング」などにより、相手を選ぶことができます。

お互いの合意で連絡先が開示される

相手にコンタクトを申し込み、相手の合意が得られればお互いの連絡先などの情報が開示されるというシステムですから、不特定多数の異性に自分の個人情報が渡るわけではありません。会員の中にぜひ会ってみたい人がいたら、スタッフに相談すれば、連絡先を交換せずにお見合いの場がセッティングされて直接会うことも可能です。

会員を対象としたパーティーやイベントが年に1,700回以上開催

さらに、会員を対象としたパーティーやイベントが年に1,700回以上も開かれています。一般的なホテルでのパーティーもあれば、スポーツ観戦パーティー、体験型のパーティーなどのさまざまな凝ったパーティーやイベントが目白押しです。

自分の興味のある分野のパーティーに参加すれば、趣味が同じ人たちと会えるのですから、意気投合できる異性と出会える確率も高まるといえます。

ツヴァイの会費や料金はどのくらいかかるの?

ツヴァイの費用・料金はどのくらいかかるのでしょうか。ツヴァイには自分の婚活スタイルに合わせてプランがいくつも設定されており、コースによって必要な費用は違ってきます。
しっかりとしたサポートを受けて、確実に婚活を進めていきたい人には「パーソナルサポートプラン」がいいでしょう。

パーソナルサポートプラン

  • 入会費用は、登録料30,000円
  • 情報選択料50,000円
  • 活動サポート費65,000円
  • 合計で145,000円です(すべて税別)

月会費は、年間の紹介人数によって違い、6段階に分かれています。たとえば、12名以上で9,500円、72名以上で13,800円のように、多くの人を紹介されるコースの方が高くなります。

パーソナルサポートプランアクティブ

きっかけさえあれば自分で積極的に婚活したい人には、「パーソナルサポートプランアクティブ」が向いています。このコースは、気になる会員との出会いを取り持ってくれますが、初対面の場をスタッフがセッティングしてくれるサービスは含まれていません。

自分で積極的に連絡してデートを申し込めるタイプの人には向いているでしょう。

  • 活動サポート費が25,000円と少し安くなっている
  • 入会初期費用は105,000円
  • 合計:130,000円前後

月会費については「パーソナルサポートプラン」と同じで、紹介される人の数によって、9,500~13,800円と幅があります。

どのプランでも成婚料は0円

なお、ツヴァイでは、どのプランでも成婚料は0円です。
また、入会初期費用が50,000円になる「20代割」や、他社からの乗り換えると割引かれる「のりかえ割」、特定の地方の店舗を利用する人は、初期費用が80,000円、月会費が9,900円になる「エリア限定パーソナルサポートプラン」もありますので、当てはまる人は利用するとよいでしょう。

ツヴァイの会員の年齢層は?男女比は?

ツヴァイの会員は20歳から70歳以上の人まで、広い年齢層の人が登録しています。男女の比率は、男性が50.2%、女性が49.8%と、ほぼ同じです。

結婚相談所によっては、男性が多い、女性が多いなど性別の偏りが見られて、一方に不利な場合もありますが、ツヴァイは男女ともほぼ同数の人がいるので、不公平感がありません。

ツヴァイの運営会社はどこ?

大手企業のイオンが運営だからあんしん

ツヴァイの運営会社は「株式会社ツヴァイ」で、主要株主は「イオン株式会社」です。ショッピングモールの「イオン」でおなじみのイオングループに属する結婚相談所です。

30年以上の婚活サポート実績

ツヴァイ自体が株式公開した会社であって、日本でも最大級の小売りグループのイオンが株主であることも、ツヴァイの信頼性を高めています。ツヴァイは1984年に創設されていますから、30年以上もの長きにわたって婚活サポートの実績があることがわかります。

サポート体制が優れている結婚相談所は、パートナーエージェントもオススメ。

結婚相談所パートナーエージェントの費用・料金・特徴とは

どちらが安い?会員数は?ツヴァイとオーネットを比較してみよう!

ツヴァイを、同じく大手企業の傘下にある結婚相談所の「楽天オーネット」と比較してみましょう。まずは、料金から。

どちらも成婚料0円

2つの結婚相談所の通常コースで必要な費用を見てみますと、どちらも、成婚料が0円であることは同じです。

  • ツヴァイの「パーソナルサポートプランアクティブ」
    • 入会時の費用は105,000円
    • 月会費は9,500~13,800円
  • オーネットの「プレミアムプラン」
    • 入会費の費用は106,000円
    • 月会費13,900円
    • 月会費はツヴァイの方が安い

ツヴァイの「パーソナルサポートプラン」ならば、オーネットよりも入会時の費用が高くなりますが、アクティブプランであれば、ツヴァイの方がオーネットよりは安くなります。また、20代割やのりかえ割などの割引もあります。

ツヴァイは複数のコースから自分にあったものを選択できる

さらに、ツヴァイにはコースが複数あるけれども、オーネットにはコースが1つしかないことがわかります。ツヴァイには出会える人の数で会費が変わるシステムが採用されている点も、特筆すべきことでしょう。

たとえば、忙しくてそれほど多くの人には会えない人ならば、会費が安いコースでよいかもしれません。あるいは、自分で積極的に連絡を取れるから「アクティブ」ではなくてよいなど、会員の状況や性格によって、選択する余地が大きいというメリットが、ツヴァイにはあります。

ユーザー数はオーネットの方が良い

ユーザー数(会員数)は、ツヴァイは約3万人なのに対し、オーネットは約4万8,000人で、オーネットの方がやや多くなっています。一方、結婚相談所の数は、ツヴァイは53店舗ありますが、オーネットは40店舗です。

店舗数はツヴァイの方が良い

これは、サテライト(不定期に開かれる相談会)を除いた実店舗の数です。どちらも全国各地に展開していますが、店舗の数の上ではツヴァイに軍配が上がります。

個人情報の管理はツヴァイが優れている

さらに、ツヴァイには個人情報がしっかりと守られているというメリットがあります。会員の写真は店舗で管理されており、最初は店舗内だけで閲覧し、双方の意向がマッチしたら、ネットでも相手の情報を得ることができるようになります。

ネット上で自分の写真を他人に見られるのはイヤだという人には向いているでしょう。ツヴァイは個人情報を大事にする、信頼できる結婚相談所です。
まとめると、ツヴァイは信頼性が高く店舗数が多い上に、複数あるコースの中から自分に合ったコースを選ぶことができるというメリットがあるといえます。費用も、多くのコースでツヴァイの方が安いのです。

ツヴァイの会員には、サクラが混じっていない?

ツヴァイにはサクラはいるでしょうか。結論から言えば、サクラはいません。
入会している人は、すべてスタッフが直接に面談して人柄を確かめた人です。しかも、独身証明書や収

入証明書、卒業証明書などの書類を提出した人ばかりですから、身元がはっきりしています。
ツヴァイの会員にサクラが混じっている心配はありませんから、安心して婚活を進めることができます。