マッチングアプリを利用した婚活はすっかりメジャーになりましたが、どうやってデートにこぎつけるのでしょうか?また、デートできることになったらどんなことを心掛けたら良いのでしょうか?ここでは、デートにこぎつけるまでと、晴れてデートできることになった場合の具体的なポイントを、段階を追って紹介していきます。

マッチングアプリでデートにこぎつけるまで

マッチングアプリを使い気になるお相手とマッチングしたら、まずはメッセージでお互いを知ることからはじめましょう。会話する時に困らないよう、また、最低限のマナーとしてニックネームや下の名前など、きちんと名前を名乗ることが大切です。

定型文のようなメッセージはだめ

定型文のようなメッセージではなく、きちんとプロフィールを読んだということが伝わる内容にしたいものですね。例えば、趣味が同じだとか、住んでいる場所が近いだとか、そういうことでOKです。
最初はあまり踏み込んだ内容ではなく、話題も量もライトにしましょう。

こちらに詳細に説明しているので、メッセージの送り方がきになる方はこちら。

マッチングアプリで出会いに繋がるメッセージを送るコツを徹底解説

デートにはどうやって誘うべきか

メッセージを重ね、仲良くなったら実際に会ってみたいと思いますよね。デートの誘い方で悩む方も多いのではないでしょうか。
最も誘いやすく、OKがもらいやすいのは共通の趣味に関するものです。映画やカフェ巡りなどは最初の誘い文句としてはぴったりですよ。

お酒が好きというのであれば、最初のデートで飲みに誘うのもありですが、なるべくなら最初は昼間のデートに誘う方がスマートです。

デートに誘うベストなタイミング

1日にやりとりするメッセージの数にもよりますが、1ヵ月をめどに誘うタイミングを探してみましょう。話が盛り上がっているのであれば、「話していて楽しいから、直接会ってみたい」とストレートに伝えても良いでしょう。

また、話題のお店やイベントなどが話題に出たり、「行ってみたい」という言葉が見られたときは誘うタイミングです。話の流れで自然に「行ってみようよ!」と送ってみましょう。

失敗したくない最初のデート

1回目のデートはあまり長時間にならないうちに切り上げるのが良いでしょう。2時間~3時間程度で、ランチやお茶などがちょうど良いですよ。

映画や美術館などを訪れて、その前後どちらかで食事をするというのも良いですね。メッセージでのやりとりが盛り上がっていても、実際に会うのが初めてだととても緊張するものです。
1日がかりのデートや、遠出のデートはお互いストレスとなり、上手くいくものも失敗につながってしまう可能性があります。メッセージ同様、ライトなデートを心掛けると良いでしょう。

最初のデートにふさわしい会話とは

最初のデートですから、お互いを知るということを考えて会話をすると上手くいくでしょう。普段はどんな仕事をしているのかや、休みはどんな風に過ごしているか、自炊しているのか、友達とはどういう付き合いをしているのかなど、基本データをおさえていくような会話だと当たり障りないながらも答えやすいものが多いですよ。

好きな食べ物や、ペットを飼ったことがあるか(飼っているか)などの話題も良いですね。日頃の生活について会話することで、相手の価値観を垣間見ることもできます。

初めてのデートにおすすめの場所とは

映画館や美術館は定番ですが1回目のデートにはぴったりです。万が一会話に困っても、同じものを観たり体感したりしているので、共通の話題が発生します。

また、一緒にいながらも会話をしなくても不自然でない時間がうまれるので、まずは会ってみたいときにぴったりなのです。その他、グルメ系のイベントやランチなど、会話以外の行動を伴うデートをしてみましょう。

会いたいと思ったら次のデートを

2回目のデートは、できれば1回目のデートの帰りぎわにとりつけたいもの。一緒に過ごして分かった共通の趣味や、気になっているお店やイベントなどを覚えておき、「次はさっき話していたところに行ってみようよ」と誘うとスマートです。

1回目のデートが楽しかった場合はもちろんですが、よく分からなかったという場合や緊張していて楽しめなかったという場合も2回目のデートをしてみる方が良いでしょう。せっかくの貴重な出会いですから、数時間だけで完全アウトにしてしまうのはもったいないものです。

相手をもっとよく知るための会話とは

2回目は、お互いの容姿についてある程度分かっていますし、声や話し方も知っているのですでに「知人」です。最初よりも踏み込んだ話をしてみてもOKですよ。

家族構成・会社でのポジションなどを聞く

どんな家族構成なのか、会社ではどういうポジションで仕事をしているかなど、お相手のバックヤードを知るような話題も振ってみましょう。もし濁されるようならまだ心を開ききっていないということなので、追及せずに話題を切り替えてください。

また、前回のデートを話題にするのも良いですね。「前に一緒に行った映画、面白かったよね」などと話題にすれば、楽しい思い出として残っていることがわかり嬉しいですし、共通の思い出としてリフレインされるので仲も深まります。

初対面ではないからこそ行くべき場所がある

訪れる場所は、会話を楽しむ時間が多いことを基準に選んでみましょう。夕食を一緒にとるというのも良いですね。

お酒が好きな場合は一緒に飲みに行ってみても良いでしょう。アルコールの強さや、酔ってどんな風に変わるのかを見極めることができます。

その他には、好きなアーティストのライブやコンサートで一緒に盛り上がったり、陶芸やガラス工芸などの体験ものに一緒にチャレンジするというのも良いですよ。人柄を感じられるようなデートに出かけてみましょう。

さらに誘うならそろそろ見極めを

2回目のデートは「なしではなかった」という基準ですることも少なくないですが、3回目となると「良いと思っている」からデートするということがほとんどです。今後どういう展開にすべきかを見極めるデートにしたいですよね。

特にマッチングアプリを使っているので、恋人が欲しかったり結婚を考えていたりすることがほとんどです。あまりダラダラと関係を続けるよりも、ある程度スパッと先に進めた方がお互いのためでもあります。

恋愛観や結婚観についての話題もOK

お互いのことをある程度理解し受け入れている状態ですので、恋愛観や結婚についての話題に触れるのも良いでしょう。ここの価値観が合わなければ恋愛関係に進まないと判断すれば良いのです。

具体的なことや過去の話を聞くよりも、どういう考え方なのかということを尋ねる方が未来につながりますし、質問された側も不快に思いません。根掘り葉掘り聞くのではなく、「今」や「これから」を見据えて会話しましょう。

また、デリケートな話題ですし、会話はギブアンドテイクです。質問攻めにするだけでなく、自分のことも開示するようにしてくださいね。

恋人になりたいのなら雰囲気を味方に

お相手と恋人関係になることを望んでいるのなら、雰囲気を味方につけると良いでしょう。ふたりきりの時間が圧倒的に長くなるドライブデートや、夜景を楽しめるロマンチックなスポットは良い雰囲気になりやすいのでぴったりです。

また、1日がかりのドライブや日帰り旅行など、長時間一緒に過ごすようなデートを計画しましょう。長い時間一緒にいてもストレスなくいられるかということや、時間や状況によって対応がどう変化するかなどを知ることができますよ。

疲れたと感じるときや、思い通りにならない状況などでも変わらず穏やかな対応ができるかどうかは、この先長く付き合っていくのであればとても大切なポイントです。長時間デートの中でチェックしましょう。

デートの後もきちんと連絡を

楽しかったデートはもちろん、そうでなかった場合にもデートのあとは必ずお礼をしましょう。自分のために時間を割いてくれたということは、内容を問わず感謝すべきことだと考えてくださいね。
次のデートを約束している場合でも、一言お礼や感想があると嬉しいものですし、次に会うのも楽しみになります。好感度も上がりますよね。

もし、恋愛関係に発展しなかった場合も、そこから紹介などで関係が繋がる可能性もありますし、仕事やプライベートなど、どこで再会するかわかりません。好感を持てる対応をしておくにこしたことはないのです。

マッチングアプリでは写真が必要です。写真の有無によって、クオリティによってマッチング率が変わりますし、それによって運命の相手と出会える可能性も変わります。こちらも合わせてどうぞ。

マッチングアプリ写真は載せた方がいい?撮影するコツを紹介